東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ【111話/Season opener 】最新話あらすじネタバレ!

2019年5月29日発売の「週刊少年マガジン」に掲載されている東京卍リベンジャーズ【111話/Season opener 】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

クリスマスの決戦で、黒龍(ブラックドラゴン)に勝利した東京卍會。

決戦で敗れた黒龍の総長は引退し、家をも出て行きましたが、これからどうなっていくのか?

⇒「東京卍リベンジャーズ【111話/Season opener 】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

勝利に喜ぶ、東京卍會の面々、それを良く思っていない奴が一人いた…というのが、前回までのストーリーでした。今後どうなるのか?

それでは「東京卍リベンジャーズ【111話/Season opener 】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「東京卍リベンジャーズ【111話/Season opener 】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「東京卍リベンジャーズ【111話/Season opener 】」あらすじネタバレ

新年初めの東京卍会全体総会です。みんなの前でドラケン君から発表がありました。

「この件の事でみんなの前で話したい奴が3人いる」

まず、対立してきた東卍と黒龍の今回の抗争の直接の原因が、実の兄弟である、黒龍総長、柴大樹と東卍の一員である八戒の確執が原因で会った事について、謝りたい奴がいると言います。そして八戒が壇上に登場しました。

今回の抗争の原因は自分が兄についた小さな嘘が原因で、それを守るために、東卍まで巻き込んでの抗争に成ってしまったことを。

頭を下げて謝罪する八戒に、誰々など、みんな、八戒を責めないと口々に言います。そして巻き上がるハーッカイハーッカイという掛け声

「抗争の火種なんてよ そもそもいつでも ちっちぇモンだ」と、武藤。

次に皆の前に現れたのは、
黒龍の乾と九井でした。クリスマスの決戦で東京卍會に負けた黒龍は、総長である柴大樹が引退し、二人が引き継いだと言います。そして、マイキーと話し合った結果、東卍の下に付く事にしたと。

タケミチを初めとする東卍のみんなは、その話を聞いて驚いた様子でした。

マイキー君が続けて言います。

「黒龍は壱番隊 つまり花垣タケミチの下につく!!」

あの、黒龍が自分の下に付くことに驚き、「一体誰の判断なんすか」と、焦るタケミチ。

「裏があるな」

よろしく、と、軽い感じであいさつする九井と、「いきなり信じろとは言わねえ 力が必要な時は言え」と真剣な様子で言う乾。

次に…マイキー君が続けて言います。

「稀咲鉄太ーーーお前を除名(クビ)にする」

まさに、青天の霹靂

思わぬ除名に、驚く稀咲鉄太。一体何があったのでしょうか?

 

おわり

「東京卍リベンジャーズ【111話/Season opener 】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「東京卍リベンジャーズ【111話/Season opener 】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「東京卍リベンジャーズ【111話/Season opener 】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りな情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「東京卍リベンジャーズ【111話/Season opener 】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「東京卍リベンジャーズ【111話/Season opener 】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「東京卍リベンジャーズ【111話/Season opener 】」最新話の感想まとめ

集会から始まる、新章の幕開けの回でした!

聖夜(クリスマス)の決戦について、過去には、一度、和平協定が結ばれた黒龍と東卍が再び戦う事になった直接の原因は自分にあったと、堂々と謝罪する八戒は、潔くてカッコ良かったですね!

東卍の多くのメンバーも、八戒を支持することがわかり、八戒を救えて良かったと実感するタケミチと河田。

次に壇上に現れた、乾と九井。聖夜の戦いで東卍に敗れた黒龍。総長だった柴大樹の引退と供に、代表となった二人なのですが、東卍の傘下に付くことにしたと言うのには驚きました!しかも、壱番隊、つまりタケミチの直属の手下になるとは!

敵と味方として戦った相手と、そう簡単に一緒に戦う仲間になるのは難しい、しかも、負けた方から入れて下さいと言って入ってくるなんて、不良グループでなくても考えにくい事ですよね。

裏があるな…という見方も、もちろんあるのですが、手を貸すと言う乾は、真剣なように見えました。九井は、前から乾についていければそれでいい、というような行動だったので、今も軽い調子に見えましたが…。

聖夜の決戦で、戦った事から、東卍に入って、タケミチの仲間になりたいと思ったのかなー?それとも、敵陣に入り込んで乗っ取ろうと言う計画?どっちもあり得る気がします。

最後にキサキの除名
前回、何かを企んでいそうな発言をしていた彼ですが、一体何をしたのでしょうね?
マイキーと2トップで東卍を牽引している存在だとばかり思っていましたが、前回のラストで何か企んでいそうな様子でしたからね、何かあったのでしょうね、これから明らかになっていく事と思います。

次回の予想展望ですが、まずは、キサキの除名の理由について、何らかの事情を明かすでしょうね…。一体何をしでかしたのか?そして、クビになったキサキは、どんな行動を起こすのか?

そして、新たに東卍の一員になり、タケミチ率いる壱番隊に加わった、元黒龍代表の乾と九井。二人がどんな風にタケミチたちと関わって行くのか…気になりますね。