暁のヨナ

暁のヨナ【176話/聞こえた?】最新話あらすじネタバレ!

2019年6月5日発売の「花とゆめ」に掲載されている暁のヨナ【176話/聞こえた?】最新話のネタバレあらすじをチェックしていこうと思います!

※ネタバレにご注意ください♪

「よいこの心得」「NGライフ」の草凪みずほ先生の
歴史ファンタジー長編作品。

国王であるヨナの父が、想いを寄せるいとこのスウォン刺殺される衝撃の第1話からスタートしました。

コミックスは29巻、舞台化やアニメ化もされた大人気作品です!!

⇒「暁のヨナ【176話/聞こえた?】」を今すぐ無料で楽しみたい方はこちら

高華国と千州の戦中、ハクとの決闘で傷ついたクルエボが撤退。
それを追って千都前に集結した高華国軍を見て、ハラザが降伏した。

千都でヨナを探すハクはクルエボと遭遇し、ヨナがゴビに連れ去られたことを知る。

ヨナを奪還しようとするアルギラとヴォルドだったが、
相討ちとなり、倒れてしまった。

足枷がついたまま火に囲まれて、ハクを思いながら気を失うヨナ。

「ハク… 好き…」

意識が朦朧とする中つぶやいたその言葉は、
火の中からヨナを助け出していたハクの耳に届いていた―。

火の回りが行く手を阻むが、
駆けつけていたジュハの能力で飛び、城の脱出に成功した。

それでは「暁のヨナ【176話/聞こえた?】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください!

「暁のヨナ【176話/聞こえた?】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

「暁のヨナ【176話/聞こえた?】」あらすじネタバレ

戦の終わり

ジュハと共に、高華国陣に戻ってきたヨナ。
ユンは急いで手当に向かう。

その姿に目に涙を浮かべて、テジュンは声を上げた。

テジュン
「ヨナ姫はご無事である!」
「我々高華国の完全勝利だぁ!!!」

ゴビの身柄をアルギラとヴォルドに渡し、
ハクもジュハと共に仲間の元へ戻る。

千州軍との戦は、高華国軍の勝利で幕を閉じた―。

野営地にて

火の部族の野営地で療養する四龍とヨナ達。
ヨナは煙の吸い過ぎで喉を火傷したらしく、声が出なかった。

薬をもらいに行こうと、天幕を出るユンだったが、

「ユン君!こっちに重傷者が…!」
「俺の友人が血まみれで」
「医者が足りないんだ来てくれ!!」

火の部族の兵士たちが、助けを求めてやってきた。
ヨナから促されたこともあり、ユンは負傷者の手当に向かう。

そこへ、ゴビを背負ったアルギラとヴォルドが訪ねてきた。
ヨナを気遣って「水持ってこようか?」と聞くアルギラ。
ヨナはハクから水を口移しで飲ませてもらったことを思い出し、真っ赤になる。

ハクはそんなヨナを、あえて見ないようにしていた。

勝利の宴が始まり、肉を求めて宴に参加しようとするハク。
ヨナのお腹が鳴ったので、「行きます?」と宴に誘う。

恥ずかしさから顔を赤らめながらも、一緒に過ごせることが嬉しくて
勢いよく起き上がって頷くヨナ。
そんなヨナを素直にかわいいと思うハクだった。

勝利の宴と邂逅

ヨナを抱きかかえて歩くハク。
声が出ないためお互いの気持ちが伝わらず、もどかしさを感じる。

ハクが火の部族の兵士と、わだかまりなく和やかに話している姿に、
(ハクは本当にたくさんの人を惹きつける)
と、ヨナは誇らしく感じていた。

そこへ、ケイシュク参謀が現れた。
慌ててヨナを守ろうとするテジュンだったが、既に姿はなかった。
一安心するが、何とかごまかそうとする。
しかし、さり際にヨナの怪我を気遣うケイシュク参謀の言葉に、
思わず呼び止めてしまうのだった。

ヨナの告白

一方ヨナとハクは、天幕の間に身を隠していた。

声が出なくて言葉は通じ会えなくても、
強く抱き寄せて思いを伝えようとするハク

そんなハクに答えようと必死で話そうとするヨナだったが、
上手く言葉にできず咳き込んでしまう。

ハク
「…火事の中出るまでは、声聞けたんですけどね」

ハクは、ヨナが朦朧とする意識の中で「好き」と言ったことを思い出していた。

火の中で見つけた時のことを覚えているか聞くが、
ヨナは首を横に振る。
不思議そうな表情のヨナに、「何でもないです」と伝えて切なそうに視線を落とした。

そこへケイシュク参謀から喉の薬をもらったテジュンがやってくる。
今まで敵対していた相手からの薬のため、怪しむハク。
しかしヨナは、その薬を一気に飲み干してしまった。

ハクは咳き込むヨナを心配して、ユンを呼んでこようとする。
しかし、その袖を掴んで

ヨナ
「ハク、聞こえる?」

と、今にも消え入りそうな声で伝えようとするヨナ。

ヨナ
「わたし ハクが好き」

ヨナは、怪しいかもしれない薬を飲んだのは、早く声を出したかったからだと言う。
驚きながらも真っ直ぐに見つめて、ヨナの言葉に聞き入るハク。

ヨナ
「聞こえた?」
「やっと いえた」

 

おわり

「暁のヨナ【176話/聞こえた?】」は
U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。

週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、
待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい!

SponsoredLinks




「暁のヨナ【176話/聞こえた?】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】

以上「暁のヨナ【176話/聞こえた?】」のあらすじネタバレを紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

「原作を読みたくなった!」
「文字だけだからよく分からない」
「もう一度、絵付きで読みたい!」

と思った方に耳寄りなで情報です!

なんとU-NEXTでは、初回登録特典として
31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。
さらに、登録後すぐに「暁のヨナ【176話/聞こえた?】」を無料で読むことも出来るんです!

※今すぐ無料トライアルに登録すると、もれなく600ポイントがもらえます。
そして、そのポイントを使うことで「暁のヨナ【176話/聞こえた?】」を無料で読むことが出来ます。

興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。

 

▼31日間無料トライアルに登録して600Pゲットしよう!▼

今すぐU-NEXT無料トライアルに登録

※U-NEXTは、無料トライアル期間内に解約すれば違約金は発生しません。

「暁のヨナ【176話/聞こえた?】」最新話の感想まとめ

ついに…
ついに、この時が来ましたね!!

「暁のヨナ」ファン待望の、ヨナの告白!!

もうこのまま、最終回まで告白しないのかと思ってました。
つかず離れず、それでも好きでドキドキ…みたいな流れかなと。

ヨナの気持ちを聞けたと思っていたら、ヨナ本人は言ったことを覚えていなかった。
そんないつもの展開にも、切ない表情でやり過ごそうとしているハク姿に、こちらも「またか…」とガッカリしていたところだったので、本当にビックリしました。

「片思いをこじらせ過ぎている」と、自他共に認めているハクは、
このヨナからの告白をどう受け止めるのでしょうか?

まさか、
「信じられない」とか、
「俺は都合のいい夢を見ているに違いない」とか、
そんな事を言って茶化したりしませんよね(笑)

この二人なら、それもありそうですが…。

ハクの反応が楽しみ過ぎて、次号が待ちきれません!!