週刊少年ジャンプ

食戟のソーマ【第314話/極上の石たち】最新話あらすじネタバレ!

2019年6月10日発売の「週刊少年ジャンプ2019年28号」に掲載されている食戟のソーマ【第314話/極上の石たち】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

⇒「食戟のソーマ【第314話/極上の石たち】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

前回のあらすじ

真凪「勘違いするのではないぞ。私の求める「地球上に無かった皿」に届くものではない!」

おはじけとおさずけの両方を出した創真の皿であったが、真凪は今回の創真の皿に全く納得はしていなかった。そして、創真に対し決勝戦では「さらなる美味」を求めた。

そして、今回の対決の結果「決勝戦」は、えりなVS創真に決定した。

創真が勝った喜びも束の間、えりなの心には重い重責が圧し掛かる。

惑うえりなに決勝戦当日は無情にも訪れ、審査員は「特等執行官(ブックマスター)薙切真凪」、お題は「地球上に無かった一皿」を言い渡される。

BLUE決勝戦のゴングが鳴らされるが、かつてないプレッシャーにえりなは自分自身の料理が見えなくなっていて…

そして、仙左衛門の「玉の世代」計画の全貌が明らかになろうとしていた。

それでは「食戟のソーマ【第314話/極上の石たち】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「食戟のソーマ【第314話/極上の石たち】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「食戟のソーマ【第314話/極上の石たち】」あらすじネタバレ

真凪「かつての私と同じだ…えりなは今まさに嵐に呑まれようとしておる」

真凪は自分がえりなを追い詰めてしまったことを悔いるものの、それは全て”神の舌”を持つ者の定めだと諦めていた。それには、一縷の希望もないのだ…と娘に叩きつけたのだ。

しかし、そんな中、一切仙左衛門は諦めておらず「玉の世代」計画の成果がこの勝負で出る頃だと言い切った。

—時は10年前に遡る—

真凪が薙切家を去って数日後のこと。

仙左衛門は、薙切家に書き記された史実集に目を通していた。その史実集を読むと、料理人が嵐に一度飲まれれば、助ける術がないように、神の舌を持つものにとってはさらに険しいそれであることがわかる。

料理から離れれば、人らしい生活に戻れた例もあることから、娘の真凪には療養してもらうことにするが、孫のえりなもまた神の舌を持つ者として、同じ運命を辿ることは憚られた。

そして、仙左衛門は一大決心をする。

『玉の世代計画』を進めることに。

そうそれは、料理人として才能ある若者を集めること。そして、えりなを遠月学園にて彼らと切磋琢磨させることだった。

選ばれたのは、葉山アキラ・アリス・黒木場リョウ・アルディーニ兄弟…など、現在遠月学園でも十傑になっている名立たる者達。

もちろん、「幸平創真」もその一人だった。

その計画は、他の才ある若者の自信が砕けても構わない、何を犠牲にしてでもえりな自身を希望にしてみせると言うとんでもない計画だった。

仙左衛門「どうじゃ我が娘よ!!料理に希望はあるのだ!!」

そう全てはそれを示すためだけだった。

『すべては彼ら…若き料理人たちの今日までのぶつかり合いにかかっている』

創真「目ぇ覚まさせてやるよ薙切。この一皿はお前のために創る――」

えりな(あの時の鶏卵の天ぷら丼……!?)

創真が作ったのは、初めてえりなに振る舞った鶏卵の天ぷら丼だった。

そして、この丼は二人前作ったのでと創真はえりなにも食べさせようとする。

創真「おあがりよ。名付けて…創真流――女王のためのエッグベネディクト丼……!!!」

震える指で、一口創真の皿を食べたえりなの反応は…!?

おわり

「食戟のソーマ【第314話/極上の石たち】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「食戟のソーマ【第314話/極上の石たち】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「食戟のソーマ【第314話/極上の石たち】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「食戟のソーマ【第314話/極上の石たち】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「食戟のソーマ【第314話/極上の石たち】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「食戟のソーマ【第314話/極上の石たち】」最新話の感想まとめ

キターーーーーっ!!

やっぱり、えりな様と創真のあの一品だった。しかし、「エッグベネディクト」ってなんかちょっとお洒落な感じになっている(笑)遠月学園に入学したお陰ですね!!

これで、いつもの自信満々で挑発的なえりな様に戻り、突如閃いた料理でお母様に「地球上には無い一皿」を食べさせてあげることが出来ると見た!!

地球上には無い一皿は、創真じゃなくてえりな様では!?(創真のお陰で…って言うのは付くけど)そして、えりな様優勝!!じゃないか??

しかし、泣いても笑っても食戟のソーマ次号完結!?ってことは、創真の料理で二人共救われて終了なのか!?創真優勝!?

でも、えりな様料理作らないで終了…ってことはないよね??

創真の料理に「創真流」って自分の名前がついてた!!今まで「幸平流」だったのに!!初めて食べさせる初めての料理…。

それにしても、いきなりおじいちゃんの計画でみんなが集められたことがわかったね。しかも、全てはえりな様のためとか!!他の人はどうなってもよいとか、どんな賄賂っぽいことをしても葉山くん手に入れる的だったりとか、なんて恐ろしい計画っ!!

これは…食戟のえりな様だわっ!!