ダイヤのA

「ダイヤのA」【第162話/スーパーコンボ】最新のあらすじネタバレ

2019年4月10日発売の週刊少年マガジン2019年19号
ダイヤのA【第162話/スーパーコンボ】最新話が掲載されました!

西東京予選。
青道は八弥王子との一戦を迎えます。

八弥王子のキャプテンでセカンドの川端は

「降谷を前に強化した打線の腕試しができる」

と興奮します。

キャッチャーの御幸は
降谷の気持ちが整理されたかを気にしていました。

それではダイヤのA【第162話/スーパーコンボ】
あらすじネタバレをお楽しみください!

※この記事には「ダイヤのA」
第162話のネタバレ情報が含まれています。

ネタバレをいきなり知りたくないという方は
FODで全話読むことができます。

 

▼1ヶ月間無料トライアルに登録して「ダイヤのA」を楽しもう▼

今すぐFOD無料トライアルに登録

※FODは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

ダイヤのA 第162話 ネタバレ

降谷は1番バッターを
ショートフライに打ち取る。

続いての打者は、148km、151kmの豪速球を
力強く放ち、空振り三振!

キャッチャーの御幸は

「全部が枠を捉えてる訳じゃないけど…
 大きく外れる球もない。
 力みも少ないし、今日 悪くないんじゃねぇか?」

次の打者は
3番セカンド、キャプテンの川端雅紀。

初球を見送る川端は

「まいるね。このスピードで変化されると
 みんな苦労するだろーな」

そう心の中で思いつつ

「ボール球には手を出さない。低めの見極めを」

と、自分に言い聞かせ、ストレートに的を絞ります。

そして、川端は第2球目を捉え
センター前へ!!

しかし、セカンド小湊が飛び込んでキャッチ!
ショート倉持がそのボールを受け取り、
ファーストへ送球しアウト!

「うおおぉ!止めたぁ!!」

2人の流れるようなコンビプレーに、球場が湧きます!

そして1回の裏、今度は青道の攻撃。

八弥王子のマウンドには背番号1番
エースの夏目が上がります。

バッターボックスには
1番ショートの倉持。

ナベは
「右のサイドスローで変化球主体。
 動くボールでゴロを打たせる
 投球スタイル。」
と、分析。

倉持
「立ち上がりからリズムを作って
こっちの焦りを誘いてえだろうが…

させねぇよ!!」

見事初球を捉えた倉持!
センター前へ抜けたかと思われたが
川端がジャンピングキャッチ!

ヒットには繋がらず、現時点で
0-0のまま、次号へ続きます…!

ーENDー

「ダイヤのA」を無料で読む方法!【FOD版】

以上「ダイヤのA 第162話」の
あらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとFODでは、初回登録特典として
1ヶ月間、無料で「FOD」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「ダイヤのA」を
無料で読むことも出来るんです!

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼1ヶ月間無料トライアルに登録して「ダイヤのA」を楽しもう▼

今すぐFOD無料トライアルに登録

※FODは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「ダイヤのA」第162話 感想・まとめ

両チームとも、ファインプレーが炸裂!
厳しい点の取り合いになりそうです。

相手ピッチャーの夏目は攻略できそうですが
バッティングも守備もキャプテンの川端がクセモノですね…

先に主導権を握るのはどちらのチームでしょうか!

次号が楽しみですね!!

漫画をまだ読んでいない人は是非
FODで無料試し読みをしてみてください!