トクサツガガガ

トクサツガガガ【第172話/納得の行方】最新話あらすじネタバレ!

2019年6月17日発売の「ビッグコミックスピリッツ2019年29号」に掲載されているトクサツガガガ【第172話/納得の行方】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

⇒「トクサツガガガ【第172話/納得の行方】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

前回のあらすじ

仲村「いやだッ…先輩…先輩になりたくないィィ…」

今まで上下関係がなかった人生だったので、新人にどうやって指導したら良いかわからない!と言う仲村に吉田はファイブレイバーのソフビを使って、写真を撮ることでその指導の方法を教えると言う。

すると、キレイな写真は撮れたものの撮っている間は思っていたよりも無様な姿だったのだ。

(私に指示を出す人や教える人も、自信に満ちているように見えるけど、「未熟なまま」手探りなのかもしれない)

そこで、仲村は母親の姿を思い浮かべた。

それでは「トクサツガガガ【第172話/納得の行方】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「トクサツガガガ【第172話/納得の行方】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「トクサツガガガ【第172話/納得の行方】」あらすじネタバレ

ミヤビ「この間の写真ありがとーございます!」

仲村はオタク友達のミヤビにこの間撮ったファイブレイバーのソフビの写真を送っていた。そして、ミヤビ自身は「春休み中」との返信が返ってきた。

春休みと言う魅惑の響きに心が躍る社会人の仲村。

その話を同僚の藤井に話すと、その話は地雷だったようでしかめっ面が返ってきた。

ちょうど、藤井の弟もまた就活中兼春休みだった。しかし、姉の忠告も聞かずに「ゲーム会社への就職」一択の就活で、実際は家でゲーム三昧の日々だと言う。今の時期を無駄にしてはいけない!今、一生懸命にならなければ!と、弟の姿に藤井は憤慨していたのだ。

藤井「どーしたらいいと思う仲村さんッ。」

突然振られた内容に困惑する仲村。しかし、いつもこれを解決してくれる白石が本日休暇でいなかった。

正直、社会人になった仲村は藤井の意見が正しいと思っているが、ダミアンのことと自分を重ねると藤井の弟の言い分もわかった。

結果、仲村は無難な「中立案」を提案する。

仲村「どっちも正しいと思うから~とりあえずいつまでにダメだったらこーしよう!とか目標を立てたらどーかな!?」

藤井「…そーだよねぇ…それくらいだよね…その辺ももー話し合ったんだけど…ごめんね、ありがとう…」

仲村(何を言えば納得してくれたんだよォーッ!!)

懸命に考えた仲村の返答に、明らかにどうでも良いような藤井。

そのモヤっとした気持ちを仲村は、後日吉田にそのまま伝えると「何を言っても納得しなかったのでは?」と言う回答を得た。そして、すぐにファイブレイバーのショーの話へ移行する吉田に「相談相手を間違えた」と仲村は感じた。

そして、仲村たちは「片手間にみに来た人」を装い、ヒーローショーへと辿り着く。そこへ、こちらもたまたま来たらしい男子学生たちに出くわした。

男子学生たちは、すでにヒーロー戦隊を視聴していないらしかったが、アクションに興味があるらしくヒーローショーを見学するようだった。

そして、ヒーローショーのアクションの凄さにいつしか惹き込まれ彼らは楽しんでいた。「すげーやべーじゃん」と応援している彼らに仲村は「だろう!」と、内心謎の自慢を発揮する。

しかし、一人の男子学生が「これくらいならオレにもヨユーだし」と言い始め、今日のアクターたちがかなり上手な部類だったので、仲村は驚いていた。

それを吉田に告げると吉田は冷静に「パルクール」をやっている彼なら、出来て当たり前と分析する。パルクールとは、障害物がある道を飛んだり跳ねたり忍者のように動くスポーツのようなもので、移動の最適化を極める動きの追求のことを言う。

そして、吉田は続ける。

パルクールとは「動きの追求」ヒーローショーは「観てもらうためのアクション」なので、パルクールをしている人からするとそのアクションの動きは見ごたえがないかもしれないが、アイテムや演出を見せなければならないヒーローショーとは根本が違うのだと言った。

吉田「高度なことをやることが、求められる正解とは限らないってことですね。そして…「オレにもできる」とか言ってるうちはトーシロなんです!!」

そして、仲村は考える。

先日自分に相談して来た藤井に「ありがとう」と感謝されるのが当たり前と言う結果を正解と決めつけて納得していなかった自分。しかし、案外藤井はいろいろな意見をもらって考えたかっただけで、納得していたかもしれない。

そして、他にも例えば「カメラどっちがいいと思う?」と聞いて、別な方を選ぶ人がいるが、聞かれた方は「なんで!?」と憤るが、聞いた本人はあくまで判断材料にしたかっただけで全く意見を聞いていないわけではないなどの日常生活のモヤモヤあるあるがあるのだ。

そして、ヒーローショーの目玉の握手会が始まる。子どもたちが「ファイブレイバー!!」と声援を送るとレッドがやってきてバク宙を披露するが、盛大にコケてしまう。子どもたちが爆笑する中、冷静に「ワザとだ」と判断する二人。

仲村「TVではまだ一話なのにドラゴっぽさ出てますねぇ。」

吉田「去年のシシレオーでこれやったら、違う!ってなりますけど、今年はこれで納得の動きです。」

(まるでしくじったように見えても、ちゃんと力になっているのかもね。)

翌日、スッキリとした藤井に遭遇し、白石マジックに驚く仲村は、白石に一体どんな風に相談に乗ったのか?と質問する。

すると、白石は単純に藤井の話を聞き「大変だね!!頑張ってね!!」と肯定しただけだと言う。

仲村は、そもそも『正解を求めていない場合もある』と言うことを心に刻み込んだのだった。

おわり

「トクサツガガガ【第172話/納得の行方】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「トクサツガガガ【第172話/納得の行方】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「トクサツガガガ【第172話/納得の行方】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「トクサツガガガ【第172話/納得の行方】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「トクサツガガガ【第172話/納得の行方】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「トクサツガガガ【第172話/納得の行方】」最新話の感想まとめ

わかるわかるー!!

そうなんですよね。人間誰しも「ただ、聞いて欲しい」って言う時ありますよね。

ただ、あまりにそれをしすぎたり、浅い仲の人にすると、たぶんこの話の冒頭の方の仲村さんのような憤りを知人が持ってしまうので注意が必要だと思いました。すごく…実経験がある…。藤井さんポジションで。

そして、白石さんの爪の垢煎じて飲みたい。私は仲村さんみたいな不器用な性格なので、白石さんの生き方が出来る人を尊敬かつ羨望です。

本当に毎回、このトクサツガガガのわかりみがすごいですね…。人間模様や悩みを楽しく解決してくれるトクサツガガガが好きです。今回はヒーローショーの話でしたけど、ダミアンは結局ヒーローショーに行けたんでしょうか?

次号から休載でビッグコミックスピリッツ30号と31号はお休みらしいので残念ですが、その次の話も楽しみですね。次の話の予想はファイブレイバー2話かな!?