ビースターズ

BEASTERS【133話/潮が満ちれば砂浜は呑まれるよ】最新話あらすじネタバレ!

2019年6月20日発売の「週刊少年チャンピオン」に掲載されているBEASTERS【133話/潮が満ちれば砂浜は呑まれるよ】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

⇒「BEASTERS【133話/潮が満ちれば砂浜は呑まれるよ】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

ー 前回のあらすじ -

メロンに銃で撃たれたレゴシ。運ばれた病院で目を覚ました時、自分が幽体離脱していることに気が付く。

そんなレゴシに声をかけたのは、6年前に自殺したレゴシの母親だった!

それでは「BEASTERS【133話/潮が満ちれば砂浜は呑まれるよ】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「BEASTERS【133話/潮が満ちれば砂浜は呑まれるよ】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「BEASTERS【133話/潮が満ちれば砂浜は呑まれるよ】」あらすじネタバレ

幽体離脱したレゴシは、月明かりの下、6年ぶりに再開した母親を眺める。

幽霊になった母親は、生前と変わらず、きちんとアイロンがけされたシャツに身を包み、綺麗に化粧をしている。

レゴシ
(あぁ そうか・・・)
母は幽霊になっても綺麗なオオカミでいようと心がけているのだ

レゴシの顔をまじまじと見つめる母親レアノに、気まずさを感じるレゴシ。

レゴシ
「・・・いくら久々の再会だからって見すぎだよ」
「緊張する」

レアノ
「あんたがここまでおじいちゃんに似るとは思わなかった」
おじいちゃんのコモドオオトカゲの血を薄めたい一心であんたを産んだのに

― レアノの回想 ー

レアノが生まれる時、産婦獣科病院では、コモドオオトカゲとハイイロオオカミの間に生まれる子どもがどんな子なのかと、多くの者が怖いもの見たさでその誕生を心待ちにした。

しかし、生まれてきた子どもは、大衆の予想を裏切り、とても美しいオオカミに成長したのだ。

トカゲとオオカミという特殊なハーフであるレアノは、幼いころ病院で定期健診を受けていた。
ハーフでありながら、見た目は美しいハイイロオオカミにしか見えないレアノに対して、医者は言った。

医者
「いやぁ本当に恵まれた子だ!!」
「世間からの目を考えると血統種のハイイロオオカミに見えるというのは、レアノちゃんの今後のためにも大変喜ばしいことですから」

ハイイロオオカミである母親の遺伝を色濃く受け継いだレアノは、中学校にあがる前日、父親ゴーシャに宣言する。

レアノ
私 これからはお父さんがコモドオオトカゲだってことを隠して生きようと思う

お父さんを傷つけるる気はないけれど・・・と付け加えたが、周囲の態度からハーフの生きにくさを悟ったレアノは、表向きはハイイロオオカミとして生きようと決意したのだ。

そんなレアノに、父親ゴーシャは少し切ない表情で言う。

ゴーシャ
「お前がコモドオオトカゲの口の毒に耐性があるのは、唯一の親子の証だ」
この食事の時間があれば私は十分・・・好きに生きなさい

そうしてレアノは、口数が少なくポーカーフェイスな本性を隠し、明朗快活で誰からも愛される「血統種のハイイロオオカミ」を演じながら日々を過ごした。

しかし、19歳になったころ、レアノの体に異変が起こる。

背中の一部の毛が抜け、皮膚に鱗が現れたのだ。父親の遺伝が今になってレアノの体に影響を及ぼした。

レアノ
(急がなくちゃ)
(自分が怪物になる前に 美しいオオカミを保っている今のうちに)
血統に近いハイイロオオカミを私も産まなくちゃ

オオカミの遺伝を残したかったレアノは、ゆきずりの読者モデルだったオオカミとの間にレゴシを産んだのだった。

― 再会したレゴシとレアノ ー

初めて聞く自分の生い立ちに驚きを隠せず絶句するレゴシ。
しかしレアノは、父と息子と共に撮った家族写真のことを思い出しながら、レゴシが生まれたことの喜びを語る。

レアノ
「あれは私の悔いのない人生を残しておきたくくて撮った家族写真よ」

家族写真を撮ったその当時、レアノの背中は、既に一面鱗で覆われていた。

レアノ
「あの時既に背中一面に剥き出しになってた鱗の痒みさえ、私には誇らしかった」
私の人生に決着がついた瞬間だったの

おわり

「BEASTERS【133話/潮が満ちれば砂浜は呑まれるよ】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「BEASTERS【133話/潮が満ちれば砂浜は呑まれるよ】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「BEASTERS【133話/潮が満ちれば砂浜は呑まれるよ】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「BEASTERS【133話/潮が満ちれば砂浜は呑まれるよ】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「BEASTERS【133話/潮が満ちれば砂浜は呑まれるよ】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「BEASTERS【133話/潮が満ちれば砂浜は呑まれるよ】」最新話の感想まとめ

突然現れたレゴシ母に驚きましたが・・・
レアノの壮絶な人生にもさらに驚かされました。

トカゲとオオカミのハーフって、なかなか想像しづらいですけど、レアノは見た目はまるっきりオオカミですね。
最初からトカゲの遺伝子が見てわかるような見た目でもものすごく苦労するんでしょうけど、19歳という年齢になってトカゲの遺伝子が現れてくると、戸惑いがものすごいでしょうね。

幽霊になってまで身なりを気にしているレアノを見ていると、生前の容姿に対する葛藤が死んでまで続いているのか、と切なくなってしまいます。

切ないと言えば、ゴーシャとレアノの食事のシーン。
愛する娘に「父親がトカゲであることは隠して生きていく」なんて宣言をされるなんて、想像するだけで悲しい・・・。
それでも、「好きに生きなさい」なんて言葉をかけるゴーシャは、彼なりにハーフとして生きる娘のことを精一杯考えているんだなあ、と胸が熱くなりました。

母親の告白を聞いてレゴシはどう感じたのでしょうか?
今回はレゴシのセリフがとても少なかったので、次回、彼の気持ちを知るのが楽しみです!