カイジ

カイジ【322話/窓口】最新話あらすじネタバレ!

2019年6月24日発売の「週刊ヤングマガジン」に掲載されているカイジ【322話/窓口】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

⇒「カイジ【322話/窓口】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

― 前回のあらすじ ―
実家からの脱出を果たしたカイジは、チャン・マリオとともに、ワン・ポーカーで手に入れた24億円を預金しようと画策する。

銀行の窓口で怪しまれないよう、「大金を持っていてもおかしくない人柄」をコンセプトに、3人は各々、自分なりのストーリーのもと服を買い集めた。

果たして3人は、無事に預金できるのか・・・!?

それでは「カイジ【322話/窓口】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「カイジ【322話/窓口】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「カイジ【322話/窓口】」あらすじネタバレ

カイジ、マリオ、チャンの3人は、それぞれが1000万を手に、銀行へと向かった。

カイジは富乃銀行、マリオは吉兆銀行、チャンは大神銀行―――
銀行によって対応が異なる可能性を考え、リサーチのために3人は別々の銀行で預金することにした。

「ギャンブル・借金・無心を繰り返しフラフラと生きる男が、父親の遺産を手に入れた」という設定のカイジ。

そんなストーリーを胸に、ダメージハット、ダメージGジャン、ダメージネルシャツ、ダメージジーンズ、そしてダメージスニーカー・・・頭から足元まで、すべてにダメージの入ったボロボロの服を着て、いざ銀行へ!

神妙な面持ちで銀行の自動ドアを通過するカイジ。
ボロボロの身なりが人々の視線を引き付けるが、浮足立つカイジは、周りの空気など察することなく、順番待ちの番号札を発券する。

番号が呼び出されるまでの待ち時間、窓口で対応している銀行員たちの様子を観察しながらカイジは考える。

カイジ
「出来たら 出来うることなら・・・・」
「まん中の娘で!」

こんな時でさえ、「できれば若くてきれいな女性に対応されたい・・・!」、そう思ってしまうのが男子なのだ。

そして呼ばれる「47番」、カイジの順番。
対応するのはまん中の娘。それしきのことで・・・

ちょっとハッピー!

カイジはいそいそと窓口へ向かい、緊張の面持ちで1000万の入ったボストンバッグをカウンターに置く。

チラ・・・チラ・・・

あたりを警戒しながら、バッグのチャックを開け、中に手を入れる。
窓口の女性の顔を見つめ、覚悟を決めた表情のカイジ。

カイジ「預金をお願いします!」

とうとう札束を取り出した・・・!
1000万という大金を差し出したカイジは、高揚感に包まれる。

カイジ
(オレの人生に、オレの生涯に)
(この瞬間ついに・・・!)
来たぁ~~~っ!

喜びに震えるカイジ。
そんなカイジの気持ちとは裏腹に、窓口の銀行員は、粛々と手続きを進める。

窓口女性
「ご預金ありがとうございます」
「印鑑、身分証明書はご持参ですか?」
「ではこちらの口座開設申告書にご記入お願いします」

カイジ
「了・・・・了解」
(了解だけど、その、なんというか、反応・・・)
(薄っ!)

予想よりはるかにあっさりと事が進み、拍子抜けするカイジ。

カイジ
(大騒ぎされても困るんだけど)
(けど1000だぜ)

(驚いてよ!もっと!)

カイジは、スムーズな事態の展開に物足りなさを感じる。
大金を扱う男として、多少なりとも自信と優越感を感じていたのだ。
「この人誰?」というような、好奇の視線を感じるであろう期待が裏切られた。

カイジ
(ま、贅沢な悩みだけど)

しかしここにきて、事態が望ましくない方向へ動き出す。

窓口女性「伊藤様」

名前を呼ばれたカイジが窓口に視線をやると、窓口の女性の後ろに、スーツを着たしっかりとした印象の男が立っている。

カイジ「え?」

男性
「お預けいただいたお金について」
「少しお話が」

先ほどまでの拍子抜けした表情とは打って変わり、驚きと緊張に顔がこわばるカイジ。

カイジ
(えぇ~~~!?聞く?)
(金の出所 そこやっぱり聞く?)
(銀行・・・!)

おわり

「カイジ【322話/窓口】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「カイジ【322話/窓口】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「カイジ【322話/窓口】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「カイジ【322話/窓口】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「カイジ【322話/窓口】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「カイジ【322話/窓口】」最新話の感想まとめ

とうとう銀行にやってきました。
私なら、ブランド物の服を身に着けて、いかにも稼いでます!という雰囲気を出そうと思うのですが、あえてボロボロの服というところがカイジならではですね(笑)

札束を取り出すときの表情や、窓口の女性のリアクションに不満を持った時の表情・・・ギャンブルで大金を手に入れた男とは思えないほど感情が顔にでていて、思わず笑ってしまいました。

本来、すんなり対応してもらえるのは喜ぶべき事だというのに、リアクションの薄い窓口の女性に不満をもらすカイジ。そこはやっぱりギャンブラーという感じ。

しかしやはり、あっさり手続き完了、とはいかないようですね。
この展開、カイジは一体どう切り抜けるのか・・・次回が楽しみです!