キングダム

キングダム【601話/決着の日】あらすじネタバレ!

キングダム【601話/決着の日】最新話あらすじネタバレ!

 

2019年5月30日発売の「週刊ヤングジャンプ2019年25号」に掲載されているキングダム【601話/決着の日】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

と、本記事を読んでネタバレを見る前に…

「文章ではなく、漫画でちゃんと読みたい!」

漫画はもちろん絵で見た方が面白いです!
と言う方は、以下のリンクから読むことができますよ↓

⇒「キングダム【601話/決着の日】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

ー前回のあらすじー
14日目の夜。
秦軍の左翼本陣に突如現れた「武神・龐煖」!
蒙恬のじィは、蒙恬に危険が及ぶと思い、致命傷を受けながらも
なんとか背後から龐煖を攻撃する。

しかし、蒙恬のじィは龐煖に討たれ、小隊は全滅…!!

軍略会議をしていた蒙恬は、ただならぬ気配を感じ
会議を抜け出し、陣に戻ろうとしていた。

飛信隊、玉鳳隊、敵軍はそれぞれ、明日の決戦に向け準備を進めていた…

それでは「キングダム【601話/決着の日】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「キングダム【601話/決着の日】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「キングダム【601話/決着の日】」あらすじネタバレ

ー 咸陽 ー

まだ薄暗い夜明け前の咸陽。
荒野を「報せ」を携え早馬が往く。

昌文君
「壁と楊端和の軍が撩陽を落としたと!?」

伝令
「はい 激戦の末 犬戎軍を破り城を占拠したと!」

昌文君
「だっ 大王様にっ まだ夜更けだが報告を…」


「ここにいる」

昌文君
「! 大王様」

撩陽から吉報が届く中
朱海平原からの報告が一切途切れたことを危惧する政と昌文君。

開戦から十五日。兵糧も尽きてくる頃。
政はゆっくり階段を上がり、玉座に座った。


(信…… 生きてまだ戦っているのだろうな)
(俺は信じてここで待つぞ 不可能と言われた鄴攻めの勝報を そして再び…)
(ここで論功行賞を行い 大勢の前でお前を祝福することを…)

 

ー 撩陽 ー

まだ夜更け…壁が城の外へ出てきた。
そこには楊端和とキタリの姿が。

楊端和
「どうした壁 まだ夜更けだぞ」


「いえ…実は嫌な夢で目が覚めて…
 朱海平原で敗れ…秦軍が…全滅する夢を…」

「ボゴ」 不吉なことを言うなとキタリに殴られる壁。笑



「いだぁ… と、ところで楊端和殿こそなぜこんな暗い中に」

楊端和
「そういう我々も胸騒ぎがしてな 私もキタリも”勘”がきくんだ
 恐らく 今日が決着の日だ

壁「! えっ」

 

ー 朱海平原 秦左翼 ー

陸仙
「ギリギリまで若は眠らせてさしあげろ 憔悴しきっている」
「ん!?わっ若っ!?」

先日の夜、副長のじィを龐煖に討たれたことで
精神的に疲弊している蒙恬を気遣っていた陸仙だったが…
そこには馬にまたがった、蒙恬の姿が!

蒙恬
「陸仙 今日はいつもより全体を前陣にするぞ 攻めに出る」

陸仙
「分かりました 副長の弔い合戦ですね」

蒙恬「違うよ 紀彗軍をこの場に足止めするためだ」

まず、日の出と共に右翼が駆け出し趙左翼を抜く。
抜けたら王翦中央軍も出て、李牧中央軍を挟撃するが
その時に紀彗軍が援軍に出てくれば、好機を逃してしまうかもしれない。

それを阻止すべく、紀彗軍に猛攻を仕掛ける。と陸仙に作戦を伝える蒙恬。

陸仙
「…安心しました 正直 下手をしたら若が立ち直れず
 天幕から出てこないのではと」

蒙恬
「バカを言うな 今日は開戦以来の大一番だろ」
「いつまでも泣いてはいられない じィへの涙は戦いに勝ってからだ」

「陸仙 じィの話は後だ…」

陸仙
「……すみません」

蒙恬
「龐煖の名も口にするなよ 聞けば心が乱れる …今は」
この戦に勝つことだけを考えるんだ

陸仙
「ハ!各隊配置につくぞォ」

 

ー 趙軍右翼 ー

趙軍右翼も、その動きを読んでいた。
秦軍は、こちらが中央軍に援軍を送れぬよう、猛攻を仕掛けてくるだろうと。

「全軍布陣せよ 今日が秦軍の命日だ」

「オオ」

 

ー 秦右翼 飛信隊 ー

「急げーー 日の出と共に出陣するぞ! 走れーー」

決戦の準備をしている中、副長の渕から玉鳳隊の王賁が
復活したとの報せが。

槍は持てないかもしれないが、馬上に王賁がいるだけでも
玉鳳隊の士気が上がる!


「羌瘣 お前の秘薬のおかげだな」

信の問いかけには答えず、羌瘣は考えていた。

羌瘣
(信…恐らく龐煖はお前を狙ってここへ…)

「お前の危機は私が守る」


「!? …… そういうのはやめろ 羌瘣」
「皆で勝つんだ ちゃんと生き残ってな わかったな 羌瘣」

羌瘣
「……了」


「……へっ」

羌瘣は少し、穏やかな表情に。

朱海平原十五日目。
平原の戦いを照らす最後の朝日が
天を朱く染めながら登った

「出るぞォ」

始皇十一年、秦趙連合軍戦。
その命運を大きく握る一日の幕が今、ゆっくりと開く。

ーおわりー

「キングダム【601話/決着の日】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「キングダム【601話/決着の日】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「キングダム【601話/決着の日】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「キングダム【601話/決着の日】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「キングダム【601話/決着の日】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「キングダム【601話/決着の日】」最新話の感想まとめ

決戦早朝。
日の出と共に戦闘開始!
各隊緊迫する中、様々な想い、決意が描かれていましたね。

昨夜の龐煖の奇襲でじィを失った蒙恬のショックは
やはり相当なものだったのでしょう。

それでも、悲しみを押し殺し「今はこの戦いに勝つことだけを」
という蒙恬の姿には感服しました。

亡くなったじィもその姿を見て、喜んでいるでしょう。

咸陽でも、その厳しい戦いに信を心配する政。
玉座に座り、ただ信じて待つことしかできないのも辛いと思います。
勝利を挙げ、信が戻ってきて論功行賞を受ける姿も楽しみですね!

毎回、戦が終わった後の論功行賞のシーンは個人的に見ていて
気持ちがいいので好きです。笑

次回、いよいよ決戦!!
朝日と共に先陣を切るのはどの部隊か。
次号が待ちきれません。早く一週間経ってくれ!!笑