ビッグコミックスペリオール

血の轍【50話/再会】あらすじネタバレ!

血の轍【50話/再会】あらすじネタバレ!

 

2019年5月10日発売の「ビッグコミックスペリオール2019年11号」に掲載されている
血の轍【50話/再会】のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

ちょっと待って!!

ネタバレの前に…

「文章ではなく、漫画でちゃんと読みたい!」

と言う方は、以下のリンクから読むことができます↓

⇒「血の轍【50話/再会】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

前話では…

静一は同級生の吹石さんと付き合う事になり、逃亡するも
母が脳裏をよぎり、家へ戻る。

するとママは「しげるは自分で崖から落ちた」と言い出し
それを静一は受け入れるしかなかった。

さらに、吹石さんとのことを謝罪する。

そこへ、ママが突き落としたしげるが意識を取り戻したとの一報が入る…

 

それでは「血の轍【50話/再会】」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「血の轍【50話/再会】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「血の轍【50話/再会】」あらすじネタバレ

穏やかな朝。

静子が静一の部屋に入ってきた。

ベッドに座った静子は静一を起こす。

静子「静ちゃん。起きて。もう8時よ。」

静一は目を開けた。

静子「パパがね。9時過ぎには出発しようって。しげちゃんとこに。」
  「朝はん。肉まんとあんまんどっちがいいん?」

静一「……どっちでもいい。」

穏やかな表情で答える静一。

静子「……じゃあ、あんまんでいい?」

静一「うん。」

そして、出発する3人。車内で静一がつぶやく。

静一「晴れてよかったんな。」

静子「…そうね。いい天気ね。」

一郎「…大丈夫だから。姉ちゃん達は何も気にしてないから。」
  「静子が来てくれたら、嬉しいって言ってたから。」

静子「そう…。私も嬉しい。やっと…行げて。」

助手席に乗る静子を、後部座席から見つめる静一。

病院に着き、3人は廊下をゆっくりと歩いていく。

一郎「ここだ。」

ガララ

病室の扉を開けると両側に2つずつ、4つのベットが並んでいた。

しげるのベットに歩んでいくときに、静一は静子に目をやると
静子のとても穏やかに微笑んだ横顔が見えた。

少し安心したような表情を見せる静一。

一郎「姉ちゃん。来たよー。」

伯母「あ。どうぞォ!」

シャッ カーテンを開けるとそこには

ネット包帯を頭に被り、片方の鼻の穴に管を入れている
痛々しいしげるの姿が。

意識は戻っているものの、視線がどこを見ているかわからず
ぼーっとしている感じだった。

伯母は少し微笑み、しげるに話しかける。

伯母「しげる!静ちゃんたち来てくれたん!わかる?」

すると、ぼーっとしていたしげるは、何かに気づいたかのように
先ほどよりも少し目を見開いた。

静子「…しげちゃん。よかった…気がついて。」

するとしげるは、開いていた目を閉じ、少し眉間にシワを寄せる。

それを見守る一郎、静子、静一、伯母、伯父。

みんな不安そうな表情をしているが、静子だけ穏やかな笑顔だった。

しげるが声を出す。

しげる「あ…」
   「ちょうちょ…」

 

ーおわりー

「血の轍【50話/再会】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「血の轍【50話/再会】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「血の轍【50話/再会】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「血の轍【50話/再会】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「血の轍【50話/再会】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「血の轍【50話/再会】」の感想まとめ

最後の終わり方…
気になる気になる…

そこで終わるのか!!という感じでした笑
いやーいい終わり方です。次号が待ちきれませんw

静子の心境はどうなっているのでしょうか。

自分が崖から突き落としたしげるが意識を取り戻し、
お見舞いに行きます。

最後に、しげるが嫌そうな表情をしたとき、
みんな心配そうな顔でしげるを覗き込んでいました。

ただ静子1人だけが変わらず穏やかな表情だったのが、妙に不気味でした。

しげるは、「あ…ちょうちょ」と言っていました。

静子に崖から突き落とされた時も蝶々が舞っていました。
あの時のことを思い出しているのは間違いありません。

この後、しげるは何を語るのでしょうか。

静子に突き落とされたと発言し、その場は修羅場になるのか…

次号が楽しみでなりません!!