東京タラレバ娘シーズン2

東京タラレバ娘 シーズン2【第6話/野暮な女】最新話あらすじネタバレ!

2019年10月25日発売の「E Kiss」に掲載されている東京タラレバ娘 シーズン2【第6話/野暮な女】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

東京タラレバ娘シーズン2、昭和、平成、令和と3つの元号を生きる、平成ガール令菜。夢を叶えることは出来るのか!?最新話、読了しましたのでネタバレしていきます。

⇒「東京タラレバ娘 シーズン2【第6話/野暮な女】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

家庭を作って楽しく暮らす。自分の小学生時代の夢を実現すべく、婚活に励む令菜。婚活しようにも、相手に話すことすらない自分の中身のなさに気づいてしまう。婚活の前に、自分に恋するところから!って気づいたのが前回までの話。

それでは「東京タラレバ娘 シーズン2【第6話/野暮な女】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「東京タラレバ娘 シーズン2【第6話/野暮な女】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「東京タラレバ娘 シーズン2【第6話/野暮な女】」あらすじネタバレ

自分に恋する方法ってどんなだ?と、スマホで検索する令菜。検索して出てくる答え、それは、どれも令菜が求めているようなはっきりした内容ではなかった。その検索内容を覗き込んでいた森田も、「ほんとにネットは頭悪いことしか書いてないな」と言う始末…。「図書館に行って本を読め」という森田。いや、ここ図書館(職場)。

 

恋愛小説とかで学びたい、という令菜に、自己啓発本でも読んでろ、という森田w。そこに、

「自分が好きすぎる僕におすすめの本ありますか?」と、よしお1号(ボーイズバーのオーナー)登場!何しに…と思ったら、デート(という名の同伴?)の誘いだった。森田も同行。しかも、なぜか沼袋(図書館の同僚?おじさん社員)も同行で、串カツ屋に割り勘で行くことに。

 

串カツ屋にて。

令菜は『自分のことが大好き』そうなオーナーに、そんなところが羨ましいです、と言った。オーナーは「そう見えちゃってる系?」と答えた。令菜は自分が20歳だったころを思い出していた。その頃の自分はデートで前日に見たテレビの事を話してるだけでも良かったけど、今はそれじゃ、持たない。それが歳をとったことなんじゃないかと…。

昔を思い出すと、付き合っていた相手がいたこともあった。高校時代。そんな彼がプレゼントしてくれたものがダサいとか、頼りないとか、思えばそんなガキっぽいことで別れて…大学生になっても同じような感じでそれでもそれなりに自分に自信があった。それは、年に1人くらいは好いてくれる男もいたから…。それが大学を卒業して働きだすと飲み会ないし出会いもない。恋愛から遠ざかる日々…。

「まずオレと付き合ってみるってどう?」

オーナーの発言に驚いて、酒を吹き出してしまう令菜。冗談とはいえ、タイミングがあれで…と驚く令菜だったが、オーナーは、本気で言ってるらしい。

 

「だってオーナー私の事別に好きじゃないですよね?」という令菜に、森田が一言!

「だからそれがダメなんだろうが、レイチェル 無粋なんだよ お前は」と言い放った。

 

…何だかんだで飲みすぎて酔っぱらいながら歩いて帰るその日の帰り道、ダメだしされた自分の返事について顧みる令菜。あのときなんて返事すればよかったのか、例えば、海外ドラマの主人公みたいに、「それってお試し期間が終わったら返品なの?」とか?いや、日本人でそれはないか、逆に日本人らしいなら…「ふつつか者ですがよろしくお願いします」とか?「オーナーみたいな素敵な人がそんな事言ってくれるなんて」これならアリか?と今更ながら思う令菜。(ホントそれくらい言えただろ30のいい大人が…)それを私ときたら「私の事好きじゃないですよね」なんてつまんない事言うから、「無粋」なんて言われるんだ…。無粋って?検索を始める令菜

「無粋…遊びの分からないさま、面白みのないさま、野暮」そうか私って野暮なのか…。そんなことないよね…と足元を見つめる。

 

そのとき、自分の足元の影が、なぜかもくもくと形を変えて…タラ(の白子)の形になった!

タラ「子どもの頃は元気で明るい令菜ちゃん…毎日スマホばっか見てたらあっという間に30歳になって…心と体の成長スピードがちぐはぐタラ」

その時、令菜の背後から、声が!

レバ「スマホ見てたら1年が一瞬で過ぎるレバ?」

 

壁に映った令菜の影がレバの形に変わり、そう話しかけてきた。

 

レバ「一週間前、一年前のこと覚えてるぅ。あ、インスタ見れば大丈夫レバね。でも、その自分ってホントの自分なのかな?」

令菜「インスタ、すらやってないです」

 

ケケケケケケケケ…けたたましく笑うタラとレバ(幻覚)

 

翌日の職場(図書館)

 

二日酔いの令菜に、びしばし仕事を振る森田。返却済みの本を本棚に戻しに行こうとする。

「この本ってもう借りれますか?」話しかけられ、邪魔な本をどけようとする令菜、本を崩してしまう。謝る令菜。その話しかけてきた相手は…。

森田「えっ 2号?」

2号(と呼ばれた男)「あ、昭子さんだ」

彼が、よしお2号?

 

おわり

「東京タラレバ娘 シーズン2【第6話/野暮な女】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「東京タラレバ娘 シーズン2【第6話/野暮な女】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「東京タラレバ娘 シーズン2【第6話/野暮な女】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りな情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「東京タラレバ娘 シーズン2【第6話/野暮な女】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「東京タラレバ娘 シーズン2【第6話/野暮な女】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「東京タラレバ娘 シーズン2【第6話/野暮な女】」最新話の感想まとめ

今回は、ホラーな展開でした…。

よしお1号(オーナー)実は一番デートしたかったでしょうね。だって自分から言い出したわけですし…。店の同伴なしで、しかも割り勘で、デート誘うくらいですからね。なぜか森田も、会社の同僚、沼袋もついてきたけど…。

 

そこでも、ウジウジした令菜の発言!森田に『無粋』と言い切られます。恋愛したいんじゃなかったのかよってことなんでしょうけど。

 

反省の帰り道、久々に登場のタラとレバの毒舌!嘲笑!(こんな幻覚みるって令菜、病んでるんじゃないか…)

 

そして、翌日。図書館に現れた『よしお2号』彼っていったい何者?

 

今後の展開予想です。突然現れた『よしお2号』彼は、もしや、よしお1号(オーナー)の「理想の相手」をさらっていった「よしお」なのか?またしても、オーナーの彼女(じゃないけど)を横取りに来たのか?なかなかにして見た目もよかったので、もしかしたら彼が令菜の求める「よしお」なのか?期待で胸が高鳴りますね!続きが楽しみです。