クズとケモ耳

クズとケモ耳【12話】最新話あらすじネタバレ!

2019年6月28日発売の「&FLOWER28号」に掲載されているクズとケモ耳【12話】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

いろんな意味でクズだけど、社会の最底辺と言われるミミ付きの少女、メルのことを思って大切にするところ「だけ」は、良い奴?の貴族、九晟。その愛情が、狙われている事にも気づいていないけれど…。

⇒「クズとケモ耳【12話】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

さらわれたメルは、ミミ付きだけを集めた売春宿で、怪しい薬を飲まされて、売られることになってしまいました。無理やりな高額の金を積んでメルを買おうとする男、それは…。

それでは「クズとケモ耳【12話】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「クズとケモ耳【12話】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「クズとケモ耳【12話】」あらすじネタバレ

さらわれたメルは、ミミ付きの少女たちが毎夜、体を売らされる宿で、売りに出されてしまいました。

無理やりな金額で乱暴に買われ、個室で二人きりにされたメル。男は仮面をつけられているので、どんな人なのかわかりませんでした。

個室で、その男に抱きすくめられるメル。男は仮面をつけたまま、メルにキスをしようとします。

メル「待って。顔を見せてっ」

ちっ、舌打ちしながら仮面をはずすその男は…九晟でした!「お前みたいなミミ付きに大金つぎ込めるの、僕くらいだろうが」

すっかり安心して、切なそうにご主人様に抱き付くメル。

九晟「ここから逃げるぞ、メル」九晟はいとこの彰史に、夜更けに落ち合う手はずを取っており、客が寝静まる頃にここを抜け出すつもりでいました。

メルが怪我していないか、無事かどうか確認しようとすると、ミミに見たことのないピアスをつけさせられている事に気づきます。「まさかアイツが—-」そしてメルの様子を見ると、まだ発情期の時期じゃないはずなのに、発情期の匂いをプンプンさせています。

ご主人様に触れられるだけで、ツラそうなメル。「何か薬…飲まされて…」

辛そうなメルを見て、あの中国人、絶対殺す、とつぶやく九晟。

発情期を迎えたミミ付きは、一度イかされないとどんどん熱を発し、つらく苦しい思いをします。いつもの発情期の時のように、メルを満足させるように愛撫する九晟。手や舌で触っていたが、薬のせいなのか、不安な状況の中、ご主人様が来てくれた安堵からなのか、自分から

「お願い…」

と、九晟を招き入れるメル。愛し合う二人。キスをして、つながったまま、後ろからメルを抱きしめる九晟。

メルの髪に触ると、切なそうに「髪は…触らないで—ご主人様が好きな髪じゃないから…」と、悲しそうに言うメル。一瞬悲しそうな、傷ついたような表情をする九晟。

次の瞬間、メルの髪をつかみ、「ブスになった 可愛くない」とメルに言いながら責めます。ごめんなさい…と何度も言うメル、

九晟「また伸ばせよ、僕だけの為に…」

夜更け、九晟はもう服を着て脱出の準備をしていました。メルを起こし、脱出しようとします。見張りをしていた女の頭にピストルを突きつけ、出口の門まで案内させます。

そこには、静蘭が立っていました。強行突破だ、とばかりに、小脇にメルを抱えてピストルを撃ちながら門を出ようとします。

止めようとする手下の女を撃とうとする九晟。そこに止めに入った静蘭。

九晟「こいつ頭おかしいぞ、下っぱを庇うなんて 普通使い捨てだろ!?」

静蘭「その羊をこの門の外に出せば後悔することになる」

その時、静蘭が指笛を鳴らしました。するとどこからか、黒い鳥が飛んできました。見ると、首に、メルと同じピアスの石を付けています。

静蘭「さあ、行け」

門から出て遠くに行こうとした鳥は、空でグエエッと鳴き、頭がつぶれて死んでしまいました…。

静蘭「この石はこの土地でしか採れない特殊なもの 屋敷を離れれば即座に砕け散り猛毒に変わる—–お前はその羊の頭が溶ける姿が見たいのか? 」

頭に血が昇った九晟はとっさに静蘭につかみかかり、殴ります。

九晟「外せ!!今すぐメルのピアスを外せ!!」

殴られても無反応の静蘭、にやりとした表情で条件がある、と言います。

九晟に自分の父を殺してほしい、と言います。そんなのは自分で殺せ、と九晟は言いますが、静蘭は一族の者は殺すことはできないし、一族の長殺しのような大罪は、一族の人間に背負わせることは出来ないといいます。

一族の人間しか信用しないという静蘭だったが、九晟の、メルに対する執着は信用できそうだ、と言います。条件を果たしてくれればピアスを外す、と言います。

メルは、私のことはもういいから、とご主人様を止めようとします。

九晟はピストルの銃口を静蘭に向けたまま「詳しい事情を全部話せ 返事はそれからだ」と言います。

静蘭「あの男がいる限り—-あの子は解放されない 私の黒猫——」

 

 

 

 

 

おわり

「クズとケモ耳【12話】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「クズとケモ耳【12話】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「クズとケモ耳【12話】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りな情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「クズとケモ耳【12話】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「クズとケモ耳【12話】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「クズとケモ耳【12話】」最新話の感想まとめ

九晟様、メルの事を思う気持ちは、強い!最強!

でも、それが、こんな風に悪用されるようになるなんて…。

薬を飲まされて、無理やり発情させられたメル。そりゃー九晟様じゃなくても、辛抱たまらん、とヤっちゃうでしょうね、合意ですし。

唇でのキスや挿入もあんなに嫌がっていたメルなのに、すっかり九晟様に心まで赦してしまったのですね。良かったね、九晟様。

でも、恐ろしい罠がしかけられていたのでした。九晟の愛情(いや、執着)を利用して、自分では殺せない相手を殺させようと…。

静蘭もまた、自分の愛する猫ミミを、自由に愛することが出来ない苦しい立場に居たのでした。

今後の展開予想です。九晟だって、初めは周囲の者からミミ付きメルとの関係をあれこれ言われていました。周囲の者だけでなく、祖父にまで反対されていたのでしたが、なんとか自力で、メルとの関係を周囲に認めさせました。(無理やり?恐怖政治?でも、いいんです、愛がある、はずだから…。)

九晟が一番、静蘭の立場に近い人間だと思うので、静蘭があの猫ミミと晴れて交際できるように、尽力できる唯一の人だと思うのです。静蘭の父を殺す、以外の手段で、ですよ。でも、いかんせん、九晟様、本質的には「クズ」だからなー。出来るんでしょうか?いや、やらないとメルの命は無いし!続きが気になりますね!