東京タラレバ娘シーズン2

東京タラレバ娘シーズン2【第4話/二種類の女】最新話あらすじネタバレ!

2019年7月25日発売の「Kiss」に掲載されている東京タラレバ娘シーズン2【第4話/二種類の女】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

令和初の夏がやってきました!例年になく涼しい夏、これは、まさか令和一発目の夏は記録的な「冷夏」になるのか?令和を迎えた令菜、元号にちなんで、自分の時代が来た!と色めく令菜。令菜は令和の時代で夢をかなえられるのか?!

 

⇒「東京タラレバ娘シーズン2【第4話/二種類の女】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

子供時代の自分の夢「結婚して家庭を作って楽しく暮らす」を改めて考え、現在結婚願望がないまま30代になってしまった自分を振り返り、家庭を作り、もう一度子供時代の自分が体験してきた思い出をループしたい、という願いを持ち始めた令菜…どんな行動をおこすのか?気になりますね。

それでは「東京タラレバ娘シーズン2【第4話/二種類の女】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「東京タラレバ娘シーズン2【第4話/二種類の女】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「東京タラレバ娘シーズン2【第4話/二種類の女】」あらすじネタバレ

夢が明確になった令菜。
子供の頃の他愛もない、けれど、忘れられないくらい楽しかった記憶が溢れ出していました。
ある時、沖縄のホテルに、従姉妹たち家族と宿泊し、ホテルのビーチで磯遊びした事…。

いとこの和明兄がアメフラシをビニール袋で、
モミモミ~
したら、アメフラシが紫色の液を出したっけ…

秋には、東京はなぜか秋祭りが多いから、はんてんを着て、母にお祭り用の化粧をしてもらって、子供御輿担いだっけ。
ワッショイワッショイ
御輿をがんばって担いでいると近所の人がジュースを配ってくれたりとか…

冬の思い出。珍しく雪が積もった東京のお正月シーズン。近所の年下の子供たちと、令菜と、いとこの和明兄(モミモミ~の従兄弟w)で、雪だるまをたくさん作って並べて遊んだこと。…その後、雪だるまたちに和明兄が回し蹴り決めていって、子供たちが泣いたこと。

(いとこたちじゃないと、和明兄の笑いの世界観がわかんないから…)

春は、上野公園に家族で花見に行って、親に出店でクレープ買ってもらったり。
…たまたま桜の花びらが、クレープに舞い降りて、桜のクレープになったこと。桜の花びらって御菓子に飾られてたりするから、食べていいんじゃない?って言う母。
排気ガスとかついてるかもだから、ポイしなさいって言う父。

そんな家族との思い出を思い出していた、令菜…今となっては、父母がいる、ダイニングテーブルの隣のソファーで、父母と顔も合わせずごろ寝してますが、何か?
(親、つまんねーだろーなー。目が死んでるもん2人)

すっかり大人になって、季節の行事なんかやらなくなったこと、近所の子供のお神輿を見ても、素通りする自分…私はジュースをあげる側になっていない

そんなこと、気にしなきゃしないで幸せだった

季節の行事をしていないからって、不幸なわけじゃない

ただ、小学校の頃の友人、主婦になったその子と親になって、また子供の頃の楽しかった行事を親目線から体験する話を聴いてから、私も、父母も、またあの楽しかった行事を体験出来るんだ!と、気になってしょうがない令菜。

結婚して子供が出来たら、バッチリ年中行事復活だし。

もし子供作らなかったとしても、結婚すれば、結婚式からの、行事のコンボ!と、ばかりに、年中行事復活…するのかも?

そういえば、従兄弟の和明兄、39才だけどまだ独身だったっけ、どうすんだアイツ…って、私もそう思われているのか!?

ガバっとソファーから身体を起こした令菜。

「今まで育ててくれてありがとう。私、結婚する」

と、父母に宣言しました!

あんた、いつ彼氏できたの?と驚く母に相手はこれから探す、と真剣な顔で言う令菜に、なんだ、そういう事か…と安心した様子の父(いいのかこれで?)
母は、興奮気味に、「毎日毎日ソファーでユーチューブとネットフィリップスばっかり観てたこの子が…」(お母さん、フィリップスじゃなくてフリックス)
「----でも、変な人とは結婚しないでね、ユーチューバーとか」と言う母。

令菜「Youtuberと結婚出来たら恩の字でしょう」と真顔。

そうなの、そういう時代なの?by母。

婚活するにあたって、経済的な面での応援を父母にお願いする令菜なんでした。

(それもそれで…でも、母は、婚活するならそんなカッコしてちゃダメ。シフォンのワンピースくらい着なきゃ、とノリノリなんでした。)

