別冊フレンド

黒崎くんの言いなりになんてならない【55話】あらすじネタバレ。

2019年4月13日に別冊フレンド2019年5月号に
黒崎くんの言いなりになんてならない【55話:わたしはだあれ】が掲載されました。

夏祭りの会場で二人になった由宇とタクミ
由宇への気持ちが再燃しはじめてしまったタクミ

そこに現れた、由宇とタクミを二人にする企みをした
氷野と口論になり会場の手すりから落ちてしまうのだった

⇒黒崎くんの言いなりになんてならない【55話】を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

そこにようやく到着した黒崎は
落ちていく由宇と氷野を見ていたが・・・

それでは黒崎くんの言いなりになんてならない【55話】のあらすじネタバレをお楽しみください!

黒崎くんの言いなりになんてならない【55話】は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

黒崎くんの言いなりになんてならない【55話】あらすじネタバレ

祭りの会場でもみ合った拍子に
氷野が押した拍子に手すりから落ちそうに

間一髪で間に合ったタクミは
由宇を守るようにいっしょに落ちていった

救助に向かった黒崎たちは、下が芝生だったことで
大した怪我なく無事だった

(氷野は腕が折れたかも・・・)

無事を確認しあってる時、由宇の異変に気付いた黒崎・・・

黒崎「赤羽? どうした」

由宇「・・・あ あなた 誰・・・ ですか」

黒崎「おい ふざけてるのか」

由宇「・・・? ・・・は なして ください」

なんと記憶が飛んでしまったのでした

病院で・・・

検査の結果、頭部に軽い打撲は見られたが
脳波には異常見当たらなかった。

しかし、二晩様子見で入院したが由宇の記憶は戻らなかった。

由宇の記憶は、中学を卒業するところまで戻ってしまっていた。

「君は春見高校の2年・・・」

「一時的な場合もある・・・」

と先生が説明しているが上の空・・・。

(・・・これって ドッキリじゃないの?)

と、いまだに半信半疑の由宇。

そして、そこに置いてあった
男物っぽい服に着替えようと脱ぎはじめた時

黒崎が病室に入ってきた

周りはイケメン高校生がきてると大騒ぎだったが
着替え中の由宇の部屋を黒崎は出て行こうとはしなかった

やはり男物の洋服が大きかったのか、ブカブカの由宇を見た黒崎は
後ろから袖をまくってきた

「俺のじゃ でかかったか 捲っとけ」

ドキッとする由宇に「出るぞ」といって春美寮に向かった。

春美寮

春美寮に着くと、花束を持ったタクミが迎えてくれた

「由宇ちゃん おかえり」

記憶がない由宇はイケメンばかりで
しかも自分を名前で呼んでもらった事で
訳が分からないけど、ドキドキが止まりません。

「僕は同じクラスの白河タクミ
こっちが寮長の黒崎晴人くん」

と自己紹介

続々と寮生が出てきて由宇の帰りを喜んでいます。

事故の時、いっしょに落ちたタクミにお礼を言う由宇だったが、
タクミは守れなかったからいいよと言った

由宇はこんな人たちと、どんな関係を築いていたのか興味が湧いてきた

「今日はすげー地味っすねー」

と、心配で来てくれた人の一人が何気なく言った言葉で
いじめられていた頃の記憶が蘇っていた・・・

そしてミナも来て普通に話しかけてきた

(こんな場所知らない みんなが見てる・・・)

と思った瞬間、フラッとして倒れてしまった

登校前の口論で

翌朝、大事をとって学校は休むことにした由宇。

一人部屋で今の現実を理解できずにいると
母親から電話がかかってきた。

「黒崎くんは、ちゃんと連絡してくれてるのに」

「黒崎って・・・ あ・・・ 寮長だから?」

と、すっかり忘れてる由宇に母親がちゃっかり曝露します!

「黒崎くんは彼氏なのよ 由宇ちゃんの! 彼氏♡」

と聞いた由宇は、呆然とした。

(高校で 何がどーなって・・・)

そこにナイスタイミングで黒埼が来た

「赤羽 さっさと出てこい 遅刻する」

といつもの様に強い口調で言った

ビビる由宇を見たタクミが黒崎を止めに入った

「やめなって 黒!」

「いつもの由宇ちゃんとは違うんだ」

と言うタクミに

「こいつはこいつだろ」

と態度を変えない黒崎にさらに止めに入るタクミ

だんだん険悪は雰囲気になってきたケンカになりそうになった

と、とっさに由宇が二人の間に割って入って
タクミを守るように前に立った
そして、下を向いたまま

「・・・っ やっ・・・ やめ・・・て くださ・・・」

一瞬顔色が変わった黒崎は、由宇の顎を持ち上げて

「言いたいことがあるなら 目 見て言えよ」

と言った。

そんな黒崎に対して、記憶がない由宇は思わず言ってしまうのでした

「・・・彼氏って あなた・・・みたいな人を

好きになんて なるわけないです」

黒崎の手を取って見つめ合う二人・・・

つづく

黒崎くんの言いなりになんてならない【55話】は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

 

黒崎くんの言いなりになんてならない【55話】を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上黒崎くんの言いなりになんてならない【55話】のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに【別冊フレンド2019年5月号】を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで【別冊フレンド2019年5月号】を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

黒崎くんの言いなりになんてならない【55話】の感想まとめ

ここでいきなり記憶喪失ですか〜・・・

わかっていても由宇への気持ちが
再燃してきたタクミにチャンス到来です

黒崎の攻撃的な態度から守ろうとするタクミ

何も分かっていない状態なら
タクミ側に立ってしまいますよね〜・・ 優しいし

せっかく黒崎といい感じのところで
記憶を失って、全くの免疫がない状態で黒崎節を
受けた由宇の反応は仕方ないかもですが・・・

これから一波乱ありそうで目が離せませんね〜

56話が楽しみです!