イブニング

インハンド【12話/キマイラの血⑦】あらすじネタバレ!

インハンド【12話/キマイラの血⑦】あらすじネタバレ!

 

2019年5月14日発売の「イブニング2019年11号」に掲載されている
インハンド【12話/キマイラの血⑦】のネタバレあらすじを
チェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

ちょっと待って!!

ネタバレの前に…

「文章ではなく、漫画でちゃんと読みたい!」

と言う方は、以下のリンクから読むことができます↓

⇒「インハンド【12話/キマイラの血⑦】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

ー前回のあらすじー

レース当日。

選手の控え室で、野桐にレースを棄権するよう話す紐倉と高家。

遺伝子操作の影響で、野桐は急性骨髄性白血病を発症していたのだ。

しかし、野桐はその反対を押し切り、レースに出場。

スタートを切ったのだった…

それでは「インハンド【12話/キマイラの血⑦】」
あらすじネタバレをお楽しみください!

「インハンド【12話/キマイラの血⑦】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「インハンド【12話/キマイラの血⑦】」あらすじネタバレ

レースが始まり、先頭集団が20キロ地点を通過!

実況「このペースなら大会記録の2時間3分台も狙えますね!」

実況「はい!充分に可能なペースです!高速レースになりました!」

先頭集団の日本人選手は野桐と細田のみだったが
細田は先頭集団から遅れてしまう。

 

野桐は走りながら、東野コーチとの過去を回想していた。

 

東野コーチにシューズを渡される野桐。

野桐「先生これって新品ですよね」

東野コーチ「いや使い古しだよ」

野桐「シューズぐらい自分で用意できます」

東野コーチ「君の家庭の事情は知ってる」
     「でもバイトはほどほどにしなさい」

     「練習より大事なことはないよ」
     「シューズなんてなんとかなるんだから」
     「どんなに素晴らしい心を持っていても
      練習しなきゃ世界一に慣れないぞ」

     「もっと走りなさい」

恩師である東野コーチに支えてもらった記憶がよぎる。

 

レースシーンに戻り、野桐は給水ポイントで
スペシャルドリンクを手にする。
しかし、不幸にも取手の部分がちぎれてしまい
ドリンクを落としてしまう。

それでも声援を受けながら走る野桐。

28キロ地点を通過し、先頭集団は
2名のペースメーカーと5名。
野桐はまだ先頭集団で粘っているが、表情は苦しそうだった。

 

その時、野桐は子供の頃、母の病室にいた記憶を思い出す。

 

野桐「見て!! 1位だよ!!」

優勝トロフィーを母に笑顔で見せる野桐。

野桐「マラソン大会で一番になったよ!!」
  「6年生にも勝ったんだ お母さんが言ったみたいに
   諦めないで頑張ったよ」

  「だから母さんも…」

しかし、母の手は細くやつれていた。

母「…めんね… ごめんね…」

野桐少年の目には涙が…

 

そして、レースを走っていた野桐はそのまま先頭集団から
大きく遅れてしまった。

実況「あーっと野桐ここで大ブレーキ!!第2集団にも付いていけない!!」
  「止まった 止まりました!!」

立ち止まり、嘔吐する野桐。

実況「棄権です!!野桐棄権!!
野桐俊!!もう走れませんっ!!」

 

それを観戦していた紐倉と高家。

高家「初めてのスポーツ観戦か?」

紐倉「ふん 帰るぞ 余興は終わりだ」

 

研究所に戻った紐倉はリハビリ中だと言ってピアノを弾く。

紐倉「まだリハビリ中だからな!」

八田「いいから早く聴かせてよ」

高家「スゴイ こんなに動揺している紐倉初めて見たわ」

動揺していた紐倉だが、落ち着いた様子で
ピアノを弾き始める。

八田「なかなかいいじゃない」

 

シーンは変わり、野桐が入院している病院。

看護師「ちょっと困りますよ 他の患者さんもいるんですから
    出前なんて取らないでください」

紐倉「ごめん今日だけ 明日から抗がん剤でロクに食べられなくなるでしょ」
  「15年ぶりに食べるんだ」

ずず…

出前で取ったラーメンをベッドのテーブルで食べる紐倉。

紐倉「ん うまい」

病室のテレビでは、小説家に国民栄誉賞が贈られる
ニュースが流れていた。

 

ーおわりー

「インハンド【12話/キマイラの血⑦】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「インハンド【12話/キマイラの血⑦】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「インハンド【12話/キマイラの血⑦】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「インハンド【12話/キマイラの血⑦】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「インハンド【12話/キマイラの血⑦】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「インハンド【12話/キマイラの血⑦】」の感想まとめ

反対を押し切りレースに出場した野桐。

最後のレースを走りきって燃え尽きるかと予想していたのですが…
結果は残酷でした。途中棄権で終わってしまいました。

遺伝子ドーピングという間違った形を選んでしまった野桐。

幼い頃の母との別れや、親からの過剰な期待。

そんな要因が、野桐が自分の体を蝕んでまで遺伝子ドーピングを
選んだ結果に繋がったのでは?

そう思うと、少し寂しい気持ちにもなりました。

次号より新シリーズ開始です!楽しみですね!