翌日、職場にて…
森田が遠くを眺めながら小さな声で呟いていました…「婚活か…」と。

場面は変わって、いつものボーイズバー。

森田は、かつて図書館につとめていた同僚、紺一向さんという女の話をしていました。彼女は32歳から婚活を始めて、身も心もボロボロになって図書館やめて田舎に帰った…それをそばで見ていた森田は、婚活は甘くない、と令菜に言うのでした。

そこに、相変わらずめんどくさい登場のよしお1号(店長)今日はいろとりどりのスイーツを持参していました。いろんな種類があるなかで、どれも美味しそう、色んな味がある中で、どれがいい?と聞かれても、みんなが選んだ後に残ったのでいいです、と言う令菜。
森田「レイチェル(令菜の事)の、そういうとこ、婚活にはちょっと…」
えッと、おどろく令菜。
店長が言います、「じゃ今この中から1人選んでデートを申し込んでごらん?」と、カウンターのよしお達を指さします。

改めて、冷静に、よしお達を見比べる令菜。店長は、僕を含めて…と、よしおたちを見比べる令菜を見つめるのでした。
森田「5号」
若くてかわいいイケメンの5号を素早く選ぶ!
・・・結局誰も選べなかった令菜に、店長は言います

「世の中の女性は大きく2つに分けられる、自分の目の前にいる男たちの中から一番好きな男を選べる女と、そこからは選べず目の前にいない理想の男を追い求める女。君はたぶん後者だ!」(と、カッコいい正論をしつつ、ふざけたポーズで令菜を指す!)
店長自身も、昔は理想の相手を探す「クソバカボーイ」だったと言います。でも、今もそのせいでロンリーボーイ…ただ、「結婚して家庭を作って楽しく暮らす」その夢がある今。そのためには、夢をかなえてくれそうな相手、という観点からパートナーを探してみたはどうだい?と、もっともらしい提案。

確かに、その発想はなかった…と改めて、よしおたちを見比べる令菜。最後によしお1号(店長)に目が留まる。お目が高い!と喜び、パッチンと指を鳴らす店長!

令菜「これは全員とデートしてみないと分かりませんね」

ズコーっと崩れ落ちる店長…

頑張れレイチェル(令菜)
ちょっとだけ昔の令菜に戻ってきたような気がするタラ
令菜を見守る、タラとレバなんでした。

 

おわり

「東京タラレバ娘シーズン2【第4話/二種類の女】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「東京タラレバ娘シーズン2【第4話/二種類の女】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「東京タラレバ娘シーズン2【第4話/二種類の女】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りな情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「東京タラレバ娘シーズン2【第4話/二種類の女】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「東京タラレバ娘シーズン2【第4話/二種類の女】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「東京タラレバ娘シーズン2【第4話/二種類の女】」最新話の感想まとめ

面白かったですね!
相変わらず、令菜は変なところで冷静で、肝心なところでダメな子…と、思ってしまった私なんですが。

だって、結婚するって、いきなり親に言っておいて、経済的な面で協力してって、30過ぎてよく言うねって話。

いや、でも逆に、親からすれば、よく言ってくれた!それこそ30過ぎてるし…お金で何とかなるなら、なんぼでも出してやる、かも知れないですね…お金で結婚相手は買えないですからねー。

ダメな子ついでに、こんなイケメン、婚活市場には並ばない(森田、店長の感想です。)よしお達から一人選べと言われても、決められない令菜。婚活する気あるのかね?

パートナー探しに、目の前にいる中で、選べる女と、目の前にいない理想の相手を探す女、世の中の女は大きく2つらしいっす、店長曰く。で、店長本人も、後者だったと。あげく今でもロンリーボーイ、そしてせっかく出会えた理想の相手は他の「よしお」に奪われ…。

でも、令菜は違った!目の前にいない理想の相手を探してるから、この中で一人デートする相手を決められないんじゃない。全員とデートしてみて、選びたい。これが令菜の希望なんでした。その、自分の欲張りな希望を言葉に出して言えるようになった、令菜偉い!やっぱり、夢が有ると無いのとでは人生は全く違うものになるんです。欲張りって言われたっていいじゃん、自分の夢「結婚して家庭を作って楽しく暮らす」令菜、お前なら出来る!(12歳の自分に言われた言葉…)

今後の展開予想です。まじで全よしおと店外デート、する気なんでしょうか?令菜。いや、真剣にどうでもいいんだけど…まず第一にボーイズバーで働いてるオトコと、結婚する、それでいいんかい!令菜。お前、フリーターだろー。
結婚、するだけじゃなくて、家庭を作るんだから、家庭を養っていけるような夫を探さなきゃでしょ、と思っちゃいますが。
まー、今のままで婚活パーティに行っても「選べない…」って帰ってくると思いますんでそういった体験も必要…なのかな?
もう、いっそ、数々の思い出に登場してきた濃すぎるキャラ、従兄弟の和明兄と結婚しちゃえ!と、思うのは私だけでは無いはず?