ハイキュー!!

ハイキュー!!【353話/静かな覚醒】最新話あらすじネタバレ!

2019年6月17日発売の「週刊少年ジャンプ」に掲載されているハイキュー!!【353話/静かな覚醒】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

春高バレー準々決勝

烏野 VS 鴎台

憧れの小さな巨人・宇内に会えて張り切る日向だったが、
多彩な攻撃をくりだす鴎台に苦戦し、第1セットを落としてしまう。

⇒「ハイキュー!!【353話/静かな覚醒】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

第2セット。

鴎台の最強の盾に対応するために、高いブロックの時に日向を前衛にした烏野。

対して鴎台は、強いサーブで崩すことで、コンビネーションを上手く使えない状況に追い込み日向を機能させない対策をとってきた。

対策をされる日向だったが、1年生3人の躍動で食らいついていく。
そんな中、エース東峰はサーブやブロックで狙われて、
苦しいプレイが続いていた。

何度も心が折れそうになりながらも、
西谷のブロックフォローや
澤村と菅原の叱咤激励に
エースとして応えていくことを誓う。

俺は今日
俺を味方にする

なかなか抜け出せない深い森の中。
東峰は突破口を開けることができるのか―!!

それでは「ハイキュー!!【353話/静かな覚醒】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「ハイキュー!!【353話/静かな覚醒】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「ハイキュー!!【353話/静かな覚醒】」あらすじネタバレ

ダブルセッターの意図

月島と交代で菅原がコートに入る。

菅原
「さっきの速攻さすが」

菅原は、コートに入ってすぐに
難しい状態から速攻で攻めた影山を褒めた。
自分だったら、さっきの場面は攻撃の幅を狭めてしまい
東峰にトスを上げることしかできなかったと感じていた。

影山は、昼神が速攻にもブロックでついてくることに腹が立ち
「ぜってぇ速攻で抜いてやろうと思って」と平然と答える。

影山が東峰のことを心配したり疑ったりしてエースに勝負をさせなかったのでなく、
ゲーム戦略の一環として、自分の意地として速攻を選択していたことに
頼もしさと安心感を覚える菅原。

鵜飼監督
「おーし。ネチネチ行けーい」

それは、「終盤だが焦らず粘るように」という指示だった。
セッターを2人にしたことで、精度の高い攻撃のチャンスを増やす狙いだ。

エースの重圧

東峰は、再びバレーと向き合い考えを巡らせる。

東峰
(俺には何ができる?)

強いスパイクを決めること。
重くのしかかる「エース」としてあるべき姿。

だが、それらを乗り越えて東峰の目に迷いが消えていた。

東峰
(とりあえず 一点 は とれる)

全身にぐぐーっと力を入れてから
筋弛緩法で体の余計な力を抜いた。

その姿は、体の緊張感だけでなく
心の緊張感からも解放されたように見えた

それを察して、警戒する鴎台。

誰もが、「次はくる」と思っていた。

ブロックでワンタッチをとり、つなぐ烏野。
影山がキレイなフォームで、東峰にハイセットを上げた。
ブロックが3枚つく。

決めろ 決めろ
行け 行け…!

全員の期待が、緊張感が、東峰の背中に注がる。

東峰
『重い重いエースの重圧?』

(仲間が重荷であった事があるか)

力強いフォームで飛び上がる東峰。
身構える鴎台。
3枚ブロックも指先まで力を入れた。

その時―

強く打たれると思っていたボールは、
ふわりと3枚ブロックの上を越えて
コートの中にすとんと落ちた―!

ブロックの後ろを突く
プッシュボール!!!

ようやくきた、エースの得点に湧く烏野。
菅原・澤村は東峰のもとに駆け寄り、
ハイタッチで喜びを分かち合った。

全員が強打で押してくると思っていたところに、
逃げているわけではなく、攻めのプッシュ。
不意をつかれて決まった1打だった。

東峰
(自分の力が抜けたら、周りの力みを感じた気がした)
(今までで一番、コートが俯瞰で見えた気がした)

日向や影山が「視界が開けた」「コートの向こうが止まって見えた」
などと言っていることがあるが、こういう感覚なのかと言う東峰。

自分に「勝ち急ぐな」と言い聞かせながら
2本目のサーブの準備に入る菅原に、
東峰は今までにないすっきりした表情で声を掛けた。

東峰
「よし」
「”1点”獲ろう」

おわり

「ハイキュー!!【353話/静かな覚醒】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「ハイキュー!!【353話/静かな覚醒】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「ハイキュー!!【353話/静かな覚醒】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「ハイキュー!!【353話/静かな覚醒】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「ハイキュー!!【353話/静かな覚醒】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「ハイキュー!!【353話/静かな覚醒】」最新話の感想まとめ

ようやく東峰が覚醒しました!!!
長く長く何週も苦しい展開を見せられていたので、
こちらも息が詰まってしまいそうでした。

どかんと打ち抜く、エースらしい一本を期待してはいたのですが、
技ありのプッシュでも、1点は1点!

同じ1点だからいいのです。

逃げのフェイントや軟打だったら
察してレシーブされていたかもしれませんが、
攻める気持ちがあったからこそ決まった1打でしたね。

終盤でのブレイクポイントは大きいです!

ここはもう1本連続得点して、
早く20点台に乗せたいところです…。

レシーブが強化できたからつなぎが上手くいった流れはあったのですが、まだ、菅原に交代してダブルセッターになったことが生かされている展開がありません。
菅原の2回目のサーブで再開する次週。
粘ってつなぎつつも、ダブルセッターの利点を生かした強気の攻めも期待したいです!!