ダイヤのA

ダイヤのA【168話/死力】あらすじネタバレ!

ダイヤのA【168話/死力】最新話あらすじネタバレ!

2019年5月29日発売の「週刊少年マガジン2019年26号」に掲載されているダイヤのA【168話/死力】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

ちょっと待って!!

ネタバレの前に…

「文章ではなく、漫画でちゃんと読みたい!」

と言う方は、以下のリンクから読むことができます↓

⇒「ダイヤのA【168話/死力】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

ー前回のあらすじー

7回表。八弥王子は最低でも2点を返さなければ
コールド負けになってしまう。

ここまでノーヒットノーランだった八弥王子だが
ついにキャプテンの川端が初ヒットを放つ!

続く打者は4番、黒瀬。
決着の行方は…

それでは「ダイヤのA【168話/死力】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「ダイヤのA【168話/死力】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「ダイヤのA【168話/死力】」あらすじネタバレ

降谷の鋭い変化球に空振りする黒瀬。
しかし、次の打球はしっかり見極めた!

「ボール」

カウントは2ボールワンストライク。

黒瀬
(大丈夫…見えてる)

(当てにいくな…しっかり振り切れ!!)

八弥王子ナイン
「黒瀬さん!」
「狙っていけ黒瀬ー!!」

黒瀬
(俺らがやってきた事は無駄じゃない)

川端
(まだチャンスは残ってる)

黒瀬
(無駄なんかじゃ…)

歯を食いしばり、バットを降る黒瀬!
そのバットは降谷の球をついに捉える!!

ワンバウンドしたライナーをショートの倉持が素早く処理し
2塁の小湊へ送球!

1塁から2塁へ走ってきた川端はアウト!
鮮やかに1塁走者を刺しに送球する小湊。

見事、6-4-3のゲッツー!!

実況
「ショート倉持洋一 セカンド小湊春市 またしても
 この2人が立ちはだかる」

湧く青道ナインを見て、潔い表情を見せる八弥王子の川端。
次の打者はレフトフライ。麻生のグラブに球が収まる。

試合終了ーーー!!

8-0 7回コールド 青道高校5回戦進出!!

試合が終わり、涙を流す八弥王子ナインを労う川端。

そこには、川端の母と妹の姿も

川端の母
「雅紀」
「2年半お疲れ様」

川端は笑顔で歩み寄り、深くお辞儀をした。

川端
「毎日の弁当 ユニフォームの洗濯」
「2年半 サポートありがとうございました」

監督と母親はその姿に微笑んでいる。
しかし、川端は頭を下げたままだった…

川端
(ごめ…ん…父ちゃん… 二人を甲子園に連れて行ってあげれんかった…ごめん…)

川端は大粒の涙を流した。

 

打線爆発と降谷の完全復活で西東京大会4回戦を制した青道。
次はお前の番だぞ、沢村!!

ーおわりー

「ダイヤのA【168話/死力】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「ダイヤのA【168話/死力】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「ダイヤのA【168話/死力】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「ダイヤのA【168話/死力】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「ダイヤのA【168話/死力】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「ダイヤのA【168話/死力】」最新話の感想まとめ

ついに、ついに決着!!
8-0の7回コールド、圧勝で4回戦を制しましたね!!

序盤は八弥王子の守備も川端のファインプレーが光り、
お互い譲らず、苦戦しそうな空気が漂っていましたが…

降谷の好投に打線も応えてくれましたし
ショート倉持とセカンドの小湊のゲッツーも素晴らしかったです!

前回、八弥王子キャプテンの川端の過去が明らかになりました。
毎日バッティングセンターに連れて行ってくれた父を急に病気で亡くした川端。

その悲しみから逃れるように、野球の練習に打ち込んだ結果
一年生でスタメン入りする実力に。

彼の努力と執念は相当な物だったでしょう。
そこから粘りを見せ、青道を苦しめるかと思いましたが…

最後は青道がしっかり抑え、試合終了。
厳しい現実が垣間見えました。

試合が終わり、母にお辞儀をしてお礼を言う川端。
頭を上げることができず、悔し涙を流す川端の姿には目尻が熱くなりました!

八弥王子ナインの悔しさを背負って、青道は次の試合へ!
次はどんなチームと戦うのか楽しみですね!