別冊フレンド

黒崎くんの言いなりになんてならない【59話/ひとり】最新話あらすじネタバレ!

2019年9月13日発売の「別冊フレンド」に掲載されている黒崎くんの言いなりになんてならない【59話/ひとり】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

夏祭りの事故のせいで、記憶喪失になってしまった由宇。

ずっとそばにいる黒崎のことを初めは怖いと思っていたが、
無愛想な態度の中にある優しさや、時折見せる寂しそうな表情に、心を寄せるようになっていく。

⇒「黒崎くんの言いなりになんてならない【59話/ひとり】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

由宇の実家に二人で行くことになり、両親と仲の良い黒崎に戸惑っていた。

黒崎が由宇のお父さんとランニングに出かけていた隙に、
タクミが由宇を連れ出してしまう。

慌ててバイクで追う黒崎だったが―。

それでは「黒崎くんの言いなりになんてならない【59話/ひとり】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「黒崎くんの言いなりになんてならない【59話/ひとり】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「黒崎くんの言いなりになんてならない【59話/ひとり】」あらすじネタバレ

黒崎とタクミの出会い

11年前。

黒崎の父が開いたホームパーティーに、大勢の人が集まっていた。
父に気づかれないうちに家を出るという兄・桜。
その後ろ姿を、黒崎は何も言わずに見送った

窓から庭を見下ろすと、数人に男の子達が一人を取り囲んでいじめていた。
黒崎は窓から飛び降りて、助けに入る。
その助けた男の子は、タクミだった

帰国したばかりだったためカタコトの日本語で、
「トモ…ダチ、ナリタイ」と言うタクミ。
それが2人の出会いだった。

唯一の味方

黒崎は自分の陰口を言っていたハウスキーパーに反発していた。
父が留守の間に全員辞めてしまうことが続いていたため
「不満があるなら言え」と父に窘められるが、「何も」と答えてしまう。
父は「無駄な時間を使ったな」と、黒崎に背を向けて行ってしまった

兄からも、父からも見放されたと感じていた黒崎の唯一の支えは、
タクミだった。

犬のミシェルと一緒に遊びに来るタクミに、
自分でカレーを作って振舞う黒崎。

カレーを食べてお腹いっぱいになった後、
縁側で昼寝をしている2人。
黒崎は、温かな気持ちになっていた

中学2年生になったとき、
クラスの別れた黒崎に「いつも一緒はやめようよ」と言うタクミ。
唖然とする黒崎だったが、何も言えずにいた。

荒れていく黒崎とは違い、人に囲まれて人気者のタクミ。
黒崎は「絶対ムリして一緒にいたんだよねー」という噂を聞いてしまう。
タクミの存在を遠くに感じて、切なさを隠しきれない。

黒崎
「タクミも離れていくんだな」

心の拠り所

そんな孤独の中にいた黒崎のもとに、
由宇は現れた

土足で踏み込んで来る由宇だったが、
黒崎の内面を理解して、他の人とのつながりを作ってくれた。
そして、ありのままの自分を好きになってくれた。
タクミとも自然に笑い合えるようになった。
家族とのわだかまりも、消えていた。

由宇
「黒崎くんは、独りが似合う人なんかじゃない」

タクミの告白

自分の地元へ由宇を連れてきたタクミ。
「2人でいられて嬉しいよ」という真っ直ぐな言葉に
由宇の顔が赤くなる。

タクミは、黒崎を怒らせるようなことをしてしまったため、
もう一緒にはいられないとこぼす。
タクミが離れていってしまうと黒崎が孤独になってしまうと心配する由宇だったが、
「原因は由宇ちゃんだからっ」と言い放たれてハッとする。

抱き寄せて「由宇ちゃんが好きだから…」と告白するタクミにドキドキする由宇。
しかし、白狐のストラップの音が鳴り、我に返ると

由宇
「黒崎さん、と、つ、きあってる…ので」

と、歯切れが悪いながらも突き放そうとする。

それでも諦めきれないタクミは、
「思い出してないんでしょ?」
「僕を好きになって」
と、いきなり唇を奪おうとした。

おわり

「黒崎くんの言いなりになんてならない【59話/ひとり】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「黒崎くんの言いなりになんてならない【59話/ひとり】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「黒崎くんの言いなりになんてならない【59話/ひとり】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「黒崎くんの言いなりになんてならない【59話/ひとり】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「黒崎くんの言いなりになんてならない【59話/ひとり】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「黒崎くんの言いなりになんてならない【59話/ひとり】」最新話の感想まとめ

黒崎くんの子どもの頃のお話、とても切なかったですね…。
みんなから見放されて、誰からも愛されていないと感じていたのでしょうね。

家事を全部一人でやって生活している黒崎くんを尊敬するタクミ。
「全部ひとりでできれば、他人なんかいなくても平気だろ」と強がる黒崎くんですが、
側にいてくれる人を誰よりも求めていた気持ちが伺えます。

タクミと出会って人の温かさを知って、
由宇と出会って人を好きになることを知ってしまった黒崎くん。

もう、ひとりでも平気だった頃には戻れないんですね。

それを教えてくれた2人が、同時に離れて行こうとしている今、
黒崎くんはどうするのでしょうか?
由宇にキスしようとしているところに、出くわしてしまうのでしょうか?

それで誤解をしてしまったら、以前の黒崎くんよりももっと荒れてしまうような気がします。
荒れてしまった黒崎くんを見て、由宇は何かを思い出すのかもしれません。

でも、今の黒崎くんには由宇の他にも友達がいますから、
険悪な雰囲気にはなっても荒れ放題にはならないかもしれません。
なんてったって、梶くんがいますからね!

今のところ、由宇の記憶が戻る雰囲気が全くないので、とても心配です。
早く記憶が戻って欲しいです。

次回の展開からも、目が離せませんね!