漫画

食戟のソーマ【308話/従える者】あらすじネタバレ!

2019年4月22日発売の「週刊少年ジャンプ 2019年21号」に掲載されている食戟のソーマ最新話【308話/従える者】のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

 

⇒「食戟のソーマ【308話/従える者】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

前回のあらすじ

才波朝陽(さいばあさひ)VS幸平創真(ゆきひらそうま)の料理対決。

朝陽はクロスナイブズで圧倒的な実力の差を幸平に見せつける。しかし、そんな中でも創真は自分の信じる料理を作ることを決意。

「五大料理をそれぞれ一品ずつつまり5コぜんぶ作りますわ。最後にガッとひとつにまとめます。」と宣言。その創真の宣言に、外野たちは「無謀だ」と大笑い。

しかし、そんな中でも創真の可能性を信じるタクミ・アルディーニは、もしそれが出来るならば、「特等執行官(ブックマスター)の求めている”地球上になかった皿”を創り出せるかもしれない。」と言う。

創真の調理にはフレンチとイタリアのスープに中華の調味料、トルコの羊肉、インドのスパイスが使われていた。一体何が完成されたのか!?次号実食!と言う所で終わりました。

それでは「食戟のソーマ【308話/従える者】」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「食戟のソーマ【308話/従える者】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「食戟のソーマ【308話/従える者】」あらすじネタバレ

「これより、両選手の実食に移ります!!」

前回、制限時間内ギリギリに料理を完成した創真と朝陽の料理をいよいよ執行官(ブックマン)たち3名が実食することに。

執行官たちが入場。

その中には、なんと!あの苦い思い出「連隊食戟」の際にも審査員としていたデコラとクラージュの姿が!

今度もまた偏った審査をされるのではないかと動揺する一同を尻目に、「あの時だってWGOの理念に基づいて正当に判定したもの!」とデコラは言う。

しかし、早速、朝陽のイケメンさにメロメロのデコラとクラージュ。

そして、二つの皿を前に執行官たちはどちらを先に審査するか悩んでいた。すると…

フワ…

「どうなってるんだい!?クロッシュで蓋をしてあるのにそれ越しでも香り立ってくる!」

「うぅ…っダメ…これ以上ガマンなんて1秒もできない」

執行官たちはその香りに翻弄され、朝陽の方から実食することに決定。

創真の料理が審査の掴みである「香り」で朝陽の料理に負けたことに対して、落胆する一同を尻目にクロッシュの蓋が開かれる。

そこには「パイ生地で包み上げたスープ料理『バスティー』が!!」

朝陽「お、そうだ!特等執行官殿もいかがです?」

そう言って、自分の自信作を勧める朝陽に「私にも彼奴(あやつ)の品…取り分けよ」と、なんと真凪(まな)も口にしたいと言い始めた。

しかし、真凪は神の舌を持っているが故に「極上の美味」以外の料理を口にすると、体調が悪くなってしまう特異体質(病気)。

それでも、朝陽の料理を見て「大丈夫じゃ…」と言う。

そして、執行官たちが朝陽の作ったバスティーを口に含むと…

「じゅわっとろぉ~~~~~っ」

「う………!!んう…っ うわぁあ~~~~~っ!!!」

絶品の料理に身体をクネクネする執行官たち。

バスティーとは、長崎県の郷土料理『卓袱料理(しっぽくりょうり)』と呼ばれる、日本が鎖国時代に和洋中が融合した料理のことを言う。

しかし、朝陽はそれだけではなく、ラヴィオリの中にドンドゥルマ(トルコアイス)を入れ、サクッの中にとろ~り伸びる食感も。

パイ生地(フレンチ)、フカヒレ(中華)、インド(スパイス)、ラヴィオリ(イタリア)、ドンドゥルマ(トルコ)と本来なら反発し合うはずの5つの素材を一つに合わせて見せたのだ。

「ボクたちわるい執行官じゃないよ…」

(デコラたちが仲間になりたそうにこちらを見ている!)

あのドラクエの名シーンのリアクションを取る執行官たち。

バァンバァンバァンバァンッ

そして、突然弾け鳴る音に一同は疑問符と悲鳴をあげる。一人が叫んだ。

「こ…これは…おさずけ(喝采)!!?」

真凪のおさずけパルスが漏れ出た音だったのだ。

「これがBLUEの頂点。次世代の料理界第一席に立つべき男の姿さ。」と、してやったりとほくそ笑む朝陽の視線も何のその。創真はそんな朝陽を鋭い眼光で睨みつける。

そして、次号はいよいよ創真の料理が…!?

おわり

「食戟のソーマ【308話/従える者】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

 

「食戟のソーマ【308話/従える者】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「食戟のソーマ【308話/従える者】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「食戟のソーマ【308話/従える者】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「食戟のソーマ【308話/従える者】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「食戟のソーマ【308話/従える者】」の感想まとめ

食戟のソーマの実食シーンは、いつも面白い&セクシーですよね。

しかし、さすがWGOの執行官というべきか、絶賛はしていてもいつもよりはだけ具合は少な目。大好きですよ。ドラ〇エ。

そして、「創真が作りたかった料理ってこうゆうのじゃないの?」と、ほぼ創真が作りたかった料理をすでに作り上げている朝陽に驚きます。

ラヴィオリにトルコアイスが…って、すごく食べてみたいですね。冷たくて温かいわけですよね?全て溶けてしまっているわけじゃないんですよね!?どうなっているんだろう?

次は、創真の料理ですが、彼は一体何を作ったのでしょうか?そして、どう五味一体したのか気になりますね。朝陽に勝てるのか!続きが楽しみです。