この音とまれ!

この音とまれ!【第82話/ブルーモーメント】最新話あらすじネタバレ!

2019年8月3日発売の「ジャンプSQ2019年9月号」に掲載されている、この音とまれ!【第82話/ブルーモーメント】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

アニメ化も話題。イケメン俳優が多数出演する舞台も気になるこの音とまれ!

全国大会を目指す時瀬高校筝曲部。新入部員は演奏はうまいが人との距離感をつかみにくい不器用な子たち、どうまとめていくのか、武蔵部長の腕の見せ所ですね。

⇒「この音とまれ!【第82話/ブルーモーメント】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

家庭の事情から、筝の練習の時間が短くなり、周囲との実力の差が目立っていたみっつ。それでも、みっつは、筝曲部の仲間が好きで一緒に演奏をしたい、という思いから少ない時間でも、なんとかこなそうと頑張っていました。そんなみっつに、百谷がパートを簡単に書き換えてもらったら、と提案した事で部内の雰囲気は悪くなってしまい…。

でも、その事で、みんなにとっても、みっつが抱えている困難を、何とかしてあげようと言う意識が生まれ…と、これが前回までのあらすじです。

それでは「この音とまれ!【第82話/ブルーモーメント】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「この音とまれ!【第82話/ブルーモーメント】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「この音とまれ!【第82話/ブルーモーメント】」あらすじネタバレ

「じゃあ俺行くけど…本当にいいのか?家の事任せて —-」と、心配そうに言うみっつ。熱を出した花(みっつの下の妹)の世話を杏(みっつの妹で、花の姉)に任せて学校に行くのでした。杏は
「大丈夫だって、一日くらい。…それより昨日の話みんなにもちゃんと伝えてね」と言います。妹の言葉を聞いて、複雑な表情をするみっつ。

その日、学校に登校した由永は、百谷に話しかけようとしていました。ヘッドホンで何かを聞いているのか由永の声に気づかない百谷。ヘッドホンを外し、何?と聞いてきます。

みっつ先輩の件…他の先輩たちが家の手伝いをすることになったって、伝えておこうと思って、と言うと、そうなんだ、よかったねと言う百谷。百谷は笑っていたけれどなにか突き放されたような気がした由永は、自分が何か間違ったことをしたかと思って今までの自分の行動を思い出します。

(僕…また何か間違えた…?)

職員室にて…

職員室で、滝浪に呼び出された武蔵と妃呂。百谷が、退部届を出したことを二人にだけ先に伝えたようでした。驚く二人…。理由についてはバイトって書いているけど、他に何か言っていなかったと滝浪に聞く妃呂、滝浪も、机にこれが置かれていただけで本人と話してはいないと言います。

「っ…あいつ何考えて」と怒りが顔に出そうになる妃呂、バチっと自分で自分の頬を叩きます。驚く武蔵。カッとなって考え浅くなるから冷静になろうと思って、と言います。妃呂の目から見て、正直百谷の事はよくわからないし、あまり好きでもないけどやるって言ったことはちゃんとやってくれていたと言います。家庭の都合でバイト増やすなら仕方ないけど、この間みっつとの件もあるし…と気にかかっているようでした。
妃呂の言葉を聞いて武蔵は、滝浪に「僕ら3年がもっとちゃんと全員のこと見て考えるべきでした」と伝え、退部届を預からせてもらえるように頼みました。

その後、武蔵は百谷にLINEしたようでした。百谷は、ブロックし忘れた…と言いながら、部長(武蔵)からのLINEを読みました。

昼休み

昼休み、チカたち筝曲部2年男子で、屋上でご飯を食べるみっつ。食欲もないようで、元気がありません。何かまだ気になることでもあんの?とチカに聞かれますが、適当に誤魔化し、その場を離れるみっつ。みっつの頭には、仲間が言ってくれた「俺ら全員で背負えば余裕っしょ!!」という言葉が引っかかっていました。

同じころ、武蔵は、百谷を待っていました。さっきのLINEは呼び出しのために送ったようでした。百谷は「すみません、遅くなって…」と言いながらその場に現れました。来てくれたことにお礼を言う武蔵。百谷も、ちゃんと直接謝った方がいいと思ったと言います。

