ぼくたちは勉強ができない

ぼくたちは勉強ができない【114話/機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる】最新話あらすじネタバレ!

2019年6月10日発売の「週刊少年ジャンプ」に掲載されているぼくたちは勉強ができない【114話/機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

「ぼくたちは勉強が出来ない」今週も読了しましたー!

街はクリスマスムード一色の12月。受験生にとってはセンター試験1か月切ってクリスマスどころではない正念場。

 

⇒「ぼくたちは勉強ができない【114話/機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

今日も、なんだかんだ言って、受験勉強にいそしむメンバーたち。どんな事があるのやら?

それでは「ぼくたちは勉強ができない【114話/機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「ぼくたちは勉強ができない【114話/機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「ぼくたちは勉強ができない【114話/機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる】」あらすじネタバレ

クリスマスも近づく季節。今日は緒方うどん(理珠の父が営むうどん店)の店内で勉強する成幸君たち。さすがにセンター試験まで1か月切ったということで、文乃も焦っています。センター受けない、うるかまでキンチョーが移るほど…。冷静な顔で、みんなにうどんを持ってきた理珠…冷静なように見えて、緊張のあまり震えてうどんが波打つほど!

そんな、理珠。今日はサンタガールコスでした。一応店の宣伝に…と、理珠。(うどん屋、ですよね?)

いいなーいいなーっという反応のうるかに、まだ衣装ありますよ、という理珠。恥ずかしがって拒否しようとするうるかだけど、サンタ衣装のセクシーな胸元にちらっと目線がいき、思わず赤くなる成幸君を見て、うるかもサンタガールの衣装を着てみる気になったよう。

なんだかんだで、うるかと文乃もサンタガールスタイルになっちゃいました!で、成幸君はトナカイ(笑)ぎゃんカワ!!と、ときめくうるかと文乃なんでした。

成幸君、衣装を実際にきてみると、けっこう衣装が年季が入っていることに気が付きます…何度も縫い直した跡がありました。そして、理珠の父がいうには、去年も一昨年も、文乃はクリスマスはサンタコスを着て、店の宣伝を手伝ってくれたらしい。

文乃と理珠がいつから友達なのか気になったうるかが尋ねます。二人が言うには、高校一年の春、教育係をつけるということで、学園長室に呼び出されたのが二人の出会いなんだそうでした。
文乃「昔は色々あったよね…」
理珠「ですね」
と、意味深なやり取りをする二人。何があったんでしょうね?いろいろって。
気分を切り替えて、サンタコスとトナカイコスで受験勉強をするみんな。なかなかシュールな光景に、お客さんの視線を感じます。
参考書一式を上に忘れてきてしまったという理珠、取りに行くのを成幸君が手伝ってくれます。階段を理珠の後をついて歩いていきます…自然に視線は、ヒップラインへ…って、こんなにミニスカートだった?と、視線をそむけるようにしますが、それにしてもスカートが短すぎるようなというか、どんどん短くなってる!
「緒方ストップ!!すごい勢いでほつれてる!!」さすが年季の入ったサンタコス、ほつれからどんどんスカートの丈が短くなっていたのでした!理珠の部屋にあがって、サンタドレスを修繕する成幸君。
聞けば、この衣装は理珠の祖母の手作りのドレスだと言います。仏壇にある、祖母の写真にチラリと目を向ける理珠、祖母が他界してからは、理珠が繕って使っていると言います。

