かぐや様は告らせたい

かぐや様は告らせたい【第143話/燕の子安貝(氷)】最新話あらすじネタバレ!

2019年6月27日発売の「週刊ヤングジャンプ2019年30号」に掲載されているかぐや様は告らせたい第143話/燕の子安貝(氷)】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

⇒「かぐや様は告らせたい【第143話/燕の子安貝(氷)】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

前回のあらすじ

今回は柏木渚視点だ。

冬休みが終わり新学期が始まる。

しかし、冬休み前の生徒会メンバーの様子とは一味も二味も違うようだった。

まず、生徒会室でイチャイチャする会長とかぐやの姿に興奮する柏木。

そして、次にやってきたのは思わせぶりの後輩石上と伊井野。最後は、キス云々の話で喧嘩をし合う藤原と早坂だ。

冬休みはそれぞれの人間関係のターニングポイントだったようだ。そして、時間軸を巻き戻し…冬休み中に彼らに一体何があったのか!?遡る。

『エントリーナンバー1石上優のクリスマス』

それでは「かぐや様は告らせたい【第143話/燕の子安貝(氷)】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「かぐや様は告らせたい【第143話/燕の子安貝(氷)】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「かぐや様は告らせたい【第143話/燕の子安貝(氷)】」あらすじネタバレ

かぐや「クリスマスプレゼントって何をあげたら正解なのかしら?」

かぐやは早坂にそう質問すると、「心が籠っていたら何でもいい」という模範解答のような回答が返ってきた。それに対し、「低レベル」と辛辣な言葉を返すかぐや。

そして、もっと具体的な戦略的な話をしたいと申し出る。例えば「そのプレゼントを貰ったらキスをしたくなってしまう」そんなプレゼントを求めているのだという。

さらにキス未経験の早坂にはわからないと追い打ちをかけるかぐやに早坂は「耳栓が欲しい」と言った。それを聞いてさらに早坂に聞いても意味がないというかぐや。

早坂「じゃあ男にぃ訊いたらぁどうですかぁー?」

やさぐれる早坂に見切りをつけ、かぐやは早坂が言うように男性に欲しいクリスマスプレゼントを聞くことにした。

そして、『石上優のクリスマス』編がスタートする。

loftで待ち合わせをしたかぐやと石上は、早速店内へと足を踏み入れる。乗り気なかぐやとは裏腹に石上は納得いかないようだった。

かぐや「貴方、子安先輩に贈るプレゼントまだ用意してないのでしょう?選ぶの手伝ってあげると言っているの」

石上「…何か裏があるんでしょう?」

その問いに「100%の思いやり」と断言するかぐやは、不安ならかぐやの方のプレゼント選びにも協力すればいいと石上に言う。それならいいという石上ではあったが、彼はすでに子安にプレゼントするものの目星をつけているという。そして、彼はプレゼントにおいて何が大切かをかぐやに説く。

石上「最も避けるべき事態とは何か…それは「うわっ要らね!」って思われる事です」

そして、そこから導き出した「100%回避できるプレゼント」の発表を前にかぐやはしっかりとメモを取っていた。

石上「それがこの……ギフトカタログってなワケです!!」

かぐや「石上くん…気色が悪い」

かぐやはドン引きした上に石上の意見を一刀両断した。理由は、「絶対に失敗したくない気持ちが前面に出過ぎていること」。それにショックを受ける石上。

そして、「大事なのは愛情よ」と早坂のようなことを言い出す始末。その言葉を聞き、次に石上が選んだプレゼントは「ふわもこパジャマ」だったが、それも「恋愛経験の薄い男の歪んだ幻想と願望」でキショいという。そして、彼が次に選ぶだろうものを予想してさらにキショいの連発。

かぐや「男っていつもそんな事ばかり考えてるのかしら……頭の中がピンク色ね」

そんな辛辣なかぐやの言葉に諦めた石上は「無難に…」と石鹸を選んだ。しかし、かぐやは激昂する。

かぐや「このはれんち!!」

かぐや曰く、石鹸は全裸の女性が隅々を洗うので性的なアプローチに関わると語った。それに対して「偏見」だとツッコむ石上。彼は、結局「アロマ」という無難な所で落ち着いた。

そして、石上は次はかぐやの番だという。

石上「本命の人へのマジなプレゼントが必要なんですよね?」

その言葉に慌てふためくかぐや。そして、珍しくコクリと素直に頷いた。会長へのクリスマスプレゼント選びを無事に終了し、かぐやは石上にお礼に小指に指輪をプレゼントする。

小指の指輪の意味は…「恋の成就」。

かぐや「頑張りなさい」

そう言って、かぐやは後輩への恋を応援した。そして、頑張りすぎる石上のクリスマス会が始まる…。

おわり

「かぐや様は告らせたい【第143話/燕の子安貝(氷)】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「かぐや様は告らせたい【第143話/燕の子安貝(氷)】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「かぐや様は告らせたい【第143話/燕の子安貝(氷)】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「かぐや様は告らせたい【第143話/燕の子安貝(氷)】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「かぐや様は告らせたい【第143話/燕の子安貝(氷)】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「かぐや様は告らせたい【第143話/燕の子安貝(氷)】」最新話の感想まとめ

やっぱり、かぐや様と石上くんが会っていた理由は…かぐや様のクリスマスプレゼントを男に選ばせようという魂胆でしたか!先輩からの「100%思いやり」はどこへやら?(笑)

そして、かぐや様のクリスマスプレゼントの必須事項「そのプレゼントを貰ったらキスをしたくなってしまう」に引く(笑)

まぁ、誤算はなんだかんだ…いい話になっているというところでしょうか(笑)石上くんもかなり警戒しつつ、かぐやの恋の相手が「しょうもない奴だったら許さない」だなんて心配もしてあげてて…いい先輩後輩の関係だ。

しかし、最後のオチには爆笑しましたけどね。是非、そこは本誌を読んでいただきたい!絵がないと上手に伝えられないです(笑)

そして、冒頭のようなかぐや主従の辛辣な言い合いが毎度楽しみな私ですが…前回の早坂と藤原氏のあの展開の流れになった理由が判明しましたね。きっと…うん(笑)

今回は、かぐや様は告らせたいにしては珍しく「全裸の女性」(笑)の描写もありましたし…色々ちょっと新鮮でした。次号も楽しみですね。