別冊少年マガジン

進撃の巨人【120話/刹那】最新話あらすじネタバレ!

進撃の巨人【120話/刹那】最新話あらすじネタバレ!

2019年8月9日発売の「別冊少年マガジン2019年9月号」に掲載されている進撃の巨人【120話/刹那】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

あ!ちょっと待って!
本記事を読んでネタバレを見る前に…

「文章ではなく、漫画でちゃんと読みたい!」

やっぱり漫画は絵があってこそ面白い!
そんな方は、以下のリンクから読むことができますよ↓

⇒「進撃の巨人【120話/刹那】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

ー 前回 119話のあらすじ ー

巨人化を解き、ジークの元へ走るエレン。
獣の巨人の下からは、巨人化を解いたジークが手を差し伸ばしている。

しかし、ガビの構えた銃から放たれた弾は
エレンの首元に命中!

ジークを目前に、エレンの首が吹き飛んでしまうのだった…

それでは「進撃の巨人【120話/刹那】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「進撃の巨人【120話/刹那】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「進撃の巨人【120話/刹那】」あらすじネタバレ

吹き飛ぶエレンの首を前に
絶望的な表情で涙を流すジーク…!

エレンの今までの記憶が走馬灯のように流れる。

気がつくと、エレンは異空間に立っていた。

エレン
「ここは…?」

ジーク
「全ての”道”が交わる座標…だと思う…エレン」
「お前が回復し目を覚ますまで 何年もここに座っていたような気がする」

後ろには5本の鎖で首を繋がれたジークが座っていた。

ジーク
「お前の首はガビに吹っ飛ばされたが…お前が完全に
事切れる前に俺と接触を果たした …成功したんだよ…」

「俺達は…始祖の力を手に入れた…」

そこに、始祖ユミルの姿が。
ジークは全てのエルディア人を安楽死させるよう
ユミルに命じるんだと話す。

しかし、エレンは合意しない。

エレン
「こんなふざけた計画オレは到底受け入れられない
 悪いが兄さん オレはここに来るために あんたに
 話を合わせていただけだ」

悲しむジーク。
エルディア人がいる限り、殺し合いは終わらない。
なぜだ。

エレン
「オレがこの世に生まれたからだ」
「始祖ユミル オレに力を貸してくれ」

しかし、ユミルはエレンの言葉を聞かずに通り過ぎ
ジークの前にひざまずく。

エレン
「これは…どういうことだ…」

ジークは首の鎖を壊し、立ち上がる。

ジーク
「俺は歴代の壁の王と違い初代王の思想に染まらぬまま
ここに到達した。そして気の遠くなる時間を始祖と共に過ごしす中で
”不戦の契り”を無効化していくことに成功した」

始祖ユミルは王家の血を継ぐものを主人と信じ従う
意思のない奴隷だという。

ジーク
「始祖の力は俺が手にした
君は鍵に過ぎなかったんだよ エレン」

「お前の本音を聞くまで待っていてよかった…
やはり…あの父親に洗脳さてしまっている」

ジークが人差し指を動かすと
エレンの両手が鎖で繋がれてしまった。

そして、ジークは父親、グリシャの過去をエレンに見せる。

まだ赤ちゃんでハイハイをしているエレンを抱き上げる
父と母の姿が見える。

ジーク
「お前がわかるまで見せてやる
 グリシャ・イェーガーがいかにして息子を洗脳し
 お前に民族主義を植えつけたのか」

そしてグリシャが壁の権力者と話している記憶にたどり着く。

 

ジーク
「見ろエレン これが奴の正体だ」
「医者の肩書きを利用して壁の権力者に
擦り寄り出したぞ」

「壁の王を追求し始祖の巨人を奪うためだ」
「当然しくじれば妻も息子もタダじゃ済まない」
「だがその危険を冒し続ける なぜだかわかるか?」

エレン
「このクソ親父はエルディア復権のためなら
妻子をクソ溜めに捨てるようなクソ野郎だからだ」
「幻滅した オレは間違ってた 生まれるべきじゃなかった」
「洗脳が解けたよ」

そして、次々と過去が進んでいき
父が壁の王の根城を突き止めていた場面へ。

エレン
「…こんなに早く突き止めていたなんて」

ジーク
「ここは何だ?」

エレン
「壁の王の根城だよ」

ジーク
「そんな筈はない…グリシャが始祖を奪ったのは
壁が破壊された日のはず まだ何年も先だ」

しかし、グリシャはそこに入らず、家族の元へ戻った。

ジーク
「なるほど…二人目の息子は愛されていたらしい
 復権派の使命を中断するぐらいに」
「俺とはまるで大違いだな さすがに”前回”の
 失敗を踏まえているようだ」

「だが実際お前は父親の都合通りに動いている
 本来のお前ではなくなった それはいずれわかる」

そこで、突然グリシャが寝言を言う。

グリシャ
「ジーク…ごめんな…」

その声に驚いた様子のジークは、グリシャの方を見る。

そして、目を覚ましたグリシャはジークの方を見た。

グリシャ
「…ジーク? ジーク…そこに… いるのか?」

3人とも驚いた表情になるが、ハッと我に帰るグリシャ。

グリシャ
「バカか…ジークがあんな髭面おじさんなわけないだろ?
 ただの…夢だ…」

グリシャの前にたたずみ、呆然とするジーク。

ジーク
「…これは…?」

エレン
「次だ 次の記憶だ ジーク」

 

ー おわり ー

「進撃の巨人【120話/刹那】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「進撃の巨人【120話/刹那】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「進撃の巨人【120話/刹那】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「進撃の巨人【120話/刹那】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「進撃の巨人【120話/刹那】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「進撃の巨人【120話/刹那】」最新話の感想まとめ

首が飛んだエレンはどうやら本物で
本当に死んでしまったようです。

異空間に飛んだ時、あの世かと思いましたw

エレンはジークを裏切りましたが
事実上、ジークが始祖を支配してしまっていました。

エレンが裏切るのを読んでいたとは。ジークやるな。笑

ジークがエレンが受けた父親の洗脳を解いてやると
エレンの過去に二人で飛びます。
もう、やってることは人間離れしすぎです。

ここで、父親がいかにクソ野郎だったかを検証します。

妻と子供の命が危険な目に合うかもしれないのに
壁の権力者に言い寄る父。

これを見てエレンは絶望したよ、洗脳が解けた。
親父はクソ野郎だ と言いますが、もうどこまでが
本音なのかわかりません。笑

しかし、エレンや家族を大事にする姿も垣間見え、
自分の時とは大違いだなと少し嫉妬気味なジーク。

父親のクソさをエレンに知らしめる為に見ていた過去なのに
父親のジークに対しての愛情も少し見えてしまいます。

それを目前に、動揺が隠せないジーク。
そのジークをせかすように、次の過去に行こうと言うエレン。

なんだか立場が逆転しそうな、エレンは全てを知っていたかのような
終わり方でした。

次はどのような過去に行き、どのような展開になるのか。
ジーク自身の考えが変わってしまう可能性があるような
描写に思えました。