七つの大罪

七つの大罪【第308話/エピローグ2】最新話あらすじネタバレ!

2019年4月24日発売の「週刊少年マガジン」2019年21・22号に掲載されている七つの大罪【第308話/エピローグ2】のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

いよいよ魔神王を倒した七つの大罪たち。
平和が戻ったことで歓喜に溢れる新<豚の帽子>亭では
町を挙げての大騒ぎ!

しかし、メリオダスの異変に気付いたバンは
みんなの前から一人去っていくのはいつなのか?と聞くのだった・・・

⇒「七つの大罪【第308話/エピローグ2】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

エリザベスの呪いを解放した代償がメリオダスに襲いかかる
それは、現世から姿を消すこと・・・だった。

それでは「七つの大罪【第308話/エピローグ2】」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「七つの大罪【第308話/エピローグ2】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「七つの大罪【第308話/エピローグ2】」あらすじネタバレ

北の大地では大気が荒れ狂い

南の森では大地が裂け
その奥底でたぎる怒りに木々が悲鳴を上げている

そして西では・・・ いや西の東も
まるで何かに反応するかのように荒れ狂っていた。

バンとエレインは一緒にベットで寝ていたが
心配そうにバンに聞くのだった

「ねえ バン・・・ 本当なの?

・・メリオダスがこの世界からいなくなるって」

バンは「・・・ああ」と判事をした後
エリザベスを救うために魔神王になったことが原因で
この世界がメリオダスを排除しようとしていると語った。

そして、それは止めることが出来ないことでもあった・・・

その事を聞いたエレインは
突然愛する人を失うエリザベスの気持ちを思い
自然と涙が流れ落ちるのだった・・・

 

翌日、豚の帽子亭にみんなが集まってきた!
今日は、豚の帽子亭の仕入れの日。

七つの大罪全員が揃って、みんなハリキっていた。
しかし、メリオダスの事を知っているエレインは
素直に楽しむことができなかった。

ミードの畑では、ギルサンダーがこき使われていたが
そこにメリオダス達が現れ、ミードは駆け寄ってこう言った

「不味い飯を作る、村の恩人の兄ちゃん!!」

「不味い飯とは失敬だね〜」と言いながらメリオダスは苦笑い・・・

村の人は、エールの仕入れと知って分けてくれた

そこで仲の良いメリオダスとエリザベスを見たミードは
結婚はいつなのかを冷やかした

エリザベスは「クスッ」っと笑い

「ミードちゃんが結婚するよりは早いかもね・・?」

周りを驚かせた・・・が

メリオダスやバン、エレインは何も言えなかった

 

食器も新調して、後は食材をタダで調達することに!

女性陣はお茶の準備で待機することになった。

メリオダスは大きなフクロウを

バンはカゴいっぱいの魚

エスカノールは追いかけられながらも牛をGET

キングは相変わらずディアンヌとの今後について
台詞の練習をしていた

 

全て調達し、戻る途中みんなで連れションタイム中
スッキリしたと戻ろうとしたメリオダスに

「ま・・・ まだスッキリしてません・・・」とエスカノールが言った

「残尿感か?」と冗談を言うメリオダスに対し

「この全員で<七つの大罪>を続けていけるんですよね・・・?」

と口火を切った。

(口には出さないが全員薄々気付いている)

(だけど必死に気付かないフリをしてるんだ・・・)

(気付いて口に出せば、それが現実になってしまうんじゃないかと・・・)

「団ちょ・・・ お前が考えるほどこいつらは鈍かねーぞ」とバンが言った・・・

 

女性陣は準備を終えてお互いの結婚話になっていた。

ディアンヌはみんなの子供達も
自分たちのように仲良く集まるのかな?と気が早いことを言った

団長の子供はエリザベスに似て可愛いだろうな〜と

エレインが「バン達はまだかしら?」と言っても

ディアンヌは止まらなかった

「エリザベスと結婚ってことは団長は人間の王族になるの?」

「ん〜〜〜〜エリザベスは第三王女だから王様になることはないかな」

「でもでも団長はやっぱり団長か店長が似合ってると・・・思わない?」

「ボクらも気軽に会いに・・・いける・・・もんっ・・・」

と言いながら大粒の涙をこぼしてしまった。

「だか・・・らっ 団長・・・・」

「いなくなったりしない・・・よね?」

そんなディアンヌを見てマーリンが重い口を開いた

「姉々・・・ 実は団長殿のことで話が・・・」

と言いかけた時エリザベスが静かに答えた

「うん  わかってる」

「メリオダスはこの世界から消える ・・・でも大丈夫」 と・・・

エリザベスは全てを知っていたのだ。

そして、覚悟も決めていたのだった

<エピローグ3>につづく

「七つの大罪【第308話/エピローグ2】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

 

「七つの大罪【第308話/エピローグ2】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「七つの大罪【第308話/エピローグ2】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「七つの大罪【第308話/エピローグ2】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「七つの大罪【第308話/エピローグ2】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「七つの大罪【第308話/エピローグ2】」の感想まとめ

魔神王を倒しエリザベスの呪いを解いた代償が
メリオダスのこの政界からの排除とはなんて切ない・・・

全ての平和が訪れて何事もないような日々が訪れている中で
団長との別れを薄々感じている七つの大罪たちは
本人が打ち明けないので何も言えないのが辛いですね

でも言ったところで現実になるだけで言えないのもわかります。

でもエリザベス本人が一番冷静に受け止めているのが
あまりにも切ない・・・

でももしかしたら何か方法があって
エレインのように蘇ることができるのかもしれませんね。