俺様ティーチャー

俺様ティーチャー【164話】最新話あらすじネタバレ!

2019年9月5日発売の「花とゆめ」に掲載されている俺様ティーチャー【164話】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

学園祭に他校や外部の不良を送り込んで乱闘騒ぎを起こし、
不良校のイメージを再度植え付けようとしていた黒幕は真木だった。

東高との抗争中に巻き込まれて妹の死に際に間に合わなかったことを恨みに思い、元東高番長の鷹臣に復讐しようしていたのだ。

しかし、鷹臣と真冬の言葉で我に返った真木は、
妹のことを思い出して和解した。

⇒「俺様ティーチャー【164話】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

真木の一件が無事に解決して、ほっとした真冬は
文化祭の閉会式で藤子の姿を見てまだ問題が残っていたことに気がつく。

しかし、藤子に壇上で「来年は学校がないかもしれない」と演説されてしまう。

今まで動きがなかった藤子の奇襲に焦る真冬。
そこに現れたのは、前生徒会長で藤子の兄でもある雅だった。

そして、真冬のクラスの出し物である劇を
再現しようとする。

それでは「俺様ティーチャー【164話】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「俺様ティーチャー【164話】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「俺様ティーチャー【164話】」あらすじネタバレ

劇再演の目的

真冬はスポットライトを当てながら、
劇のナレーションをする。

すると、主人公のミドリ役の女生徒が壇上に上がってきて劇を始めた。
番長役の早坂も、台詞を言いながら不良役の生徒達を従えて、壇上に向かう。

真冬のもとにも、スポットライト担当の生徒が来ていた。
そして、学園の中で実際に起きたことや、実在の有名な生徒を演じる内輪ネタの劇であるため、
外部の人も多くいた学園祭中の舞台よりも、在校生しかいない今の方が盛り上がっていると話す。

雅が本人役として参加していることで新たな舞台になり、
一度舞台を見た生徒も楽しんでいる。
由井は雅の登場に、感涙していた。

最後の公演が中止になっていたが、
閉会式で再演することができて楽しそうにしているクラスメイト達。

藤子の暴走を止めるために始めた劇だったが、
高校最後の文化祭を仲間とやり切る事ができた嬉しさを感じて、真冬は目に涙を溜める。
そんな真冬や生徒たちを見て、笑顔を見せる雅だった。

藤子の反撃

藤子の演説内容から気をそらすことに成功し、
舞台は佳境へと進んでいた。

舞台袖では、生徒会メンバーである北条と雪岡が、藤子を押さえ込んでいる。
藤子は、劇が終わったら「最後の学園祭にふさわしい劇だったわ」と言って
話を元に戻すつもりのようだ。

必死で止めている二人を振り払って、舞台に向かう藤子。
しかし、藤子が姿を見せた瞬間、すかさず真冬のナレーションが入る。

この劇は、3年1組の舞台が中止になったことを気遣って、藤子がサプライズで、もう1度公演するチャンスを作ってくれたと話す。

会場は盛大な拍手に包まれ、いくら藤子が「学校がなくなる」と言ったところで、誰も信じない雰囲気になる。
作戦が失敗に終わり、ショックを受けた藤子はその場から走り去ってしまう。
雅は「妹はあぁ見えて照れ屋なんだ」とフォローした。

そして、藤子を追いかけていく真冬の姿を見て、
「今は彼女の方が良いのかもしれないね」と、真冬に任せることにした。
「雅様、何かおっしゃいました?」と尋ねる由井に


「僕のヒーローは足が速いねと言ったのさ」

と、清々しい表情を見せた。

藤子と雅の本音

屋上まで藤子を追ってきた、夏男の姿の真冬。
泣きそうになる藤子をあやそうとするが、
イラつかせてしまい殴られる。

そして、カツラがずれてしまったことで、正体が真冬だとバレてしまった。

藤子は、兄と母が「理事長が賭けに勝ったら、離婚はしない」
大事なことを賭けで決めようとしたことにショックを受けたと言う。
賭けを潰すために、緑が丘に入学していたのだ。

真冬は雅のことを思い出しながら、
違和感を感じていた。

そして、雅のことをピータパンみたい」だと話していた鷹臣の言葉を思い出し、雅の真意に気がついた。

真冬
「あの人は、大切な人を守るため、物事の全てを先送りにするんです」

雅にとっては両親の離婚はどうでもいいことだが、
離婚すると藤子の兄ではなくなってしまう。
離婚が先伸ばしになるために、賭けを持ちかけた。

東京の高校へ進学するという藤子のためだけに、
東京の大学に進学していた。

真冬
「多分あの人は、藤子様とずっと一緒にいようと思ってたはずです」

その話を聞いた藤子は、
兄が自分のことを想ってくれていた事に気がつく。

藤子
「私……。兄弟じゃなくなったら、兄さんはどこかに行ってしまうって、ずっと思って…」

泣き崩れる藤子のもとに、雅が現れる。
困ったような照れたような表情の雅に、思わず抱きつく藤子。

藤子を受け止めながらお礼を言う雅に、
真冬は安心したように息を吐く。

真冬
「言葉の足りないところとか、本当によく似た兄妹ですよ」

おわり

「俺様ティーチャー【164話】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「俺様ティーチャー【164話】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「俺様ティーチャー【164話】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「俺様ティーチャー【164話】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「俺様ティーチャー【164話】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「俺様ティーチャー【164話】」最新話の感想まとめ

劇を始めて、藤子の話から気をそらすことに成功することは予測していました。
しかし、劇が中止になり消化不良だった3年1組の生徒たちが、楽しんで劇をすることができたのは一石二鳥でしたね。
そんなプラスの効果まであるなんて、素晴らしい作戦です。
さすが華房雅!!

登場したばかりの時は、胡散臭い笑顔だと思っていました。
周りのみんなの幸せを一心に考えていると分かった今は、雅の笑顔は物事がうまくいっている証拠だと思い、安心するようになりました。

今回も優しい笑顔が、いっぱいでしたね。

問題が解決して、素直になった藤子が可愛すぎるので、
次回はキャラが変わっているかもしれません!
「そんな性格でしたっけ?」と言われていそうな気がします。

これで一段落したので、次回からは新たなストーリーが描かれそうですね。