七つの大罪

七つの大罪【第307話/エピローグ1】最新話あらすじネタバレ。

2019年4月10日発売の週刊少年マガジン2019年19号
七つの大罪【第307話/エピローグ1】最新話が掲載されました!

⇒七つの大罪【第307話】を今ずぐ無料で楽しみたい方はこちら

最後の敵、メリダオスに憑依した魔神王を現世・精神で対峙し、
死闘の末に撃破した英雄たちはリオネスへ帰還する!!

それでは七つの大罪【第307話/エピローグ1】
あらすじネタバレをお楽しみください!

注意:ネタバレ記事になります!

七つの大罪【第307話/エピローグ1】は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

七つの大罪【第307話/エピローグ1】あらすじネタバレ

長きにわたり続いた聖戦が、七つの大罪によりついに終結した。

ここはリオネス

「聖戦が終結した たとえそれが今一時的のものだとしてもな」

とバルトラ国王は、度重なる厄災により傷ついた人々を哀れみながらも
王国の復興を誓うのだった

「ん・・・」

リオネス状の一室でギルサンダーが目を覚ますと

「よう ギル! お目覚めか」

と目の前に笑顔のハウザーとグリアモールが立っていた。

掃討部隊が引き上げる途中で、マーガレットを抱えなが倒れているギルサンダーを見つけ
運んでくれたとの事でした。幸い一命をとりとめる事が出来た2人でした。

お城の外では、ヘンドリクセンとドレファスが語り合っていた。

ヘンドリクセンが四大天使長を騙し通したことを指摘し
無理に生き急ぐなと語るドレファス

周りの人たちがいなくなったドレファスは

「・・・とにかく もう愚痴を話せる相手は お前しかいないんだ」

と友情を誓い合っていました。

 

他の街角では・・・ジェリコが着なれない服で歩いていると
ギーラが、デールと手をつなぎながら歩いてきた。

どうやらデールは、ギーラを護る聖騎士になるために
ジェリコから剣術を教わる約束をしたそうで

それを聞いたギーラは”ぎゅぅぅぅ”っとデールをハグするのでした・・・

 

また別の場所では、残飯騎士団隊長のホークが
相変わらずもしゃもしゃくちゃくちゃと残飯を食べています。

そこへ、メリオダスとバンが現れた。

「ホーク やっと見つけたぜ」

しかし、ホークは死ぬほど弱い自分が
聖戦でなんの役にも立たなかったことを悔やんで

「英雄と一緒にいる資格なんてねえんじゃねえかって・・・」

と大粒の涙を流しました。(鼻水も・・・)

が、メリオダスもバンもそうは思っていませんでした。

バン「お前は弱くとも いつだって体を張って 仲間を護ろうとしたろ
・・・誰にでもできることじゃねあよ」

メリオダス「自分が弱いとわかってて 強い奴に立ち向かえる奴こそ
一番勇気があるんだ」

と、ホークを褒め称えました。

強くなくても仲間を守る事ができるホークは
みんなが信頼できる仲間だったのです。

 

そして今日は新<豚の帽子>亭の初オープンの日で
3人もお店に向かいました。

「さてさてさーて」とメリオダスが扉を開けると・・・

そこには満員御礼でにぎわうパーティーが行われていました!

楽しく酒を飲みかわす、ドレファス、ヘンドリクセン。
ギーラにジェリコもいます。そして、可愛らしいウェイトレス姿でお酒を提供するディアンヌに、メリオダスに抱きつくギルサンダー、そしてリオネス王にドーンロアの面々など!

聖戦で関わった面々が一堂に会し、
聖戦が終わったことを祝いに来てくれたのでした。

 

そして、メリオダスとバンは少し休憩をとって
2人だけで夜空を見上げお酒を飲み交わすのでした。

メリオダス「千年ぶりの星空は感慨深いな〜」

バン「ああ・・・悪くねえ」

とひたる二人

バン「この勢いだと酒のストックがなくなっちまいそうだな〜♬」

メリオダス「だな 今度酒の仕入れに行かねーと」

といったメリオダスにバンが

バン「・・・今度っていつだよ」

と突然雰囲気が変わったバンが語りかけました。

 

メリオダス「・・・やっぱ気付かれてたか・・・」

 

バン「もう長くは居られねえんだろ・・・?

・・・いつなんだよ

お前が居なくなっちまう日は」

「永き旅」の終わりが始まる。

 

第308話/エピローグ2に続く

次回は休載で、週刊少年マガジン2019年
21・22合併号に掲載予定です。

七つの大罪【第307話/エピローグ1】は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

 

七つの大罪【第307話/エピローグ1】を無料で読む方法

以上、七つの大罪【第307話/エピローグ1】の
あらすじネタバレを紹介しましたがいかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに週刊少年マガジンを無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで週刊少年マガジン無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

七つの大罪【第307話/エピローグ1】の感想まとめ

いよいよ聖戦が終雪したリオネスの街。

戦いが終わり、それぞれが新たな一歩を踏み出そうとしている中で
メリオダスが居なくなろうとしている事に気づくバン。

聖戦が終わった喜びに包まれた裏で抱え続けた秘密

呪いを解いた代償はメリオダスとの別れだった。

これから始まるエピローグ2は「永き旅」の終わりが始まります。

悲しいですね〜・・・

秘密を隠していたメリオダスのですが、
それに気付いたバンも辛いですよね〜・・・

次号は21・22合併号で新たな旅が始まります。

最速で情報発信しますのでお楽しみに〜!!!