デザート

リビングの松永さん【25話】あらすじネタバレ!

リビングの松永さん【25話】最新話あらすじネタバレ!

 

2019年5月24日発売の「デザート2019年7月号」に掲載されているリビングの松永さん【25話】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

ちょっと待って!!

ネタバレの前に…

「文章ではなく、漫画でちゃんと読みたい!」

と言う方は、以下のリンクから読むことができます↓

⇒「リビングの松永さん【25話】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

ー前回のあらすじー

「凌はどう思ってんの ミーコのこと」
松永さんが凌にそう問いかけたが、その時、小夏から電話が入った。
電話を終えた松永さんに、凌は突き返すように返事をする。

「さっきの話って嫉妬しているからですか?」
「…だとしたら今の松永さんにそんなこと聞く権利はあるんですか?」

美己はまだ眠っていった。

それでは「リビングの松永さん【25話】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「リビングの松永さん【25話】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「リビングの松永さん【25話】」あらすじネタバレ

松永さん「凌はどう思ってんの ミーコのこと」

凌「今の松永さんにそんなこと聞ける権利ってあるんですか」
 「オレは園田さんのことを聞く権利があると思ってます」
 「誰にでも優しいのってどうなんですか」

松永さんは、一瞬不意を突かれたような表情をしますが
すぐに眉間にシワを寄せて言い返します。

松永さん「別にそんなんじゃねぇよ」

その表情と言葉に、凌は「はっ」とし、松永さんに謝ります。

凌「……すみません…」
 「違うんです…ごめんないさい 全部忘れてください」

謝る凌の顔を見て、松永さんも「はっ」と気づきます。

松永さん「あ、いや なんだよいいって やめろよ」

恥ずかしそうに、肘で凌をつつく松永さん。

松永さん「オレもおせっかいなとこあるしさ
     なんかこれからもあったら言ってくれよな?」

「そろそろ起こしてやって」と言いながら
松永さんはその場を立ち去ります。

ホッとしたような表情をする凌。
そこで美己がやっと起きます。

美己 ガバッ「あれ!?」

凌「…寝てたよ」

美己「うそ!ごめんなさい」

一人になった松永さんは何やら悩ましげな表情だった。

テスト勉強のお礼

テスト四日目を終えた美己。
いつもよりできた気がする。北条さんのおかげだなと感謝する美己。

帰宅すると、リビングにこたつが!
今夜は朝子さんの提案で、こたつで鍋パーティーをすることに!

美己と凌は材料の買い出しへ。

美己「勉強教えてくれてありがとうございました」
  「思ったより答えられたんですよ!ちょっとできたと思います!」
  「あ……せっかく教えてもらったのにちょっととかのレベルですみません…」

申し訳なさそうにお礼を言う美己。
すると、凌は照れた表情で首を横に振り

凌「よかった 嬉しい」
 「園田さんが頑張ってたから 俺も頑張ってほしいって思えたんだ」
 「これからもいろいろ応援する 園田さんの全部」

……あと…松永さんに告白とかしないの?

美己「え! し、しないですよ なんでですか」
  (っぽいのはしたことあったけど)

焦る美己!笑

凌「松永さんには豪速と直球で投げないと一生伝わらない気がする」

美己「…確かにそんな気はしますけど無理です 無理
   もしダメならまわりにも迷惑かけちゃうし」

凌「…気まずいだろうね」

美己「どうしたんですか?急に…」

凌「…なんとなく…」

美己「なんとなく!」

しれっとキムチ鍋の材料探しに戻る凌だった。笑

鍋パーティで手と手が…

帰ってキムチ鍋パーティスタート!
途中で松永さんも帰ってきて話題は新しい入居者が
来るのかという話題に。

朝子「ねーねー来るならみんなどっちがいい?
   男性陣は女の子希望(笑)?出会い的に」

松永さんと凌はお互いの顔を見る。

松永さん・凌「別にどっちでも…」

朝子「健ちゃんなら女の子って言うだろうなー」

松永さん「とりあえず変なヤツじゃなきゃいいよ」

そう言って後ろに両手をついてくつろぐ松永さんの手がたまたま美己の手の上に重なる。

お互い恥ずかしそうな顔をする松永さんと美己。
松永さんは慌てて体を起こす。

松永さん「ワザとじゃねえから!たまたま手がこうチョンって!」

美己「べ、別にいいですって」
(え〜〜〜〜〜〜なんかすっごいオーバーじゃない?)