百谷「すみませんでした。一度全国出るって言って楽譜作ってもらってんのに 無責任っすよね。でもやめるなら早い方が—」

言いかける百谷に、かぶせるように、「本当にバイトが理由なの?」と尋ねる武蔵。にっこりと笑いながら「他に何かあります?」という百谷(ありありだろ!?)
武蔵は冷静に、百谷は、いつも、あまり人に本心を見せないし距離をしっかりと取っていると言います。それが悪いこととも思わないし、それでいいと思っていたと言います。でも、この前の堺君(みっつ)の件のとき、「初めて自分からちゃんと関わろうとしてくれたよね」と、百谷の方を見て、強く言います。百谷はそういわれて驚いていました。武蔵は笑いながら、「もしかして自覚なかった?」と言います。そして、百谷が自分の立場が悪くなること覚悟の上で、自分の意見を言ってくれたこと、そのおかげで、自分たちも、もっとちゃんと考えるキッカケになったとお礼を言います。(部長として、)僕たちがもっとちゃんとしていれば百谷君にあんな風に言わせないですんだのにと謝ります。みんなと意見が違ったり、ぶつかったりしても、それは=距離じゃない、(お互いがお互いの本心が)わからないだけなんだ、と。
武蔵「だから一度ちゃんと話をしてみてほしい。ちゃんと向き合う前に僕たちのこと切り捨てないでほしい」

武蔵の言葉に驚いて、言葉も出ない百谷。
百谷は自分の今までの言動や言葉で、みんなに本心が伝わらず、意見が違うと思われると面倒になって距離を置いてきた事を振り返ります。武蔵は、百谷に退部届をいったん返すね、と渡します。まだ、自分と副部長(妃呂)しか知らないから、少しでも部活に戻りたかったらいつでも来て、待ってるからと言って去りました。

その日の放課後

放課後、部活の時間です。今日は部屋を分かれて、少人数で個人練習をするようです。
武蔵は由永に百谷君って今日はもう帰っちゃった?と聞きます。由永が言うには、百谷は昼休みから教室に戻ってきていないと言います。ガチャっと部室のドアが開きました。「…すみません、遅れました」と、入って来た百谷に、武蔵と妃呂は驚いて顔を見合わせます。

「大丈夫、今始めようとしたとこだから」「モモヤンおっつー☆」などみんなが声をかける中、百谷と目が合ったみっつ。気まずそうにうつむきます。百谷の頭の中には、「分からないだけなんだ」という武蔵の言葉が響いていました。

個人練習のための部屋分けで、なるべく百谷とは別の部屋にしようと和室を選んだみっつ、(昨日の今日で百谷と同じ空間にいるのはキツイ)と考えていました。和室、あと、もう一人…と武蔵が声をかけると挙手した人がいました。…百谷でした。みんな驚いて振り返ります。百谷の中で、何かが変わり始めているようでした。

 

おわり

「この音とまれ!【第82話/ブルーモーメント】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「この音とまれ!【第82話/ブルーモーメント】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「この音とまれ!【第82話/ブルーモーメント】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りな情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「この音とまれ!【第82話/ブルーモーメント】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「この音とまれ!【第82話/ブルーモーメント】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「この音とまれ!【第82話/ブルーモーメント】」最新話の感想まとめ

うーん。意味深でしたね…。体調の悪い花を見るために、杏は学校を休んだのでしょうか?兄として、杏にだけ、世話を見させて、心苦しそうなみっつでした。気になるのは、杏の言う「昨日の話」みんなにも伝えて、と言いますが、いったいどんな事なんでしょうね。

百谷に、みっつ先輩の家の手伝いを他の先輩たちがすることになったって、と伝える由永。百谷は、よかったね、と笑いますが、どこか突き放したような印象。(そりゃそうだ、退部届出したんだもの)由永は、その冷たい笑顔に何か自分は間違った事をしたのか、と後悔します。

でも、退部届は実際は武蔵が預かっていたのでした。武蔵はそれを見て、直接百谷と話そうとLINEするのでした。

昼休みの屋上、筝曲部2年男子たちの中で、元気がないみっつ…きっとみんなに伝えて、と杏に言われたことを言わなくちゃいけなくて気が晴れなかったのでしょうね、結局言い出すことは出来ませんでした。

そして、武蔵はその頃、百谷と二人で話をしていました。武蔵は部長になって、本当に成長したと思います。さすが、こういう良い部長がいるからこそ、この部が上手くいっているんだろうなー。

放課後の部活。百谷が戻ってきたことに、武蔵と妃呂はほっとしていました。そして、個人練習…というか少人数練習ですね。あえて、同じ部屋を選択した百谷。自分の気持ちを三つに伝えようとするのでしょうか?変わっていく百谷、注目ですね!

今後の展開予想です。みっつの妹がみんなに伝えてと言った事、みっつが言いづらそうにしているから、あんまり良い事ではなさそうですよね…。みんなに手伝ってもらうの心苦しいから部活はやめることにした、とかでないと良いけれど。

百谷が、みっつのために発言(楽譜を簡単にしてもらったら?)したせいで居心地が悪くなって退部…部長としてなんとか繋ぎ止められてよかった!ここは落ち着いたとしても問題はみっつの家庭の事情ですよね、お母さんの怪我が早く治ってくれるといいですね。次回の展開が気になって今後もますます目が離せないですね。