週刊少年ジャンプ

食戟のソーマ【第313話/”神の舌”に惑う者】最新話あらすじネタバレ!

2019年6月3日発売の「週刊少年ジャンプ2019年27号」に掲載されている食戟のソーマ【第313話/”神の舌”に惑う者】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

⇒「食戟のソーマ【第313話/”神の舌”に惑う者】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

前回のあらすじ

創真の料理を食べた真凪は「おさずけ」と「おはじけ」を同時に発動する。そして、会場中の人間の服が四散し、はだけていく。

誰もがそんな現象を初めて目の当たりにする中、動揺する朝陽に真凪の声が聞こえた。

真凪「空っぽ。お前自身の味は何処にもない…」

創真の皿からは、「創真の料理」を感じるが、朝陽の皿からは美味しいだけで、「朝陽の料理」は一切感じられないと言う。

「3-0」で創真の勝利が宣言され、会場に響き渡る歓声。

最初は動揺していた朝陽だったが、創真と話す中で、憑きものでも落ちたかのように晴れやかな表情になった。そして、長年の城一郎と朝陽のわだかまりも溶けたかのように思えた。

真凪「……だが、勘違いするでないぞ。幸平創真。」

そんな中、真凪の不穏な言葉が創真へと向けられる。真凪の言葉の真意とは…?

それでは「食戟のソーマ【第313話/”神の舌”に惑う者】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「食戟のソーマ【第313話/”神の舌”に惑う者】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「食戟のソーマ【第313話/”神の舌”に惑う者】」あらすじネタバレ

真凪「勘違いするのではないぞ。私の求める「地球上に無かった皿」に届くものではない!」

創真「おさずけ+おはじけの合わせ技まで出したってのに欲張りさんっすね」

真凪「この程度の一皿で私が歩んできた日月の重み、越えられる…ものか……っ」

創真に決勝戦でさらなる美味を披露しろという真凪。そして、決勝戦は薙切えりなVS幸平創真に決定した。

決勝戦が決まり、えりなの心は暗く淀む。

えりなの心は出来る出来ないでせめぎ合っていた。

打ち勝ちたいと思っていても、父と母でさえ成し得なかった領域に達することを諦めてしまっている自分。そして、どんなに意気込んだ所で無理だと悟っている自分がいた。

そんなえりなの心が乱れる中、決勝が始まる。

決勝の審査員は、特等執行官(ブックマスター)薙切真凪(なきりまな)。

お題は、「地球上に無かった一皿」

開始の合図と同時に何かに急き立てられるように調理を始めるえりな。

えりな(神の舌を持っている私が遠月を率いる総帥である私がその皿を創り出さなければ!)

えりな(無理よ。わかっているでしょう?お母様でもむりだった。)

えりな(私が……その皿を……)

えりなは、「やらなければ!」と言う意気込みと、一方で「幸せになれない」と言う重圧と絶望でいっぱいになっていた。

創真「つまんねー料理やってんなぁ」

そう言いながら、創真はえりなの料理を試食する。そして、創真は作る皿を決めたと言う。

全てはこの戦いで…

仙左衛門「儂が秘密裏に描いた「玉の世代」計画の成果が――…!!」

おわり

「食戟のソーマ【第313話/”神の舌”に惑う者】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「食戟のソーマ【第313話/”神の舌”に惑う者】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「食戟のソーマ【第313話/”神の舌”に惑う者】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「食戟のソーマ【第313話/”神の舌”に惑う者】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「食戟のソーマ【第313話/”神の舌”に惑う者】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「食戟のソーマ【第313話/”神の舌”に惑う者】」最新話の感想まとめ

え……決勝戦始まって早々ですが、食戟のソーマは残り3話だそうです!!?

最終回には、『超重大発表』があるそうですが…残り3話って、え?え?え?今回調理がかろうじて開始されたばかりの状態ですし、朝陽VS創真の準決勝ももっと長かったですよね。神の舌に惑う…私はこの状況に惑ってます(笑)

冗談はさておき、えりな様は、朝陽のお嫁さんにならずに済んで一安心と思いきやとてつもない重圧に苛まれていますね。何とかしなきゃ!何とかしなきゃ!…出来ない…どうしようっ…!!

天才と言われてきたえりな様が、誰もが一度は経験のある葛藤に今まさに直面しています。創真がそこでゆるっとちゃちゃを入れたので、次号ではやる気を出すのでしょうか?

私の予想としては、次に創真が作る一品は、もしかして…えりな様と一番最初に対峙したときのあの一皿を改良したものかな?なんて想像しています。

でも「地球上に無い一品」と言うテーマだしな……とは思いますけどね。

次号、ちゃちゃっと料理作って試食。さらに次号結果。のち最終回、大円団!って感じですかね?それにしても、かなり無理がある工程な気がします。次号、どこまで進むか目が離せません!