LaLa

夏目友人帳【101話/眠る依代の里其の二】最新話あらすじネタバレ!

2019年7月24日発売の「LaLa 2019年9月号」に掲載されている夏目友人帳【101話/眠る依代の里其の二】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

⇒「夏目友人帳【101話/眠る依代の里其の二】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

幼き頃から妖怪を見ることが出来たため忌み嫌われていた夏目貴志(なつめたかし)は、優しい叔父の家で暮らしていた。

そこで祖母レイコの「友人帳」を見つけ受け継ぐと、それを狙っていたニャンコ先生に出会う。そして、夏目は友人帳に名を縛られた妖たちに名前を返す日々を送っていた。

妖たちと心を通じていく中で、人間の友人も出来、レイコの生い立ちを知っていく中で自分の道を少しずつ見つけ出して行く夏目。

妖たちとの出会いが夏目の世界に優しく彩っていく…。

前回のあらすじ

ニャンコ先生が白霞焼(はっかやき)になってしまったのでは?と思った夏目は、白霞の里の灯邑(ほむら)へ向かう。

そして、焼き場で声をかけられるも危険な雰囲気に気づき、急いでその場を後にする。そこで、ニャンコ先生と再会。ニャンコ先生は、夏目の鞄の中に入っていたという。

そして、ニャンコ先生との再会も束の間、黒い人影に襲われる夏目。それを助けたのは的場だった。

それでは「夏目友人帳【101話/眠る依代の里其の二】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「夏目友人帳【101話/眠る依代の里其の二】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「夏目友人帳【101話/眠る依代の里其の二】」あらすじネタバレ

夏目「的場さん!?なんでこんな所に…」

的場「助けに来たんですよ」

ニャンコ先生が「来るぞ」と言った瞬間、黒い人影は夏目へ向かってくる。それを無数の紙人形が向かっていく。

夏目「紙人形!?」

名取「よかった。無事か。この隙にこっちへ」

今度夏目を助けたのは、名取だった。名取は夏目に「どうしてここにいるのか?」と問うと、夏目は「謎の家出をしたニャンコ先生を探しに…」と答える。

しかし、それを「夏目の超ウルトラ級の勘違いだ」と激怒するニャンコ先生。そして、的場というと会食中にも関わらず、夏目の危機だと名取に首根っこ掴まれて連れてこられたのだという。

名取の式「この里を包む結界がすでに張られています」

夏目を襲った男は、里中を歩き回り何か物色をしていた。そして、厄介なことに彼はすでに里の周りに結界を張り彼の「狩り場」になっているという。

ニャンコ先生「何か匂わないか?」

柊「悪い匂いではないのですがあまりあちらへ行きたくないような…」

的場「ならば行ってみましょうか。妖が近付きたくないと感じる場所ならあの木隅共寄ってこないかもしれませんよ」

名取「焼物の里という名の裏で、この灯邑は昔術具としての特殊な陶器も焼いていたんだよ」

そこには、一件の建物があった。近付きたくないと言っていたニャンコ先生たちだったが、建物へ入ってしまえば何ともないという。名取はこの灯邑の里は祓い屋と関り深い里だったと告げる。そして、白霞焼には不思議な力が宿りやすく「幻の術具」と言われていた。しかし、それを焼ける職人も絶えていったという。ただ、そうゆう歴史を持っている故に、未だに里に近づいてくる輩もいるというのだ。

名取「—君の会ったその男の名は伴(ばん)業界でも悪名高い、ある女性コレクターに仕える術師だよ」

そして、その伴は偶然とびきりの術具に会ってしまったという。

的場「君が持っていた。その猫の器にね」

『それも欲しいな』

夏目「ありがとうございます……」

名取と的場たちに助けに感謝する夏目。

一方名取の式たちは、伴の結界に悪戦苦闘していた。そして同時に「――気味の悪い里だ」と言う。カラッポの土地のはずなのに、何かザワめくものを感じるらしい。

夏目「…怖くないのかな」

夏目は、さみしくはないのだろうか?とこの里に残る一人の職人に想い馳せる。その職人の無事を確認し一安心する夏目。

そして、名取に的場や伴に友人帳のことは気取られないようにと忠告される。

名取「友人帳は…重いかい?」

夏目「はい。宝モノなので」

一時的に離れていた的場とも合流する夏目たち。的場はすぐに異変に気づく。

的場「何です?その猫」

すると、草陰から当の本人ニャンコ先生が現れる。ニャンコ先生が現れると夏目が抱きしめているニャンコ先生は、逃げて行った。それを「追え」と指示するニャンコ先生。

追いかけると偽物は1匹どころではなく、背中がかけているものも含め、天井裏にたくさんいた。

目を覚ました職人は、自分もあずかり知らぬ昔に招き猫型をした強力な術具を焼いていたことを話し始めた。しかし、だいぶ昔に蔵が崩れてひとつも残らなかったという。

夏目は、以前あった黒ニャンコの器もこのニャンコ先生の招き猫の体もたぶんここで焼かれたものだと感じ取った。そして、伴の言葉の違和感に気づく。

『それ”も”欲しいな』

的場「――なるほど。伴はどうやら全部欲しているようですね。この里に隠れている猫全部を――」

ずるっ…夏目たちは何か物音に気づくと職人の戸室がいないことに気づく。そして…

おわり

「夏目友人帳【101話/眠る依代の里其の二】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「夏目友人帳【101話/眠る依代の里其の二】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「夏目友人帳【101話/眠る依代の里其の二】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「夏目友人帳【101話/眠る依代の里其の二】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「夏目友人帳【101話/眠る依代の里其の二】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「夏目友人帳【101話/眠る依代の里其の二】」最新話の感想まとめ

今号の夏目友人帳は40ページ!!熱かったですね!!

名取さんに的場さんの二人なんて…豪華です。つづきは11月号(9月24日)まで休載の様です。2ヶ月の我慢ですね。

それにしても、今号…ニャンコ先生大戦争(笑)ニャンコ先生、ニャンコ先生、ニャンコ先生!!ここがニャンコ先生の器が生まれた所なんですね。

今回問題になっている男は下っ端とか怖いです…。これ以上に「コレクター」という主がいるわけですもんね。今後、話に大きく関わってくるんでしょうね。狙われたニャンコ先生。

そして、衝撃のラスト…え、職人さん大丈夫ですか!?これは死亡フラグですか!?これで、2ヶ月待ちは気になりすぎます!!しかも、名取さんの式の一体まで…!一体何が起きているのか…!!?次号が今から楽しみですね。