BE・LOVE

ちはやふる【216話】あらすじネタバレ!

ちはやふる【216話】最新話あらすじネタバレ!

 

2019年6月1日発売の「BELOVE2019年7月号」に掲載されているちはやふる【216話】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

ちょっと待って!!

ネタバレの前に…

「文章ではなく、漫画でちゃんと読みたい!」

と言う方は、以下のリンクから読むことができます↓

⇒「ちはやふる【216話】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

すべてはこの日のために…
決戦前夜、自分のスーツケースを開けると
その中身は姉・千歳の荷物ばかり。

どうやら荷物が入れ替わってしまっていたようだ!
明日着る、着物がない…どうする千早!

それでは「ちはやふる【216話】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「ちはやふる【216話】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「ちはやふる【216話】」あらすじネタバレ

スーツケースが入れ替わってるーーーー!?

姉・千歳の枕を手に固まる千早。

千早
「お母さん… 明日着る着物が… ない…」

ショックで倒れる母。

一方、新は明日の大一番に向けて練習中。
緊張して眠れない為、ホテルの中を散歩してくることに。


(明日…?ほんとに名人戦?)
(何時間後?いま何時?9時?10時? 12時間後?)
(何時間寝れる? 寝れるんか?)

ボーっと歩いていた新は
田丸と菫の部屋の前で、慌てて電話をしている千早に遭遇した。

スーツケースが入れ替わり
千早の着物が佐賀にあることを聞いて驚愕する新と菫。

新幹線も佐賀から博多までは届くものの、京都までは間に合わず。
朝イチの新幹線でも間に合わない。

千早
「なんで佐賀に行ってんのよ!!お姉ちゃん」

千歳
「知らないわよ 滋賀に行ってるあんたが悪いんでしょ 遠いのよ!!」
「だいたい悪いのはパパでしょー!?私に当たんないでよ!!」

千歳は佐賀から車で博多まで行き、23時発の高速バスに乗る。
神戸から大阪までは電車を乗り継ぎ、7時半に京都へ到着。
8時過ぎには荷物を届ける作戦を伝える。

千歳
「それで間に合う?千早」

千早
「間に合う 間に合うよお姉ちゃん」

千歳
「じゃあ早く寝ろ!!」

なんとか名人戦に荷物が間に合いそうで、
大江先輩からの借り物だが予備の着物もあるという。


「よかったな千早」

千早
「よかった…ほんとよかった…死ぬかと思った」
「なんとか眠れそう…」


「おれもよく眠れそう おやすみ」

さっきまで緊張していた新は、ホッとした様子。
千早に手を差し伸べ、握手をするとそのまま部屋に戻った。

しかし、夜が明けた1月5日8時。

千早
「なんじゃこの雪はー お姉ちゃんいまどこー!?」

タクシー運転手
「いやーときどきまとめてふるんですよねぇこのへん
 予報通りですけどすごいですよねー」

とんでもない大雪だった。

千歳
「雪で電車が速度規制で いままだ大阪と京都の間…
 間に合わないよね…」

千早
「大丈夫 お姉ちゃんありがとう 何時でもいいから持ってきて」

一瞬絶望的な表情を見せた千早だったが、気持ちを切り替えて
予備の着物の着付けへ。

なんとか着物を調整し、着付けが終わった千早。

そこへ、寒そうに震えながら九頭竜葉子が姿を見せた。

九頭竜
「読手が足りんと連絡いただきまして 間に合いましたやろか?」

そして、参拝へ。
雪の為、楼門を見ることはできず、千早たちは迷路のような廊下を歩く。

歩きながら外に目をやると、そこには参拝をしていた太一の姿が。

千早
「たい…」

しかし、それは一瞬のフラッシュバックで、そこに人影はいない。

 

お姉ちゃんもお父さんも 原田先生も坪口さんも間に合わない
かなちゃんも机くんも 肉まんくんも太一もいない だけど

おれらの全部で君を守るよ

千早の表情が変わり、力強く手を合わせる。
ライバルたちも皆参拝をした。

「パンッ パンッ」

 

みんなの全部を私に詰めたよ

見ていて

私の今日を

 

ーおわりー

「ちはやふる【216話】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「ちはやふる【216話】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「ちはやふる【216話】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「ちはやふる【216話】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「ちはやふる【216話】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「ちはやふる【216話】」最新話の感想まとめ

大事な名人戦の前夜。
お父さんのとんでもないミスのせいで
千早のスーツケースは、佐賀に行っている姉・千歳の元に。

テンパりまくる千早。
お姉ちゃんに電話で理不尽に文句を言いまくっていました笑

それでも冷静になり、夜行バスを駆使して荷物を届けに行くという千歳。
その姿勢には「なんて頼もしいお姉ちゃんなんだ」と感心しました!

しかし、その頑張りも虚しく、滋賀は大雪。
交通機関は麻痺してしまい、お姉ちゃんは間に合いそうにありません。

借り物ではあるが、予備の着物を調整して着こなす千早。

千早は「何時でもいいから届けて」と千歳に言っていたので
着物が届き次第、自分の着物に着替えるのでしょうか。

そんなこんなで、ドタバタしながら参拝へ。
落ち着かない様子の千早でしたが、途中で太一の姿が
フラッシュバックします。

そこで、気持ちを切り替え、参拝の時は
名人戦への気合いが入っていました。

次回、いよいよ名人戦!

8月号は7月1日発売です!