DAYS

DAYS-デイズ-【298話/激戦の記憶】最新話あらすじネタバレ!

2019年6月5日発売の「週刊少年マガジン」に掲載されているDAYS-デイズ-【298話/激戦の記憶】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

全国高校サッカー選手権大会 準決勝。

聖蹟 VS 桜木

桜高戦を前に、家庭の事情で主力選手の風間の欠場という
アクシデントに見舞われた聖蹟。

それでも、風間の分まで戦うことを胸に、
運命の決戦に挑む!

⇒「DAYS-デイズ-【298話/激戦の記憶】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

ついにキックオフの時を迎えた。

桜高もエースの成神がベンチスタートだった。
しかし、成神がいないことを前提としてチーム作りをしてきている桜高に対し、
聖蹟は突然の風間の欠場。

代わりをするのがつくしでは、力不足というのが、観客の見方だった。

そんな中、こぼれ球を拾って自ら前線でパスを受け取ると、
切り返してディフェンダーをかわす大活躍を見せるつくし

このまま先制点なるか!?

それでは「DAYS-デイズ-【298話/激戦の記憶】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「DAYS-デイズ-【298話/激戦の記憶】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「DAYS-デイズ-【298話/激戦の記憶】」あらすじネタバレ

君下
「一番危険な奴がお留守だぜ」

スタジアム中が注目する中、初めてのチャンスにつくしを選択する君下
緩いパスだったため、ディフェンダーに追いつかれそうになる。

つくし
(風間くんだったら…)

自分が風間の代わりにならなくてはいけない事を理解して、
どうしたら風間の穴を埋められるのか、懸命に考える。

そして、トラップの名手である
東院学院・保科との対戦を思い浮かべる。

つくし
(トラップは、ドリブルの一歩目!)

華麗なトラップでかわしたつくしに、どよめく観客席。
まだゴールまで距離がある中、つくしはシュートの体勢に入る。

つくしには力不足だと思われている中、
脳裏には水樹のシュートが浮かんでいた。

ゴッ!!

大きな音を立てて、まるで水樹のシュートような、
強くてコースも抜群のボールが放たれる!

ゴールのコーナーを狙ったシュートだったが、
横跳びをしたゴールキーパーにキャッチされてしまった。

いつものつくしからは想像できないシュートに、
敵味方関係なく驚く。

しかし、インプレー中なので、驚いてばかりではいられない。
犬童を起点にすぐに攻撃を開始する桜高。

君下と水樹の2人がかりで囲うが、
オーバーヘッドで前線にボールを運ばれてしまう。

一人一人が役目を果たしながら、しっかりと守る聖蹟。
桜高も負けじと、猫谷がカウンターで攻める。

しかしそこには臼井がマークにつき、抜かせない。
じわじわとサイドに追い込んでいく。

抜ければチャンスのため、必死にかわそうとする猫谷だったが、
何を仕掛けても臼井を抜ける気がしなかった。

気迫のこもった、臼井の威圧感に気圧される。

猫谷
(なにこの人…)
(目が人間じゃないんですけど…)

そこまで思うほどに圧力を感じていた臼井の表情が
急にフッと緩んだ。

臼井
「今日は気合が凄いな 柄本」

気がついた時には、猫谷はつくしにボールを奪われていた!!

さっき前線でシュートを撃ったばかりのつくしが、
自陣のコーナーまで戻っていた事に、唖然とする猫谷。

その運動量の多い姿に、梁山高校・加藤の姿が重なる。

加藤
「いいねぇ」

奪ったボールを持って、
つくしは前を向く。

つくし
(勝つんだ!)
(僕の持てるすべてで!!)

おわり

「DAYS-デイズ-【298話/激戦の記憶】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「DAYS-デイズ-【298話/激戦の記憶】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「DAYS-デイズ-【298話/激戦の記憶】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「DAYS-デイズ-【298話/激戦の記憶】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「DAYS-デイズ-【298話/激戦の記憶】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「DAYS-デイズ-【298話/激戦の記憶】」最新話の感想まとめ

前回の最後に書いてあった、次回予告の「全てを糧に」って、そういう意味だったんですね!

まさかつくしが、今まで戦ってきたライバルたちの戦法や戦術を使いこなして、自分の全部をこの試合にぶつけようとしていたなんて…。
ベンチや応援席で見守るチームメイトも、戦ってきたライバルたちもびっくりしていましたが、つくしの成長を同じく見守ってきた読者の私としても、とても喜ばしいことでした!

しかも、参考にしている相手は十傑と呼ばれる、スーパープレーヤー達ばかり。
本来なら真似しようとしたって、真似できる相手ではありません。

そのプレーを自分のものにできるなんて、
普段の努力が実を結んでいるんですね。

しかし、このまま「つくしが終始大活躍して勝ちました」なんて展開ではないと思います。
私はそれでも嬉しいんですけど…。

犬童がやられっぱなしな訳ありません。
そして、聖蹟有利の展開のままだったら、成神がベンチから出てくるでしょう。

その時どうなるのか気になりますが、
まずはもっとつくしの活躍が見ていたいです。

次回の展開も気になりますね!