成幸君「おばあさん…器用な人だったんだな」
理珠「よくぞっよくぞ聞いてくれました!!」

めっちゃ食い気味で話し出しましたが、成幸君は、特に聞いてないような気も…。
理珠が取り出してきたのは、亡くなった祖母の手作りのボードゲームの数々でした。「りずちゃん人生計画」という人生ゲームのオリジナル版、りずちゃんUNOなどなど。めちゃくちゃ手の込んだゲームの数々、私の宝物、と言う理珠。
「これを見せるのは、文乃以外では成幸さんが初めてです」そう聞いた成幸くんは、今度息抜きに一緒にやろうと言います。嬉しそうな理珠。
成幸君が直してくれたサンタドレス、新品みたいです、と喜ぶ理珠。
下に戻るために、何を運べばいいのか成幸君が聞くと、
理珠は、「成幸さんと2人きりになりたかっただけです」と言います。驚く成幸君!
なーんて冗談です、と大量の参考書を成幸君に持たせる理珠。「いつのまに、そんな小美浪先輩チックな技を…」と成幸君。ちゃんとみんな勉強してるのか???と下に降りてみると、「緒方うどんでーす うまいよー」と店の前で張り切って呼び込みをするうるかと文乃。ノリノリです。ふっきれたら宣伝楽しくなっちゃった、との事。
そこに!同じくサンタコスで現れたのは…関城さんでした!ちなみにサンタコスは自前だそう。こんなイベント参加しないわけないはずがないでしょう!って、家の方向逆なんだけど…。(ま、理珠ちゃん大好きですもんね。)みんな理珠のために、サンタコスで一肌脱いで、うれしそう!そんな女子たちを見てほほ笑む優しい成幸君でした。

そんな息抜きのおかげか、後半はみんなしっかり勉強したらしく、もう、うどん屋さんの閉店の時間です。
シャッターを閉めながら、理珠は、みんながどうして自分にこんなによくしてくれるのか不思議だと成幸君に言います。それは、みんなが理珠のことが好きだから、という成幸君。
成幸さんもですか?と聞く理珠。そりゃそうだよ、変な意味じゃなくてと言う成幸君。「好き、なのだと思います」という理珠に一瞬焦る成幸君、「皆のことが」と言う理珠。あ、そういう意味とほっとする成幸君。
「でも私は…私が嫌いです」という理珠。いったいどうして?なんで今そんな発言なんでしょう?

 

おわり

「ぼくたちは勉強ができない【114話/機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「ぼくたちは勉強ができない【114話/機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「ぼくたちは勉強ができない【114話/機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りな情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「ぼくたちは勉強ができない【114話/機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「ぼくたちは勉強ができない【114話/機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「ぼくたちは勉強ができない【114話/機械仕掛の蛍は[x]の淡雪に焦がる】」最新話の感想まとめ

ぼくたちは勉強ができない、今回は、緒方理珠のストーリー。可愛いサンタガールでした!

いつからか、クリスマスには巷でよくサンタガールのコスを見かけるようになってきましたが、さすがにうどん屋では、見かけないような…どうでもよいですね。(苦笑)

理珠大好きお父さんが、理珠のコスを楽しみたいために、やってるのかな、という感じでしたが、実は、サンタガールのドレスは、亡くなった理珠の祖母が手作りで作ってくれた大事なドレスだったのです。そして、その祖母が手作りのオリジナルのボードゲーム数々を作ってくれた…これが、理珠がボードゲーム好きになったきっかけなんですね、きっと。

受験勉強しながらもサンタコスプレで店の宣伝をする理珠と文乃。聞けば文乃も、去年の一昨年もサンタコスプレで宣伝してくれたらしい。
今年は、うるかも参戦!そして、しまいには関城もサンタドレス持参で参戦してくれました!!

理珠は、みんながどうしてこんなに良くしてくれるのかがわからないと言います。みんなが理珠のことが好きだから、という、成幸君。でも、理珠は自分が嫌いだと言います。なんで?それを、成幸君に話したかった理珠は、どんな思いを心に秘めているんでしょうか。今日は、成幸君に二人きりになりたかった、と冗談でも、言ってみたりと、いつになく大胆に成幸君に迫る理珠。この後どんな事を成幸君に話すんでしょう?

今後の展開予想、みんなが自分のこと、好きでいろいろ手伝ってくれるけど、本当は成幸君と二人きりになりたいって思ってしまう、こんな自分が嫌いなんて、大胆告白だったりして!?でもでも、このマンガ、成幸君を独り占めできそうで出来ないとこがウリなんで、そんな抜け駆けは許されない…からなー。どんな真意があるんでしょうか?それに対する成幸君の返事は?気になりますね♪