七つの大罪

七つの大罪【第310話 / さよなら〈七つの大罪〉】あらすじネタバレ!

2019年5月15日発売の「週刊少年マガジン2019年24号」に掲載されている七つの大罪【第310話 / さよなら〈七つの大罪〉】のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

平和が訪れたリオネス王国だったが
一つだけ気がかりが・・・

それは、メリオダスが現世に留まることが出来なくなることだった。
そして、その事に感づいた七つの大罪たちは
直接メリオダスに確認をしたのだった

⇒「七つの大罪【第310話 / さよなら〈七つの大罪〉】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

魔界に行くことになるメリオダスは
エリザベスにはその事を言えずにいた。

しかし、メリオダスを国王にする発表をした夜
メリオダスと共に魔界に行く事を宣言したエリザベスだった!

それでは「七つの大罪【第310話 / さよなら〈七つの大罪〉】」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「七つの大罪【第310話 / さよなら〈七つの大罪〉】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「七つの大罪【第310話 / さよなら〈七つの大罪〉】」あらすじネタバレ

雪降りそして雷も鳴るおかしな天気のリオネス王国で
エリザベスはカバン1個で魔界に行く準備をしていた

「エ・・・ エリザベス 本当にこんな鞄一つで行くつもりなの?」

と心配するエレインに、これから魔界で暮らすので
必要なものは魔界で間に合わせると頼もしい事を言うエリザベスに
不安や恐怖は無いの?と聞くと

「呪いが解けた今 エリザベスとしての最後の人生を
メリオダスと一緒に過ごせるんだもの」

と明るく微笑むのでした。

「身の回りの全ての人と別れるのは寂しいけど・・・それ以上にーー」

と言いかけた時、エレインはエリザベスの言葉を止めて

「あなたがこうする道を選択したことにホッとしてる
・・・エリザベスと別れるのは正直寂しいけど・・・
私たちが友達であることに変わりはないわ」

とお互いに微笑むのでした。

 

〈豚の帽子亭〉で七つの大罪が集まって飲んでいた時
ディアンヌが何度も魔界の事をマーリンに聞いていた。

危険な生物がさまよう穢れに汚染された国で
とても普通の人間が暮らせる所ではなかった。

そして、メリオダスはあの時を思い出していた・・・

「オ・・・オレと魔界に行く!?
お前は人間だそ? ダメだ!! 行けば必ず後悔するぞ!!

と言うメリオダスに対し

「もう私は決めたの」

と、しっかりと未来を見つめた目をして答えていた。

「ねえ・・・ 団長こそこの世界になんの未練もないの?」

とキングが聞くとバンを見上げながら

「オレの子供とバンの子供で喧嘩でもさせてみたかったかな」

と答えると、キングとディアンヌが同時に

「ボクの(オイラの)子供は!!?」

と2人で抗議した。

「他にも山ほど未練はあるさ・・・」

と一時的に止まった魔神族と四種族の争いや
多くの犠牲を出したアーサーの件・・・

そして何よりも自分とエリザベスの呪いを解くことだけで必死になっていたこと
そしてたった1人の弟を二度も見殺しにしてしまったこと

「・・・オレには魔界がふさわしい」

と言うメリオダスの言葉にメンバー全員が否定するのでした。

「お前らがいてくれたから 今のオレが在るんだ ・・・ありがとう」

と言ったあとにメリオダスが言った

「〈七つの大罪〉は今日をもって 解散する」 と

 

そして旅立ちの日を迎えた

「エリザベス〜〜〜!!! 必ず・・・ 必ず幸せに鳴るんじゃぞ〜〜〜!?」

と大泣きするバルトラ国王

そして、ホークは「一緒に来るか?」と聞くメリオダスに
自分は煉獄に行って兄ちゃんのお墓を作ると言って別れることになった。

ディアンヌは先日エリザベスに冷たいと行った事を気にしていたが
ようやく謝ることができた。

こころよく許してくれたエリザベスは

「キング様とずっと仲良くね・・・?」

と言葉を残し歩き出した

(さようなら・・・ もう私は後ろを振り返らない それが私の覚悟だから)

(私は今までのこと 自分で決めたこと 何一つ後悔していない
だから前だけ向いて歩いていくの メリオダスと一緒に)

と一足先に魔界への入り口に向かって行った。

メリオダスも手をあげて

「じゃあな みんな!!」

と言った瞬間

グシャ

っと空から巨大な岩がエリザベスの上に落ちてきた

「・・・・」

言葉を失うみんな・・・・

余韻のように瓦礫が落ちる音だけが鳴り響いていた・・・・

「な・・・ん ・・・っ」と呆然とするメリオダスだったが

我に帰り、目の前の惨劇に叫んだ

「エリザベーーーーーース!!」

まだ、呪いは続く。

 

おわり

「七つの大罪【第310話 / さよなら〈七つの大罪〉】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「七つの大罪【第310話 / さよなら〈七つの大罪〉】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「七つの大罪【第310話 / さよなら〈七つの大罪〉】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「七つの大罪【第310話 / さよなら〈七つの大罪〉】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「七つの大罪【第310話 / さよなら〈七つの大罪〉】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「七つの大罪【第310話 / さよなら〈七つの大罪〉】」の感想まとめ

魔界へ行く事を決めたエリザベスだったが
すでに認められていましたね〜

バルトラ国王がゴネると思いましたが・・・

全ての人が受け入れ、祝福をして送り出すはずだった
新たな旅立ちでしたが、突然の惨劇・・・

私はてっきりこれで「七つの大罪」が終わると信じ
かなり寂しい思い出今日の内容を読み進めていました。

それが、最後の最後で大逆転。
悪い意味で大逆転でした・・・

エリザベスはどうなってしまったのか!?
新たな戦いが始まるのか!?

全く目が離せません!