ダイヤのA

「ダイヤのA」【第163話/フットルース】最新のあらすじネタバレ

2019年4月17日発売の週刊少年マガジン2019年20号
ダイヤのA【第163話/フットルース】最新話が掲載されました!

西東京予選。
青道は八弥王子との一戦を迎えます。

前話では、お互いのスーパープレーが炸裂し
2回表まで0-0と譲らぬ戦い…

2回裏青道の攻撃
ツーアウトランナー1塁、始まります!!

それではダイヤのA【第163話/フットルース】
あらすじネタバレをお楽しみください!

※この記事には「ダイヤのA」
第163話のネタバレ情報が含まれています。

ネタバレをいきなり知りたくないという方は
FODで全話読むことができます。

 

▼1ヶ月間無料トライアルに登録して「ダイヤのA」を楽しもう▼

今すぐFOD無料トライアルに登録

※FODは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

【ダイヤのA】第163話/フットルース ネタバレ

2回裏、ツーアウトランナー1塁。
青道の攻撃。

バッターボックスには
9番サード 金丸。

初球から1,2塁間にライナーを放つ金丸!

しかし、またもや相手チームの
セカンド川端にダイビングキャッチの
スーパープレイを決められ、ヒットにはならず…

実況:「セカンド川端!またしてもこの男が止めたぁー!!
       鉄壁の要塞!これが八弥王子の守備力!」

青道ナイン:「あそこ止めますか!?」

      「ありえん!当たりも悪くなかった」

      「打者ごとにシフトも徹底してますね」

      「すげーなあいつ」「一人だけ動きが違いますね」

 

変わって八弥王子の攻撃。

 

八弥王子ナイン:「今度は俺らの番だ!!まずは塁に出て
         チャンスを広げようぜ!」
        「おお!!」

まさに守備からリズムを作るチーム!!

 

しかし、青道も負けていません!

降谷は、変化球のスプリットを放ち
八弥王子の打者を見逃し三振!!

この回も3人で切って落とします!!

八弥王子が変化球をすべて捨てたと
見切りをつけていたのです!

 

3回裏、青道の攻撃。

 

1番の倉持がライト前ヒット!!

名手 川端のグラブ届かず!!

そして、倉持は盗塁を鮮やかに決め、2塁へ!

次の打者は小湊亮介。
ゴロに終わるも、その隙に倉持は3塁へ進みます。

続く打者もセカンドゴロに打ち取られますが…

サードランナーの倉持がホームイン!!!

先取点は青道高校ーーー!!

 

ハイタッチをする御幸と倉持。

御幸:「ナイスチー」

倉持:「るせぇ!
続けよ、キャップ!」

ーENDー

「ダイヤのA」を無料で読む方法!【FOD版】

以上「ダイヤのA 第163話」の
あらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとFODでは、初回登録特典として
1ヶ月間、無料で「FOD」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「ダイヤのA」を
無料で読むことも出来るんです!

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼1ヶ月間無料トライアルに登録して「ダイヤのA」を楽しもう▼

今すぐFOD無料トライアルに登録

※FODは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

【ダイヤのA】第163話/フットルース 感想・まとめ

今回もお互いの守備が光り
譲らぬ展開でしたが、最後は倉持の
ヒットからの盗塁でついに試合が動きましたね!

先制は青道高校!!

変化球を捨てた相手の読みの裏をかき
逆に変化球を多彩に含んだピッチングで
打者を打ち取った青道バッテリーには圧巻でした!!

次号は好投の降谷に更なる援護なるか…!?

 

漫画をまだ読んでいない人は是非
FODで無料試し読みをしてみてください!