暁のヨナ

暁のヨナ【178話/提案の形で問われた立場】最新話あらすじネタバレ!

2019年7月20日発売の「花とゆめ」に掲載されている暁のヨナ【178話/提案の形で問われた立場】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

高華国と千州の戦中、ハクとの決闘で傷ついたクルエボが撤退。
それを追って千都前に集結した高華国軍を見て、ハラザが降伏した。

千都でヨナを探すハクはクルエボと遭遇し、ヨナがゴビに連れ去られたことを知る。
駆けつけたハクとジュハによってヨナを無事に奪還することに成功。

ゴビの身柄をアルギラとヴォルドに渡し、
千州軍との戦は、高華国軍の勝利で幕を閉じた―。

 

⇒「暁のヨナ【178話/提案の形で問われた立場】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

火の部族の野営地にて療養していると、火の部族の宴が始まった。
喉の薬を飲んで回復したヨナは、
ハクに想いを告げる。

空の部族の医療に興味を持ったユンを、
ケイシュク参謀が緋龍城に誘う。

ヨナを危険視していたケイシュクの誘いを警戒して目的を聞くと…。

「私は優秀な人材が欲しい」
「手を組みませんか?ヨナ姫」

ヨナの決断は―!?

それでは「暁のヨナ【178話/提案の形で問われた立場】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「暁のヨナ【178話/提案の形で問われた立場】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「暁のヨナ【178話/提案の形で問われた立場】」あらすじネタバレ

ケイシュクの「提案」

ケイシュク参謀は、
「高華国を守る」という目的を同じにしている者同士、
手を組むことが得策だと説得する。

ヨナ
「あなたを信用できない」

きっぱり断るヨナだったが、
四龍を狙う者が現れた時に、緋龍城にいた方が安全だと説き伏せるケイシュクの言葉に揺れる。

ヨナが自分たちのために望まない決断をしないようにと、
ケイシュクの言葉を否定し、ヨナを守ろうとする四龍。

ここでの決断が大きく運命を左右することを
充分すぎるくらいに感じているヨナは、思いつめた表情になった。

ヨナとハクは、今までの行動をどう考えているかを聞き、
信用に値するかを確かめようとする。

ジュハとゼノに攻撃したことは詫びたケイシュクだったが、
「イル陛下が暗殺された夜を覚えているか…?」というハクの問いには

ケイシュク
「…忘れるはずもない」
「歴史的な勝利の日だ」

と答えた。

その瞬間、
ハクの大刀がケイシュクの首を狙う

ヨナが制止したため首元で止まった大刀を前にしても、
ケイシュクは平然とした顔で冷めた目つきをしている。
そして、「イル王では国は滅んでいた」と言い放った。

ケイシュク
「スウォン陛下でなければ
この国は守れないのだ」

ケイシュクは、緋龍城に戻る明後日までに決断するように告げて、
その場を去った。

それぞれの思惑

ケイシュクとジュドは、
天涯の中でこっそり話をしていた。

ジュドはヨナ達を緋龍城に迎え入れることは、
スウォン陛下を危険に晒すことになると反対する。
しかしケイシュクは、利点があるため手を組むという、
考えを変える気はない。

一人、天涯をでたケイシュクは、
風にあたりながら「ユホン様が生きておられたら良いのに」
と考えていた。

ヨナの決断

一方、ヨナと仲間たちも天涯に集い、
先ほどのことを話していた。
「手を組む必要はない」と警戒を強める。

ヨナは、迷っていた。

危害を加える気なら、渡してきた薬に毒を混ぜればよかったはず。
それをしなかったのは、同盟を組みたいというのは罠ではなく本気なのではないか。

そして、拒否すれば、
今度こそ追ってがかかるのではないか。

ゼノ
「娘さんは何を選ぶ?」

ゼノの言葉に悲しみをこらえながらも、
ヨナはある決断をした。

逃げ場のない「提案」

見張りをしているハクの元に、
ヨナが姿を見せる。

ヨナ
「私…ケイシュク参謀の話、受けるわ」

そう決断した理由を淡々と話すヨナだったが、
スウォンを信用できないと取り乱すハク。

ハク
「どんな理由があろうとも、
俺は一生許すことは出来ない…!」

しかし、ケイシュクの提案を断るとどうなるか、
ハクには分かっていた。

逃げて、もし危険なことがあっても
全員を命懸けで守ると独白しながらも、
本当はそれができないことが…。

ハク
「俺に、もっと、力があれば………」

ヨナは、今まで仲間と過ごしてきた、
ささやかで幸せな日常を思い浮かべた。

ヨナ
(そんな日常が
もうすぐ終わりを告げる)

 

おわり

「暁のヨナ【178話/提案の形で問われた立場】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「暁のヨナ【178話/提案の形で問われた立場】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「暁のヨナ【178話/提案の形で問われた立場】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「暁のヨナ【178話/提案の形で問われた立場】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「暁のヨナ【178話/提案の形で問われた立場】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「暁のヨナ【178話/提案の形で問われた立場】」最新話の感想まとめ

ケイシュク参謀は、態度や物腰は高圧的ではなく、
あくまでも判断はヨナに委ねるとしながらも、
実質、自分の望む答えしか選択肢がない状況にしていますね。

スウォンも切れ者ですが、そこにこんなに心強い参謀が付いているとなると、なかなか手ごわいです。

ヨナ達は、確信をつく芯の強さを持っているのですが、
頭を使った策略となると…。

うーん…。
頼りになるのは、ジュハくらい?

今までは、戦場や戦いの中で顔を合わせていたため、
力任せの強行突破でも何とかなっていました。
しかし、緋龍城へ赴いて頭脳戦となってしまうと、
ヨナ達に勝ち目はあるのでしょうか?

また、ケイシュクは本気で手を組みたがっていたとしても、
緋龍城に他の敵がいないとも限りません。

本当に緋龍城へ行くことになるのでしょうか?
今後に注目です!