ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ【第200話 / 月寒あんぱんのひと】最新話あらすじネタバレ!

2019年5月29日発売の「ヤングジャンプ2019年No.26」に掲載されているゴールデンカムイ【第200話 / 月寒あんぱんのひと】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

ロシア側に誘拐された音之進を救うため
父親である鯉登平二は、陸軍中尉の鶴見と共に
音之進救出に取り掛かった

⇒「ゴールデンカムイ【第200話 / 月寒あんぱんのひと】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

そして五稜郭に居ることを突き止めた鶴見は
平二の運転するエンジン付き三輪車の後ろに乗り
五稜郭へ向かった。

馬で追跡してくる覆面男を銃で倒し五稜郭へ
しかし、馬車につこんでしまいエンジン付き三輪車も大破

それでもハンドルだけを持ちながら叫ぶのであった

それでも平二は叫ぶのであった

「音之進〜〜!!」

それでは「ゴールデンカムイ【第200話 / 月寒あんぱんのひと】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「ゴールデンカムイ【第200話 / 月寒あんぱんのひと】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「ゴールデンカムイ【第200話 / 月寒あんぱんのひと】」あらすじネタバレ

「五稜郭へ着きました」

ハンドルだけを持った平二と鶴見は、走りながら五稜郭へ到着した

一方、抵抗する音之進を押さえつける覆面男に
音之進は訴える

「殺せ・・・! 戦うて死んだとわかれば
父上も少しはオイを見直すじゃろう」

五稜郭の外では、鶴見が裏に回って突入するので
平二に表から注意を引いてくれと頼んでいた

すると突然平二は建物の扉を蹴破り叫んだ

「音之進〜!!」

その声を聞いた音之進は

「まさか・・・ 父上!?」

と信じられないと言う表情で戸惑いを見せた

平二の声を聞いた覆面男は一人部屋を出て行った

もう一人は音之進のコメカミに銃を当て「ボンボンが」とロシア語でつぶやいた・・・

室内に潜入した平二だったが
後ろから覆面男に顎を殴られ失神してしまう

もう一人の覆面男も、音之進を柱に巻きつけ部屋の外に出て行った

しばらくすると、”パパァン” ”パァン” ”パァン”

と銃声が聞こえた後、静かになった

「父上!!  父上!!」

しばらくすると扉が開いてヨロつきながら鶴見が入ってきた

「あなたは・・・」

「やっぱりまた会えたね」

 

失神した平二の元で看病する音之進

気が付いた平二から思いも寄らない言葉をもらい涙するのでした

「無事やったか音之進・・・ よう戦うたな・・・ 誇らしかぞ」

銃で捉えた覆面男二人が横たわっている

「くる途中で倒した1名と この2名は私が身元を調べてみますが
ロシア政府と結びつくことは、まず期待できませんな」

と言いながら一人の覆面を接いだ

見たことは無いロシア人だった・・・

音之進は覆面男たちから
食べさせられたものが「月寒あんぱん」だったことを伝えると

「月寒あんぱん」は陸軍だけで配られていた物で
誰かが置いて行ったものだろうと言った後

「おなか 壊さなかったかい?」 と言った

音之進はあの時の「月寒あんぱんのひと」
助けてくれてたことに運命を感じるのでした

そのようなやり取りをしている裏で
仕留めたロシア人を始末している兵士の中に
尾形の姿があった・・・

鶴見と尾形たちの関係が・・・
ここに至るまでのこと全てに鶴見たちの思惑があるのだろうか・・・

 

しばらくして・・・ 旭川第七師団にて

陸軍士官学校に合格した音之進は
平二とともに鶴見の元を訪れた

「まあ 立派な将校になっなら 海でも陸でもオイは構いもはん
音之進をよろしゅうたのみあげもす」

「鯉登大佐殿のご令息は、仲の悪い
海軍と陸軍の橋渡しをしてくれる貴重な人物に、いずれなるでしょう」

と挨拶をした

しかし、帰りの階段ですれ違ったのが尾形だった
お互いに見つめ合い何かを感じていた

そして現在・・・

横たわる音之進が見上げる先に
瀕死の状態で治療を受けていたはずの尾形が立っていた

そして、あの時と同じように眉間に銃を当てていた・・・

外では、ゲンジロたちが尾形を探している
そして足跡を見つけたが「お前の足跡だ」と勘違いして
向こうへ行ってしまった

そして尾形は、音之進の顔を蹴り上げ外へ

馬に乗った尾形はそのまま逃走した

「杉元ッ 尾形が逃げる!!」

声を聞きつけた杉元はライフルを構えた

「撃つのか?」 とアシリパが言うが

「馬を狙う!!」 と構えた

後ろを振り向く尾形を見ながら1発打った

しかし、弾は当たらず走り去って行った

その姿を見た杉元は思うのだった

「元気になって戻ってこい ぶっ殺してやるから」 と・・・

 

おわり

「ゴールデンカムイ【第200話 / 月寒あんぱんのひと】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「ゴールデンカムイ【第200話 / 月寒あんぱんのひと】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「ゴールデンカムイ【第200話 / 月寒あんぱんのひと】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「ゴールデンカムイ【第200話 / 月寒あんぱんのひと】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「ゴールデンカムイ【第200話 / 月寒あんぱんのひと】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「ゴールデンカムイ【第200話 / 月寒あんぱんのひと】」最新話の感想まとめ

平二の捨て身の救出劇は笑えるが
息子を思う父の顔が見えてとても温かな気持ちになったな〜

陸軍大佐の顔で「国のために死んでくれ」と言った時は
どうかと思いましたが、やはり父親!

出来が悪くても大切な息子であることは変わりないんですよね。

しかし、ここまでの流れが全て怪しく
鶴見自体も怪しく、全てが仕組まれたことのように思います。

なぜか尾形や杉元がいて・・・

そのことが明るにみ出るのはいつなのでしょうか?

まだまだ謎に包まれた関係ですが
ほとんど裸の状態で馬に跨り走り去った尾形は
本当に元気になって戻ってくるのでしょうか?

音之進と尾形の因縁の関係に見えてワクワクが増えてきました!

五稜郭で銃を眉間に当てた男は尾形だと思うのは私だけでしょうか・・・