ブラッククローバー

ブラッククローバー【208話/剣】最新話あらすじネタバレ!

2019年6月10日発売の「週刊少年ジャンプ2019年28号」に掲載されているブラッククローバー【208話/剣】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

 

前回ついに悪魔を倒したかのように思ったのですが、やはりそう簡単にはいきませんね…!

アスタがアスタだからこそ出せる力は一体どんなものなのか!

⇒「ブラッククローバー【208話/剣】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

 

それでは「ブラッククローバー【208話/剣】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「ブラッククローバー【208話/剣】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「ブラッククローバー【208話/剣】」あらすじネタバレ

 

リヒトの究極魔法による揺れによって戸惑う騎士たち。

「リヒトの究極魔法にこの空間が耐えられなかったか」と呟くヤミの隣にはシャーロット

腕のお礼を伝えるヤミに「これで借りはなしだ」と返すシャーロット。

 

「この距離でも感じられる邪悪な気配…少し前の強力な一撃にも全く効果が無かったという事か…」と恨めしそうに上を見つめるヤミは何か策を考えているようだが…

 

一方上ではリヒトが策を頭に巡らせていた。

王子がアスタの持つ剣がリヒトのものではないかと興味を示すと、リヒトの魔導書は悪魔を収容できる五つ葉のものであることをセクレが伝える。

アスタは力が大きすぎる剣を制御しきれず悪魔にやられそうになる。が、間一髪王子に助けられる。しかし今度は王子が跳ね飛ばされてしまう。

 

圧倒的逆境に焦るリヒト。

しかし、今度こそ守るためにと自分を奮い立たせ、

魔光魔法断罪の光剣を放つ。

 

リヒトに触発されたかのようにユノも急激な成長を見せる。

左半身が光り輝くユノの手には輝く剣が握られている。

風精霊創成魔法スピリットオブゼファー

ユノがみんなの魔法の残骸から作り出した、悪魔に対抗するための剣だった。

 

「魔法帝は…!!!…今大体の感覚を掴んだと…!!!ならできるはずだろ…!」そうアスタに発破をかけるユノ。

「そうだ…俺は…魔法帝になるから…!!!」アスタも応えるように力強く剣を握り直した。

 

 

おわり

「ブラッククローバー【208話/剣】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「ブラッククローバー【208話/剣】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「ブラッククローバー【208話/剣】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「ブラッククローバー【208話/剣】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「ブラッククローバー【208話/剣】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「ブラッククローバー【208話/剣】」最新話の感想まとめ

んんん!なかなかアスタの力見れませんね…!

ですが今回も見どころが多かったのではないでしょうか!

なんといってもやはりリヒトの魔光魔法、ユノの風精霊創成魔法は迫力がありますね…!

アスタの魔法が一体どんな魔法なのか…アスタの剣は表現的に真っ黒でまさに闇!といった感じに見えますが、アスタの性格に印象が引きずられているのか、私にはとても希望に満ちた色に見えます。アスタの素直さ、優しさ、頑固さ、器用ではないけど一生懸命に走る姿がとても好きで、そんな彼の彼にしか出せない魔法というものが一体どんな形で表現されるのか気になります。

今までの個人技も好きですが、個人的にはユノやリヒトとの協力技のようなものが出るのではないかと思っています。前回リヒトがみんなの力を借りて放った”覇劫”のようなものが来るのではないかと…私自身そういった展開が大好きなので余計にそう感じるのかもしれませんが…

既に次回が楽しみでなりません…また次回お会いしましょう~!