PとJK

「PとJK」【第54.5話/わたしにできること】あらすじネタバレ

PとJK【54.5話/わたしにできること】あらすじネタバレ!

 

2019年5月13日発売の「別冊フレンド2019年6月号」に掲載されている
PとJK【54.5話/わたしにできること】のネタバレあらすじを
チェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

ちょっと待って!!

ネタバレの前に…

「文章ではなく、漫画でちゃんと読みたい!」

と言う方は、以下のリンクから読むことができます↓

⇒「PとJK【54.5話/わたしにできること】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

〜前回のあらすじ〜

ちい先生が、近隣住民から嫌がらせを受け退所するということを聞いたカコ。

施設に駆けつけると、壁には大きな字で
「人殺しは出ていけ」と落書きがされていた…

こんなことをする人は許せないと激怒するカコ。

しかし、「僕にも許せないものがある」と冷静にカコに告げ
立ち去ろうとするちい先生だったが…

それでは「PとJK【54.5話/わたしにできること】」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「PとJK【54.5話/わたしにできること】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「PとJK【54.5話/わたしにできること】」あらすじネタバレ

ちい先生「僕にも許せないものがある」

カコ「…それは いつまでですか…? …一生…
   一生 自分を許せないままなんですか…」

ちい先生「…わかりません でもこれは 君がどうにかできるものじゃないから」
    「人を救おうだなんて 誇大にすぎるよ」

落ち込み、下を向くカコ。

と、その時!

ガクンッ   「!?」

急に後ろからヒザカックンをしてきた唯P!笑

唯P「ヒザカックンイェーーー」

カコ「ゆ…唯P…いつのまに…」

唯P「泣きそうな顔してんじゃねーよ」
「だから来んなって言ったのに バカ女」

   「あんたリンちゃんって覚えてる?」

カコ「えっ?もちろん…このまえ折り紙くれた子…」

唯P「最近めっちゃ折り紙折ってるよ あんたが来たら渡すって」

カコ「……」

唯P「早く立ちなよ」
  「あんたを待ってる人はちゃんといるんだからね」

唯Pの言葉を聞き、励まされるカコ。

カコ「わたしには知識も経験もない できることなんてほとんどない」
  「だからって 捨てなきゃいけないわけじゃない」
  「できることをやるんだ それでたとえ後悔しても」
  「それごと受け入れる覚悟をもって」

功太の元へ

功太の元へ来たカコ。
よそよそしい態度を取る功太を前に、カコは話し出す。

カコ「…わたし ボランティア続ける。今日ね…ちい先…」

功太「わかった …それ言いにわざわざ来たの?」

カコの話をさえぎり、ため息をつきながら功太はそう言った。

カコ「わざわざって…わ、わたしにとっては結構大きな決断で…」

功太「うんわかってる ごめん言い方が悪かった
   君があそこを続けるのはわかったし もうなにも言わないから
   だからもうこの話はやめよう …もう やめてほしい…」

功太を抱き寄せるカコ。

カコ「…功太くん お願い… ちゃんと言って 今の感情とか…
   思ってることとか… わたしちゃんと受け止めるから」

功太「ボランティアもやめられないのに?」

悲しそうな顔をするカコ。

功太「ごめん なにも言わないんだった
   大丈夫だよこんなもん なんか別のことに没頭してりゃ
   すぐに落ち着く まえだって多分そうだったんだから」

   「君が心配する必要はない」

カコ「……わたしが…できることはないって こと…?」

落ち込むカコを見た功太は、カコの耳を優しく掴む。

功太「…じゃあ 俺のものになれる?」

 

ーおわりー

「PとJK【54.5話/わたしにできること】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「PとJK【54.5話/わたしにできること】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「PとJK【54.5話/わたしにできること】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「PとJK【54.5話/わたしにできること】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「PとJK【54.5話/わたしにできること】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「PとJK【54.5話/わたしにできること】」の感想まとめ

ついに二人がそういう関係になってしまうのか!?

よそよそしい態度をしていた功太から、最後はまさかの言葉でした。
カコは功太に対して、どのような返事をするのでしょうか。

カコは、ボランィテアや受験の両立など
進路進学で大変な時期でもあります。

二人の次の展開から目が離せません!!

 

冒頭で言っていた
ちい先生の「許せいなもの」とは何か気になりますね。

もう少しちい先生の本音を聞いてみたいのですが
今回は真相はハッキリしませんでした。

後々明らかになってくることでしょう!笑

次回が楽しみですね!