週刊少年ジャンプ

食戟のソーマ【第311話/失敗の味】あらすじネタバレ!

2019年5月20日発売の「週刊少年ジャンプ2019年25号」に掲載されている食戟のソーマ最新話【第311話/失敗の味】のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

⇒「食戟のソーマ【第311話/失敗の味】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

前回のあらすじ

とうとう創真の皿が披露される。

創真は五大料理を…なんと「チャーハン」で具現化した。BLUEを決める頂上決戦の舞台で定食屋の定番であるチャーハンを出すなんてありえない!とみんなが驚き失望する中、創真は自信満々に笑っている。

朝陽が作った料理の余韻に浸っている執行官の一人が嫌々ながら創真のチャーハンを一口口に入れると…そのあまりの美味さに皿を奪い取り、豪快に口の中へかき込み始めた。

執行官「奇跡的な美味を創り出しているわ!!!」

その評価に驚く一同。

そして、創真は特等執行官(ブックマスター)の薙切真凪(なきりまな)にも食べてみないかと誘う。チャーハンは何と創真と創真の母との思い出の料理だった。創真の真意とは…!?

それでは「食戟のソーマ【第311話/失敗の味】」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「食戟のソーマ【第311話/失敗の味】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「食戟のソーマ【第311話/失敗の味】」あらすじネタバレ

創真「このチャーハンってメニューは母ちゃんとの思い出の料理なんすよ」

ざわつくBLUEの会場内。

真凪は、創真の言っていることはわからないが、料理は食べてやっても良いと言う。ただし、具合が悪くなった時のためにバケツも準備しろと言った。そして、真凪は創真の料理を前にして、違和感を感じた。

口に含むと…その美味に酔いしれ叫ぶ。観客席の人たちは、創真の料理はそこまですごい品であるはずがないと絶叫する。しかし、その反応で朝陽は創真の料理の違和感の正体に気づいた。

朝陽「ほとんど匂いが漂ってこなかった…!」

朝陽の料理は、その香りから一目散に執行官たちの食欲を沸かせたが、創真の料理はそれがなかったのだ。しかも、チャーハンと言う料理は特に、しかも創真のチャーハンはさらにスパイスや調味料をたくさん使用し工夫しているにも関わらず香りが全くしなかった。

しかし、どうゆうことだろう?真凪は「極上の風味」が口の中・鼻腔・脳天を突き上げてくると賛辞していた。

創真「その秘密は……『変則式ウフ・マヨネーズ』にあるんすよ」

神の舌を持つ真凪は創真の料理を的確に分析する。それは通常ではありえない高火力と超高速で鍋とお玉を振ることで生まれた品であることを意味していた。

ごはんの一粒一粒に纏った卵は、言うなれば『極小のオムライス』のよう。

創真「「香らないチャーハン」っす」

創真のチャーハンは、噛みしめた瞬間に全ての味と香りが口の中で炸裂するチャーハンだったのだ。それを「そんな調理は不可能だよ!!!」とある者は言い、ある者はこのBLUEと言う大会の中で、あまりに危険な賭けである調理法であり、その発想自体を畏怖した。

創真は、その料理は「創真の母の失敗作から生まれた」と言う。

10年前のお食事処ゆきひらでは、創真の母「珠子」もまた、稀に厨房に立つこともあった。当時創真は6歳である。

しかし、珠子は料理屋の娘でありながら、実は料理がド下手

常連客達はそんな珠子の料理を「美味いか下手か」賭けの対象として楽しんでいた。不味い料理が多い珠子であったが、中には大当たりの美味しい料理もあり、特にチャーハンは一番作っている回数も多いためか当たりも多かった。

そんな母から創真が初めて教えてもらった料理もまたチャーハンだったのだ。創真にとってまさに思い出の味。

創真「あんたが知らず俺が知ってる味がひとつだけありますよ。失敗の味そいつがこの皿を創ってくれた立役者です」

創真は、どんなにすごい道具と能力を持っている朝陽でさえも作れない料理だと言う。その言葉が朝陽の琴線に触れ、朝陽は「最強の男にはそんなもん要らねぇんだよ!!!」と創真を罵った。

バァンッ

バァンバァンバァンバァンッ

真凪のおさずけが始まった。お互いの評価が拮抗していると思いきや…それは、通常のおさずけではなくて…!?次号へ続く。

おわり

「食戟のソーマ【第311話/失敗の味】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「食戟のソーマ【第311話/失敗の味】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「食戟のソーマ【第311話/失敗の味】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「食戟のソーマ【第311話/失敗の味】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「食戟のソーマ【第311話/失敗の味】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「食戟のソーマ【第311話/失敗の味】」の感想まとめ

創真の初めての料理も「チャーハン」だったんですね!!

それにしても、初めての料理は城一郎さんじゃなく、母親珠子さんに教えてもらったのか。しかし、まさか料理が「ド」下手だったとは(笑)

普通の人でも中々ド下手な料理を作ることは難しい気がします。特にチャーハンは家庭でもよく作る料理ですし、あらかじめご飯に溶き卵、中華調味料を混ぜたものを炒めれば、それなりに美味しく出来るし、卵もキレイにコーティングされますからね。

中華料理は火力が命と言いますが、家庭では出来ない高火力もお店には揃ってます。だから、普通に作っていたら不味い料理は出来ないはずなんですよね。

ただ、「最後のこれのせいかな?」って持っている調味料には見覚えが…(笑)創真も城一郎さんも「未知の味の追求」とか言ってゲテモノ料理を探求していることが多々ありますが、もしかしてもしかしなくても珠子さんが原因…いや影響なんですね!!

そして、えりな様の方の母、真凪のおさずけも別バージョンって!?一体どんなおさずけなんでしょうか??次号、とても気になります。

創真の料理は、真凪様を救ったんでしょうね!勝負の行方よりも、そこが重要な気がします。そして、えりな様と中村さんも救って欲しいな。