おばあちゃんの手術

そんな楽しい鍋パーティの中、美己へ母から一本の電話が。

来週の三者面談に行けなくなったとのこと。
理由はおばあちゃんの手術。心配する美己だったが
お母さんは心配するほどのことじゃないと詳しくは教えてくれない。

楽しい鍋パーティが終わり、テーブルの上を掃除する美己。
しかし、携帯が気になるのか落ち着かない様子。

凌「なにかあったの?」

美己「で?どうしたんですか?いきなり
   なんか変なの出てました?」

凌「うん一瞬ボーッとしてたから」

松永さんも洗い物をしながら、二人の会話を
心配そうに聞いていた。

部屋に戻った美己は叔父さんから折り返しの電話が。
おばあちゃんの手術のことは、叔父さんは知らなかった。

しかし、叔父さんと電話をしたあと
やはりおばあちゃんが心配になる美己。

「コンコン」

ドアをノックする音。

松永さんが心配して様子を見にきてくれた。

心配する松永さんに
「ただテスト終わりで疲れただけ」と話す美己。

しかし、またもや携帯のバイブが鳴った。
不安そうに携帯を見る美己。

美己「なんか本当に心配かけてすみません ありがとうございます」

携帯を見ていた美己は振り返り
笑顔で答えるも、松永さんは

松永さん「なあ オレにはそんなカオしなくていいから
「どうした?なんかあったろ」

座り込む松永さん。
美己も座り、真実を話す。

美己「…実は…おばあちゃんが手術することになって…」

松永さん「大丈夫じゃねぇじゃん」

美己「大丈夫って言われて」

松永さん「なに!手術って いつ なんの!」

少し声を荒げて事情を聞く松永さん。
元気のない美己を見て、優しく問いかける。

松永さん「ミーコはどうしたい?オレになんかできるか?」

美己「とりあえずは連絡待ちます 親もバタバタしてるだろうし…
   ……でも もし おばあちゃんが本当に危なかったら……
   会いたい 今すぐにでも会いに行きたい」

おばあちゃんの笑顔を思い出し、涙ぐむ美己。

松永さん「…そっか じゃあそうしよう な?」
    「オレはミーコが誰よりも特別なんだよ
「誰にでも優しいわけじゃねーから」

凌の恋

一方、こたつで暖まる凌と朝子。

朝子「どうしたの?ため息なんて珍しい!」

凌「…いやなんか考えごとっていうか 人って難しいなって」

朝子「好きな子できた!?」

凌「なんでそうなるんですか」

照れる凌。

朝子「だって前に言ってたじゃん 特定の誰かに興味を持ったりできないって
   凌くんが人のことで悩むなんて珍しいよ」
  「それって恋なんじゃないの」

対峙する松永さんと美己。

……気づいちゃった!?

ーおわりー

「リビングの松永さん【25話】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「リビングの松永さん【25話】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「リビングの松永さん【25話】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「リビングの松永さん【25話】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「リビングの松永さん【25話】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「リビングの松永さん【25話】」最新話の感想まとめ

松永さんと凌くんがまさかの気まずい雰囲気に!?
と心配していましたが、お互い謝り、丸く治ってよかったです。

このやり取りのお陰で、松永さんもどこか自分の感情に気づいた
ところがあったのかもしれません。

鍋パーティでも、松永さんがリラックスしようと後ろに手を置いたら
そこにたまたま美己の手があり、手と手が重なる形に。笑

かなり慌てて恥ずかしがる松永さんはキュートでしたねw
そのリアクションにドキドキする美己も可愛らしかったです。

最後はおばあちゃんの手術のくだりから、
「ミーコが誰よりも特別だ 誰にでも優しいわけじゃない」
と話した松永さん。

これってもう告白ですよ!!笑

おばあちゃんのところにどう駆けつけるのでしょうか。

二人の距離が急展開になる予感!凌の恋の行方は??

次回からも目が離せませんね!