この音とまれ!

この音とまれ!【第83話/大事にしてたこと】最新話あらすじネタバレ!

2019年9月4日発売の「ジャンプSQ」に掲載されているこの音とまれ!【第83話/大事にしてたこと】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

十分な練習時間が取れず、難しい楽譜をこなすことが出来ないみっつ。彼の為に、家事を手伝うと言ってくれた部員たちのおかげで、今まで通りに練習できるようになったが、みっつの表情はいまひとつさえない…というのが、前回までの話。なにがあったのでしょうか?ネタバレしていきましょう。

⇒「この音とまれ!【第83話/大事にしてたこと】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

みっつ(通孝)が母の入院のために、十分に練習の時間が取れなくなってしまったこと。それに対して、楽譜を簡単にしてもらえば、と百谷が言ったことで、こじれた二人の関係。なんとか穏やかになったが、こうしていざ二人きりで練習というと、周囲も少し心配に…。

それでは「この音とまれ!【第83話/大事にしてたこと】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「この音とまれ!【第83話/大事にしてたこと】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「この音とまれ!【第83話/大事にしてたこと】」あらすじネタバレ

 

みっつと百谷の二人きりでの練習。二人は何を話すのか…

その日の練習は少人数づつで個室に分かれてやる形式。みっつは百谷と二人になり、周囲は、あんなことがあっただけに、二人だけにすることが少し不安だった。

二人で練習をしていると、お互いが同じタイミングで、「この前」の事について、謝罪の言葉が出ました。みっつは「完全に俺の八つ当たりだった」と謝りました。百谷は自分も言い方が良くなかった、と言います。
百谷「他の先輩が手伝って楽譜変えずにすむことになったんですよね」
その言葉を聞いて、みっつは、みんなが手伝うって言ってくれてすげー嬉しかった、と言います。でも、自分の妹が、兄の友人が自分の家のことをやってくれて、自分だけ受験だからと言って、塾に行ったり勉強するなんて悪くてできないから、手伝ってもらわなくていいよ、と言っていると言います。みっつは、妹が受験のために勉強を頑張っている事を知っているので自分の為に妹にまで負担をかけてしまうのを辛いと思っていて、楽譜を簡単にして、少ない練習時間でも弾けるようにしてもらうことも考えていると言います。こんな話されたって困るよな、と言うみっつ。

そんなみっつに百谷は
「先輩が合宿の時言ってた目標が「一人前の音」だったんで——楽譜を簡単にすれば先輩の目指す音は捨てずにすむと…思ったので」
ほんの少し、合宿のバスの中で話しただけのことを、百谷は覚えていたのでした。みっつ本人も、毎日ずっと持ち歩いて毎日毎日見返していたのに、いつの間にか見失っていたこと…。その百谷の言葉を聞いて、自分の書いた、目標の紙を見返し、涙するみっつ。

みっつの決断。楽譜を作り直してもらう事に

その日、みっつは、顧問の滝浪に、楽譜を作り直してくれるように頼みに言っていました。

結局、筝曲部2年男子の手伝いは遠慮することにし、平日は放課後は、毎日一時間の練習。それと、土日だけは、哲史が「ヒマだから」と手伝いに来てくれることになり、それくらいならみっつの妹、杏も受け入れてくれ、土日は部活をできるようになりました。

その練習時間でみっつが弾ききれるように、楽譜を作り直してもらうように、お願いしに行っていました。

みっつ本人も、すげぇいいパート作ってくれたのに、と先生に対して申し訳ない気持ちで居る事をいうと、滝浪は
「勘違いするな。お前が周りと自分のために考えて考えて——ちゃんと選んだ一つの道だ。誇りを持ってしっかり歩け」と言いました。
その言葉を聞いて、みっつは顔を上げ、希望に満ちた顔で「おお…!」とうなずきました

 

おわり

「この音とまれ!【第83話/大事にしてたこと】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「この音とまれ!【第83話/大事にしてたこと】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「この音とまれ!【第83話/大事にしてたこと】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りな情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「この音とまれ!【第83話/大事にしてたこと】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「この音とまれ!【第83話/大事にしてたこと】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「この音とまれ!【第83話/大事にしてたこと】」最新話の感想まとめ

みっつの妹、杏が、兄に伝えたことは、何だったのか、気になっていましたが、こういう事だったのですね。杏は中学三年生。受験のために、塾に勉強に忙しいので、母が入院した後も、家事は兄に任せていました。でも、兄の部活の友人たちが手伝ってくれるようになり、嬉しくも思っていたが同時に「うちの問題」に兄の友人までまきこんでいることを心苦しく思っていたのですね…。それで、兄に、自分が家事をするので、友人の手伝いは断っていいよ、と言ってくれたのでした。

それはそれで心苦しいみっつ。杏だって自分と同じで要領がいい方じゃないので、受験のためにコツコツがんばっているのに、ここで余計な負担をかけて、今までの努力が無駄になるんじゃないかという不安。妹思いの兄だ!感動しますね…。

百谷は、この前は言い方が悪かった、とみっつに言いました。百谷が言いたかったのは、楽譜を簡単にすることでも、「先輩の目標とすることはできるんじゃないか」と言う事。

(たしかに、楽譜を簡単にする、という言い方が少しアレですよね。音を減らすとか、もう少し言い方を変えていたらみっつも早くに受け入れられたのでは?)

みっつは高校に入るまで、筝に関心なかったにしても、去年も大会に出ているわけですし…。よりによって、後輩に、「さっきから同じところ間違えてる」「楽譜簡単にしてもらえばいいじゃないっすかー」と言われて「はい、そうだね」とはいかないですよねw。

滝浪など周りの指導者が、気づいて、良い感じにソフトに、言ってくれたら、もっと早くから楽譜を簡単にすることを、素直にうけいれていたのではないかな?と思います。

でも、今回の百谷の言い方は、良かったと思います。合宿の時に、たまたま一緒になったバスの中。気まずいなかで、みっつが話したことを覚えていたんだ、と思いました。逆に言うと、このままキャパオーバーのまま、みっつが部活と家事を平行していたら、「一人前の音を出す」ことすら出来ないかもしれないと言う事に気づかせてくれたと思います。

今後の展開予想です。楽譜を書き換えてもらう事でみっつのパートが落ち着いて、曲はどんどん完成に近づいていく、ようになると良いと思います。この一件から、いつも「なんでここにいるのか?」という気がしないでもない?百谷も部内になくてはならない存在である事にみんな気づいたのではないでしょうか?曲の完成に向けて筝曲部みんなで努力する姿を見るのが、楽しみです。続きが気になりますね♪